Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

limit

シンボリック式の極限

説明

limit(f,var,a) は、vara に近づくときのシンボリック式 f両側極限を返します。

limit(f,a) は、symvar で検出される既定の変数を使用します。

limit(f)0 における極限を返します。

limit(f,var,a,'left') は、vara に近づくときの f左側極限を返します。

limit(f,var,a,'right') は、vara に近づくときの f右側極限を返します。

すべて折りたたむ

このシンボリック式において x0 に近づく際の両側極限を計算します。

syms x h
f = sin(x)/x;
limit(f,x,0)
ans =
1

この式において h0 に近づく際の極限を計算します。

f = (sin(x+h)-sin(x))/h;
limit(f,h,0)
ans =
cos(x)

シンボリック式の右側極限と左側極限を計算します。

syms x
f = 1/x;
limit(f,x,0,'right')
ans =
Inf
limit(f,x,0,'left')
ans =
-Inf

シンボリック ベクトル内の式の極限を計算します。limit はベクトルの要素単位で動作します。

syms x a
V = [(1+a/x)^x exp(-x)];
limit(V,x,Inf)
ans =
[ exp(a), 0]

入力引数

すべて折りたたむ

シンボリック式、シンボリック関数、シンボリック ベクトルまたはシンボリック行列で指定される入力。

独立変数。シンボリック変数として指定します。var を指定しない場合、symvar が独立変数を決定します。

極限点。数値あるいはシンボリック数、変数、または式として指定します。

詳細

すべて折りたたむ

両側極限

L=limxaf(x),xa\{0}.

左側極限

L=limxaf(x),xa<0.

右側極限

L=limxa+f(x),xa>0.

参考

| |

R2006a より前に導入