ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

controlchart

シューハート管理図

構文

controlchart(X)
controlchart(x,group)
controlchart(X,group)
[stats,plotdata] = controlchart(x,[group])
controlchart(x,group,'name',value)

説明

controlchart(X) は、行列 X の測定値の Xbar 管理図を作成します。X の各行は、同時期にとられた観測値の複製を含む測定値のサブグループと見なされます。行は時刻順でなければなりません。X が時系列オブジェクトの場合、時間標本には観測値の複製が含まれていなければなりません。

チャートでは、サブグループの平均値が時間順で、中央線 (CL) が平均値を平均した位置に、上下限の管理限界 (UCLLCL) が中央線から 3 標準誤差の位置に、プロットされます。標準誤差は、プロセスの推定標準偏差をサブグループ サイズの平方根で割った値です。プロセスの標準偏差はサブグループの標準偏差の平均値から推定されます。管理外の測定は違反として記され、赤丸でプロットされます。データ カーソル モードを有効にして、データ点の上でクリックするとその点に関する情報が表示されます。

controlchart(x,group) は、測定値 x のベクトルについてのグループ化変数 group を受け入れます。group は、x と同じ長さのカテゴリカル変数、数値ベクトル、文字ベクトル、string 配列、または文字ベクトルの cell 配列です。1 ≤ nlength(x) について同じ値の group(n) を共有する連続測定値 x(n) は、サブグループであると定義されます。サブグループは異なる観測数をもつことができます。

controlchart(X,group) は、X 内の測定値の行列についてのグループ化変数 group を受け入れます。この場合、group は時間軸のラベル付けにのみ使用され、行による既定のグループ化は変更されません。

[stats,plotdata] = controlchart(x,[group]) は、サブグループ統計量とパラメーター推定の stats 構造体と、プロット値の構造体 plotdata を返します。plotdata にはチャートごとに 1 つのレコードが含まれます。

statsplotdata のフィールドはチャートのタイプによって変わります。

stats のフィールドは以下から選択します。

  • mean — サブグループの平均値

  • std — サブグループの標準偏差

  • range — サブグループの範囲

  • n — サブグループ サイズ、または検査サイズもしくは検査面積の合計

  • i — 個々のデータ値

  • ma — 移動平均

  • mr — 移動範囲

  • count — 欠陥または欠陥品の数

  • mu — 工程平均値の推定値

  • sigma — 工程標準偏差の推定値

  • p — 不良比率の推定値

  • m — ユニットあたりの平均欠陥数の推定値

plotdata のフィールドは以下から選択します。

  • pts — プロット点の値

  • cl — 中央線

  • lcl — 下方管理限界

  • ucl — 上方管理限界

  • se — プロット点の標準誤差

  • n — サブグループ サイズ

  • ooc — 管理外の点で真となる論理値

controlchart(x,group,'name',value) は、次のオプション パラメーターの名前と値のペアを1 つ以上指定します。この場合、name は一重引用符で囲みます。

  • charttype — 以下から選択したチャートのタイプの名前。

    • 'xbar'Xbar、すなわち平均

    • 's' — 標準偏差

    • 'r' — 範囲

    • 'ewma' — 指数的に重み付けされた移動平均

    • 'i' — 個別観測

    • 'mr' — 個別観測の移動範囲

    • 'ma' — 個別観測の移動平均

    • 'p' — 不良比率

    • 'np' — 不良個数

    • 'u' — ユニットあたりの欠陥

    • 'c' — 欠陥の数

    または、互換性がある複数のチャートのタイプを列挙した string 配列または cell 配列をパラメーターにすることもできます。互換性のあるタイプには、以下の 4 セットがあります。

    • 'xbar''s''r'、および 'ewma'

    • 'i''mr' および 'ma'

    • 'p' および 'np'

    • 'u' および 'c'

  • display'on' (既定の設定で、管理図を表示する) または 'off' (表示を省略) のいずれか

  • label — 文字ベクトル、string 配列、または文字ベクトルの cell 配列。サブグループごとに 1 つ。このラベルはプロット点のデータ カーソルの一部として表示されます。

  • lambda — 0 と 1 の間の値をとるパラメーターで、現在の予測が EWMA プロットの過去の観測でどの程度影響されるかを制御します。'lambda' の値が高いほど過去の観測の重みが減り、現在の観測の重みが増えます。既定値は 0.4 です。

  • limits — 下方管理限界、中央線、上方管理限界の値を指定する 3 要素ベクトル。既定の設定では、特異値の推定値に基づいて、中央線を推定し管理限界を計算します。チャートのタイプが複数の場合は使用できません。

  • mean — 工程平均の値または空値 (既定の設定) で、X から平均値を推定するのに使用します。これは p チャートと np チャートでは p パラメーター、u チャートと c チャートではユニットあたりの平均欠陥、その他のチャートでは通常の mu パラメーターになります。

  • nsigma — 中央線から管理限界線までの特異値の倍数。既定の設定は 3 です。

  • parent — 管理図プロットを受け取る軸のハンドル。既定の設定は、新しい図で軸を作成します。チャートのタイプが複数の場合は使用できません。

  • rules — 管理ルールの名前。または複数の管理ルール名が含まれている string 配列または cell 配列。これらの規則は管理限界と共に、点を管理外として記すかどうかを決定するのに使用します。既定の設定では管理ルールを適用せず、管理限界だけを使用して管理外の点を決定します。詳細は、controlrules を参照してください。管理ルールは、変動 (rs) よりも工程レベルを測定するチャート (xbar, icup、およびnp) に適用され、移動統計量 (mamrewma) に基づくチャートには適用されません。

  • sigma — 特異値、または特異値の推定方法のいずれかで、推定方法は、'std' (既定の設定で、サブグループ内の標準偏差の平均を使用)、'range' (平均サブグループ範囲を使用)、'variance' (プールされた分散の平方根を使用) の中から選択します。サブグループ内にないデータの i チャート、mr チャート、または ma チャートを作成する場合は、常に移動範囲に基づいて推定されます。

  • specs — 仕様限界を指定するベクトル。一般に、これは下方仕様限界と上方仕様限界の 2 要素ベクトルです。仕様限界は一般に個々の測定に適用されるため、このパラメーターは主に i チャートに適しています。これらの限界線は r チャート、s チャート、mr チャートではプロットされません。

  • unitp チャートと np チャートでは検査アイテムの総数、u チャートと c チャートでは検査ユニットのサイズになります。いずれの場合も、X は欠陥または不良品のカウント数でなければなりません。u チャートと c チャートの場合の既定値は 1 です。p チャートと np チャートの場合は (既定の設定がないため) この引数が必要になります。

  • width — ウィンドウの幅で、mr チャートと ma チャートでは移動範囲と移動平均を計算するのに使用し、i チャート、mr チャート、および ma チャートでは特異値の推定計算に使用します。既定の設定は 5 です。

すべて折りたたむ

標本データを読み込みます。

load parts

データの Xbar-R 管理図を作成します。

st = controlchart(runout,'charttype',{'xbar' 'r'});

工程平均値と標準偏差を表示します。

fprintf('Parameter estimates:  mu = %g, sigma = %g\n',st.mu,st.sigma);
Parameter estimates:  mu = -0.0863889, sigma = 0.130215

R2006b で導入