ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

wbllike

ワイブル負の対数尤度

構文

nlogL = wbllike(params,data)
[logL,AVAR] = wbllike(params,data)
[...] = wbllike(params,data,censoring)
[...] = wbllike(params,data,censoring,freq)

説明

nlogL = wbllike(params,data) は、ワイブル対数尤度を返します。params(1) はスケール パラメーター Aparams(2) は形状パラメーター B です。

また、[logL,AVAR] = wbllike(params,data) は、params の値が最尤推定である場合にパラメーター推定の漸近的分散共分散行列である AVAR も返します。AVAR はフィッシャー情報行列の逆行列です。AVAR の対角要素は各パラメーターの漸近分散です。

[...] = wbllike(params,data,censoring) は、data と同じサイズのブール ベクトル censoring を受け入れます。これは、右側打ち切りの観測値の場合は 1、正確に観測された観測値の場合は 0 です。

[...] = wbllike(params,data,censoring,freq) は、data と同じサイズの頻度ベクトル freq を受け入れます。freq は、通常、data の要素に対応するための整数の頻度を含みますが、任意の整数でない非負値を含むこともできます。censoring の場合は [] にその既定値を入れて渡して使用します。

打ち切りなしデータのワイブル負の対数尤度は、次の式で表されます。

(logL)=logi=1f(a,b|xi)=i=1nlogf(a,b|xi)

ここで、f はワイブル確率密度関数です。

wbllike は、最尤推定のユーティリティ関数です。

この例は、wblfit の例の続きです。

r = wblrnd(0.5,0.8,100,1);
[logL, AVAR] = wbllike(wblfit(r),r)
logL =
  47.3349
AVAR =
  0.0048  0.0014
  0.0014  0.0040

参照

[1] Patel, J. K., C. H. Kapadia, and D. B. Owen. Handbook of Statistical Distributions. New York: Marcel Dekker, 1976.

R2006a より前に導入