Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

gt

"より大きい" 関係を定義

説明

A > B は、"より大きい" 関係を作成します。

関数 gt(A,B) は、関数 A > B と等価です。

"より大きい" を使用した仮定の設定および使用

assume と関係演算子 > を使用して、x が 3 より大きいという仮定を設定します。

syms x
assume(x > 3)

次の方程式を解きます。ソルバーは、変数 x に設定された仮定を考慮します。そのため、次の解を返します。

solve((x - 1)*(x - 2)*(x - 3)*(x - 4) == 0, x)
ans =
4

条件を満たす値を求める

関係演算子 > を使用して、この条件を変数 x に設定します。

syms x
cond = abs(sin(x)) + abs(cos(x)) > 7/5;
for i = 0:sym(pi/24):sym(pi)
  if subs(cond, x, i)
    disp(i)
  end
end

ステップ π/24for ループ使用して、0 から π までの範囲で、条件を満たす角度を検出します。

(5*pi)/24
pi/4
(7*pi)/24
(17*pi)/24
(3*pi)/4
(19*pi)/24

入力引数

すべて折りたたむ

入力。数値、ベクトル、行列、または配列、あるいはシンボリック数、変数、配列、関数、または式で指定されます。

入力。数値、ベクトル、行列、または配列、あるいはシンボリック数、変数、配列、関数、または式で指定されます。

ヒント

  • シンボリック オブジェクトではない A および B において > または gt を呼び出すと、MATLAB® 関数 gt が呼び出されます。この関数は、要素が logical 1 (true) に設定された論理配列を返します。ここで、AB より大きい値です。そうでない場合は、logical 0 (false) を返します。

  • AB の両方が配列の場合は、これらの配列は同じ次元でなければなりません。A > B は、関係の配列 A(i,j,...) > B(i,j,...) を返します。

  • 一方の入力がスカラーでもう一方が配列の場合には、スカラー入力はもう一方の配列と同じ次元数の配列に拡張されます。つまり、A が変数 (x など)、B が m 行 n 列の行列であれば、A は、各要素に x が設定された m 行 n 列の行列に拡張されます。

  • 複素数体は順序体ではありません。MATLAB は複素数を実数軸に対して投影します。たとえば、x > ix > 0 になり、x > 3 + 2*ix > 3 になります。

バージョン履歴

R2012a で導入

参考

| | | | |

トピック