Main Content

test

交差検証用の検定インデックス

説明

idx = test(c) は、タイプ 'holdout' または 'resubstitution'cvpartition オブジェクト c に対する検定インデックス idx を返します。

  • c.Type'holdout' の場合、idx は検定セットの観測値を指定します。

  • c.Type'resubstitution' の場合、idx はすべての観測値を指定します。

idx = test(c,i) は、タイプ 'kfold' または 'leaveout'cvpartition オブジェクト c の反復値 i に対する検定インデックスを返します。

  • c.Type'kfold' の場合、idxi 番目の検定セットまたは分割の観測値を指定します。

  • c.Type'leaveout' の場合、idx は反復値 i で検定が予約される観測値を指定します。

すべて折りたたむ

cvpartition オブジェクトの検定 (ホールドアウト) セット内にある観測値を特定します。

ホールドアウト検証のために 10 個の観測値を分割します。検定セットに含める観測値の約 30% を選択します。

rng('default') % For reproducibility
c = cvpartition(10,'Holdout',0.30)
c = 
Hold-out cross validation partition
   NumObservations: 10
       NumTestSets: 1
         TrainSize: 7
          TestSize: 3

検定セットの観測値を特定します。1 に対応する観測値は検定セット内にあります。

holdout = test(c)
holdout = 10x1 logical array

   0
   0
   0
   1
   0
   0
   0
   0
   1
   1

結果を可視化します。4 番目、9 番目、および 10 番目の観測値は検定セット内にあります。

h = heatmap(double(holdout),'ColorbarVisible','off');
sorty(h,'1','descend')
ylabel('Observation')
title('Test Set Observations')

Figure contains an object of type heatmap. The chart of type heatmap has title Test Set Observations.

3 分割交差検証の cvpartition オブジェクトの検定セットまたは分割に含まれる観測値を特定します。

3 分割交差検証のために 10 個の観測値を分割します。c には、学習データと検定データの 3 個の反復値が含まれることに注意してください。

rng('default') % For reproducibility
c = cvpartition(10,'KFold',3)
c = 
K-fold cross validation partition
   NumObservations: 10
       NumTestSets: 3
         TrainSize: 7  6  7
          TestSize: 3  4  3

学習データと検定データの反復値ごとに検定セットの観測値を特定します。1 に対応する観測値は、対応する検定セット (分割) 内にあります。

fold1 = test(c,1)
fold1 = 10x1 logical array

   1
   1
   0
   0
   0
   0
   0
   0
   1
   0

fold2 = test(c,2);
fold3 = test(c,3);

結果を可視化します。1 番目、2 番目、および 9 番目の観測値は、最初の検定セット内にあります。3 番目、6 番目、8 番目、および 10 番目の観測値は、2 番目の検定セット内にあります。4 番目、5 番目、および 7 番目の観測値は、3 番目の検定セット内にあります。

data = [fold1,fold2,fold3];
h = heatmap(double(data),'ColorbarVisible','off');
sorty(h,{'1','2','3'},'descend')
xlabel('Repetition')
ylabel('Observation')
title('Test Set Observations')

Figure contains an object of type heatmap. The chart of type heatmap has title Test Set Observations.

入力引数

すべて折りたたむ

検証分割。cvpartition オブジェクトとして指定します。c の検証分割のタイプ c.Type は、'kfold''holdout''leaveout'、または 'resubstitution' です。

反復インデックス。正の整数スカラーとして指定します。i の指定は、i 番目の検定セット (分割) の観測値を検出することを示しています。

データ型: single | double

出力引数

すべて折りたたむ

検定セットの観測値のインデックス。logical ベクトルとして返されます。値 1 は、対応する観測値が検定セット内にあることを示します。値 0 は、対応する観測値が学習セット内にあることを示します。

バージョン履歴

R2008a で導入