Main Content

Stateflow.op.OperatingPointData

チャート データの操作点情報

説明

Stateflow.op.OperatingPointData オブジェクトには、シミュレーション中の Stateflow® チャート内のデータ オブジェクトのスナップショットが含まれています。

作成

変更した操作点の保存の説明にあるように、Simulink® モデルの最終の操作点を保存すると、モデル内の各 Stateflow チャートについて Stateflow.op.BlockOperatingPoint オブジェクトが作成されます。このオブジェクトには、以下のそれぞれについての Stateflow.op.OperatingPointData オブジェクトが含まれます。

  • チャートの出力データ

  • チャート、ステート、および関数のローカル データ

  • MATLAB® 関数の永続変数または真理値表

親である Stateflow.op.BlockOperatingPoint または Stateflow.op.OperatingPointContainer 内のデータの名前と一致するプロパティを使用して、Stateflow.op.OperatingPointData オブジェクトにアクセスします。たとえば、op がチャートの Stateflow.op.BlockOperatingPoint オブジェクトであるとします。output というチャート出力の Stateflow.op.OperatingPointData オブジェクトにアクセスするには、次のように入力します。

op.output

同様に、MATLAB 関数 functionpersistentVar という永続変数の Stateflow.op.OperatingPointData オブジェクトにアクセスするには、次のように入力します。

op.function.persistentVar

プロパティ

すべて展開する

このプロパティは読み取り専用です。

保存された操作点の説明。文字ベクトルとして指定します。

データ型: char

このプロパティは読み取り専用です。

データ型。文字ベクトルとして指定します。詳細については、を参照してください。

データ型: char

このプロパティは読み取り専用です。

データのサイズ。文字ベクトルとして指定します。詳細については、サイズを参照してください。

データ型: char

このプロパティは読み取り専用です。

データの許容される値の範囲。フィールド Minimum および Maximum をもつ構造体として指定します。詳細については、制限範囲を参照してください。

データ型: struct

このプロパティは読み取り専用です。

データの初期値。DataType によって決定される型の値として指定します。詳細については、初期値を参照してください。

データの値。DataType によって決定される型の値として指定します。

オブジェクト関数

open編集環境でオブジェクトを表示

すべて折りたたむ

  1. モデル old_sf_car を開きます。

    openExample("stateflow/AutomaticTransmissionLegacyExample")
  2. 最終の操作点を保存するようにモデルを設定します。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを開き、[データのインポート/エクスポート] ペインで次を行います。

    1. [最終状態] を選択し、操作点の名前を入力します。この例では、xSteadyState を使用します。

    2. [最終の操作点を保存] を選択します。

    3. [OK] をクリックします。

  3. このシミュレーション セグメントの終了時間を設定します。[シミュレーション] タブで、[終了時間]10 に設定します。

  4. シミュレーションを実行します。

  5. shift_logic チャートの操作点情報を含む Stateflow.op.BlockOperatingPoint オブジェクトにアクセスします。

    blockpath = "old_sf_car/shift_logic";
    op = get(xSteadyState,blockpath)
    op = 
    
    Block:    "shift_logic"    (handle)    (active)
      Path:     old_sf_car/shift_logic
    
      Contains:
    
        + gear_state         "State (AND)"          (active)
        + selection_state    "State (AND)"          (active)
          gear               "Block output data"    double [1, 1]
          
  6. チャートの t = 10 でアクティブになっているステートを強調表示します。

    highlightActiveStates(op)

    Stateflow chart showing active states.

  7. チャート出力 gear の操作点情報を含む Stateflow.op.OperatingPointData オブジェクトにアクセスします。

    op.gear
    ans = 
    
          Description: 'Block output data'
             DataType: 'double'
                 Size: '[1, 1]'
                Range: [1x1 struct]
         InitialValue: [1x0 double]
                Value: 4
     
  8. gear の値を 1 に変更します。

    op.gear.Value = 1;
  9. チャート出力 gear の変更された操作点情報を確認します。

    op.gear
    ans = 
    
          Description: 'Block output data'
             DataType: 'double'
                 Size: '[1, 1]'
                Range: [1x1 struct]
         InitialValue: [1x0 double]
                Value: 1
    

バージョン履歴

R2009b で導入

すべて展開する