Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ThingTweet アプリ

ThingTweet アプリを使用して、Twitter® アカウントを ThingSpeak™ アカウントにリンクさせます。デバイスおよびチャネルは、TweetControl API を使用して Twitter 経由で更新できます。たとえば、温室の温度が下がったときやデバイスのバッテリーが少なくなっているときに、デバイスにツイートさせることができます。

Twitter アカウントと ThingSpeak アカウントの関連付け

Twitter アカウントにログインしている場合は、使用可能な Twitter アカウントが、ThingTweet によって自動的に ThingSpeak ユーザー アカウントに関連付けられます。別のアカウントを関連付ける場合は Twitter からログアウトします。

  1. ThingSpeak にサイン インします。

  2. [Apps][ThingTweet] を選択します。

  3. [Link Twitter Account] をクリックします。

    Twitter にリダイレクトされます。ThingTweet によるアカウントの使用を許可するように求められたら、次を行います。

    • Twitter のユーザー名とパスワードを入力します。

    • [連携アプリを認証] をクリックします。

  4. Twitter アカウントの確認後、[Back to ThingTweet] のリンクをクリックして ThingTweet アプリのページに戻ります。

    Twitter アカウントが ThingSpeak にリンクされていることを確認してください。

アプリにより ThingTweet API キーが生成されます。この API キーとメッセージを使用して、要求を ThingTweet に送信します。メッセージは Twitter に中継されます。メッセージの送信では、Twitter API のすべてのパラメーターを使用できます。詳細については、Twitter のドキュメンテーションの statuses / update を参照してください。ThingTweet アプリごとに ThingTweet API キーを表示するには、[Apps][ThingTweet] を選択します。

Twitter ステータスの更新

ThingTweet により Twitter ステータスを更新するには、HTTP POST を ThingTweet API キーおよびステータス メッセージと共に送信します。

タイトルTwitter ステータスを更新する HTTP POST 要求
URLhttps://api.thingspeak.com/apps/thingtweet/1/statuses/update
HTTP メソッドPOST
HTTP ヘッダーX-THINGSPEAKAPIKEY=XXXXXXXXXXXXXXX
データ パラメーターapi_key=XXXXXXXXXXXXXXX
status=I just posted this from my thing!
成功応答 1
エラー応答–1
HTTP 呼び出しのサンプルPOST /apps/thingtweet/1/statuses/update
HTTP/1.1 Host: api.thingspeak.com
Content-Type: application/x-www-form-urlencoded
Cache-Control: no-cache

api_key=YOUR_THINGTWEET_API_KEY
status=I+just+posted+this+from+my+Thing!
メモThingTweet API キーは、HTTP の header セクションと body セクションのどちらかになければなりませんが、両方に追加することはできます。

POSTMAN 要求の例

POSTMAN を使用して、ThingSpeak 用の RESTful API を使った HTTP 要求を試すことができます。要求の [Body][x-www-form-urlencoded] を選択します。次のように POSTMAN を構成して、ツイートの要求をテストします。

Twitter ステータスをチャネルの最後の値で更新

チャネルのデータを Twitter メッセージに含めることができます。ThingTweet は "%%channel_CHANNEL-ID_field_FIELD-NUMBER%%" を、指定されたチャネルおよびフィールドの最後の値に置き換えます。チャネル 1417 の field1 の最後の値で Twitter ステータスを更新するには、HTTP POST を送信します。

タイトルTwitter ステータスをチャネル フィールドの最後の値で更新する HTTP POST 要求
URLhttps://api.thingspeak.com/apps/thingtweet/1/statuses/update
HTTP メソッドPOST
HTTP ヘッダーX-THINGSPEAKAPIKEY=XXXXXXXXXXXXXXX
データ パラメーターapi_key=XXXXXXXXXXXXXXXX
status=The current CheerLights color is %%channel_1417_field_1%%
成功応答 1
エラー応答–1
HTTP 呼び出しのサンプルPOST /apps/thingtweet/1/statuses/update
HTTP/1.1 Host: api.thingspeak.com
Content-Type: application/x-www-form-urlencoded
Cache-Control: no-cache

api_key=YOUR_THINGTWEET_API_KEY
status=The+current+CheerLights+color+is+%25%25channel_1417_field_1%25%25
メモThingTweet API キーは、HTTP の header セクションと body セクションのどちらかになければなりませんが、両方に追加することはできます。

POSTMAN 要求の例

POSTMAN を使用して、ThingSpeak 用の RESTful API を使った HTTP 要求を試すことができます。POSTMAN を使用し、次のように構成して、ツイートの要求をテストします。

チャネルを更新し、同時にデバイスからツイートをポストするには、チャネル フィードの更新を参照してください。

関連するトピック