Main Content

replaceWithMissing

(非推奨) データセット配列への欠損データのインジケーターの挿入

dataset データ型は推奨されません。異種混合データを処理するには、代わりに MATLAB® table データ型を使用します。詳細は、MATLAB table ドキュメンテーションを参照してください。

説明

ds2 = replaceWithMissing(ds,Name=Value) は、1 つ以上の Name=Value の引数で指定されたオプションを使用して、データセット配列内の指定された値を標準の欠損データ インジケーターに置き換えます。replaceWithMissing を使用して以下を指定します。

  • NaN で置き換えられる数値の欠損値インジケーター。

  • 欠損値インジケーターが '' で置き換える文字。

  • <undefined> で置き換えられるカテゴリカル レベル。

入力引数

すべて折りたたむ

データセット配列。dataset オブジェクトとして指定します。

名前と値の引数

オプションの引数のペアを Name1=Value1,...,NameN=ValueN として指定します。ここで Name は引数名、Value は対応する値です。名前と値の引数は他の引数の後ろにする必要がありますが、ペアの順序は関係ありません。

例: ds = replaceWithMissing(ds,NumericValues=99,Strings='.');

NaN に置き換える数値。数値ベクトルとして指定します。

<undefined> に置き換えるカテゴリカル レベルの名前。文字ベクトルまたは文字ベクトルの cell 配列として指定します。

'' に置き換えるテキスト。文字ベクトルまたは文字ベクトルの cell 配列として指定します。

欠損値を置き換える ds の変数のセット。変数の列番号を示す正の整数または正の整数のベクトル、変数名または変数名の cell 配列、あるいは logical ベクトルとして指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

ds の指定した変数の欠損値インジケーターが標準の欠損値インジケーターに置き換えられたデータセット配列。dataset オブジェクトとして返されます。

バージョン履歴

R2012b で導入