Main Content

ee_importDeviceParameters

XML ファイルから Simscape Electrical IGBT (Ideal, Switching) ブロックおよび Diode ブロックへのデバイス パラメーターのインポート

説明

ee_importDeviceParameters(file,format,blockPath) は、XML ファイル file からパラメーターを抽出し、ファイルのパラメーター化形式に基づいて、それらを blockPath で指定された Simscape™ ブロックにインポートします。

XML ファイルは MATLAB パス上になければならず、Hitachi でサポートされるパラメーター化形式を使用している必要があります。IGBT デバイスおよびダイオード デバイス向けの Hitachi 形式の XML ファイルの例については、日立の Web サイトで Insulated Gate Bipolar Transistor (IGBT) and diode modules with SPT, SPT+, SPT++ and TSPT+ chips ページを参照してください。

この関数は、現在は IGBT(Ideal, Switching) ブロックおよび Diode ブロックのみをサポートしています。

ee_importDeviceParameters(file,format,blockPath,'Verbose',true) は、上記に加えて XML ファイル内の未使用のフィールドに関する警告を有効にします。

ee_importDeviceParameters(file,format,blockPath,'Verbose',false) は、上記に加えて XML ファイル内の未使用のフィールドに関する警告を無効にします。

すべて折りたたむ

[ee_import_igbt_device_parameters_data.xml] ファイルを編集して内容を検査します。

edit ee_import_igbt_device_parameters_data.xml 

パラメーターをインポートするブロックを選択します。IGBT(Ideal, Switching) ブロックを含むモデルを開きます。

open_system('ee_import_igbt_device_parameters')

IGBT(Ideal, Switching) ブロックをクリックし、関数 ee_importDeviceParameters を呼び出します。

 ee_importDeviceParameters('ee_import_igbt_device_parameters_data.xml', 'hitachi', gcb)

入力引数

すべて折りたたむ

インポートするパラメーターの抽出元の XML ファイルのファイル名。大文字小文字を区別する string として指定します。

パラメーター化形式。hitachi と指定します。

パラメーターをインポートする IGBT (Ideal, Switching) ブロックまたは Diode ブロックのパスまたはハンドル。文字ベクトルまたはブロック ハンドルとして指定します。

バージョン履歴

R2021b で導入