Main Content

入力

ステップベースのテスト シーケンス、外部データ ソース、信号作成、自動テスト ケース生成

テスト ケースに外部データをマッピングするか、入力データを作成するか、Simulink® Design Verifier™ を使用して自動的に入力を生成することで、テスト シナリオを開発できます。

  • テンプレート MAT ファイルまたは Excel® ファイルをモデルから作成し、値を追加する。

  • Excel ファイルに格納されているデータからテストを直接作成する。詳細については、Use External File Data in Test Casesを参照してください。

  • テスト対象のシステムに MAT ファイルまたは Excel ファイルをマッピングする。

  • Simulink Design Verifier で、カバレッジを拡張するか設計エラー条件を再現するテスト入力を生成する。生成されたテストをテスト ファイルに追加します。

  • テスト対象のシステムに Signal Editor ブロックを配置し、グラフィカルに入力を作成する。

Test Sequence ブロックを使用して、シミュレーション動作に反応するテスト入力を作成することもできます。MATLAB® をアクション言語として使用し、Test Sequence ブロックを使用して一連のステップと遷移を定義します。Test Sequence ブロックでは、階層内の連続するステップや切り替わるステップのグループを使用してテスト シーケンスを作成することもできます。

ブロック

Test Sequenceシミュレーション テストのシナリオ、関数呼び出し、および評価の作成

ツール

テスト マネージャーさまざまな実行環境でのモデルとコードのテスト、テスト スイートの管理、結果の解析とレポート

トピック

外部データの使用

テスト入力の生成

シミュレーションへの反応