ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

列挙型データ

名前ベースの値の有限集合

列挙データ型には、MATLAB® クラスで定義された名前ベースの値の有限集合が含まれています。Stateflow® チャートの可読性を改善するには、列挙値を名前で参照します。関連する値を個別の列挙データ型にグループ化すると、定数の長いリストを定義しなくても済みます。

トピック

列挙型データを使用した名前による値の参照

データを名前ベースの有限個の値に限定する。

列挙データ型の定義

Stateflow チャートで列挙型データを定義するためのタスク。

チャートへの列挙値の代入

列挙値を使ってステータス キーワードを発行するチャートを作成する。

列挙型データを使用したメディア プレーヤーのモデル化

列挙データ型を使用して、関連する値を別個のデータ型にグループ化する。

列挙型データを使用する場合のベスト プラクティス

列挙型データの効果的な使用のためのガイドライン。

注目の例