Main Content

numel

クラス: dataset

(非推奨) データセット配列の要素数

dataset データ型は推奨されません。異種混合データを処理するには、代わりに MATLAB® table データ型を使用します。詳細は、MATLAB table ドキュメンテーションを参照してください。

構文

n = numel(A)
n = numel(A, varargin)

説明

n = numel(A) は 1 を返します。データセット配列 A の要素数 n を求めるには、prod(size(A)) または numel(A,':',':') を使用します。

n = numel(A, varargin) は、A(index1, index2, ..., indexn) 内の添字付きの要素数 n を返します。ここで、varargin は、要素が index1, index2, ... indexn である cell 配列または string 配列です。

参考

|