Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ブロックと要件のリンク

要件を実装したモデル要素に対してその要件をリンクすることで、要件の実装を追跡できます。このリンク設定によって変更通知も有効になるため、要件またはモデルに対する変更を確認し、対処することができます。

このチュートリアルでは、モデル要件パースペクティブを使用して要件をモデルにリンクします。視覚要素によって要件とブロック間のリンクが強調表示されます。

  1. 以下を入力して、プロジェクト例を開きます。

    slreqCCProjectStart

    models フォルダーから crs_controller を開きます。

  2. モデル キャンバスで、右下隅にあるパースペクティブ コントロールをクリックします。

  3. [要件] アイコンをクリックして要件パースペクティブを開きます。

    モデル キャンバスの下部に要件ブラウザーが表示されます。要件を選択すると、プロパティ インスペクターに要件のプロパティが表示されます。

  4. 要件をモデル要素にリンクします。

    1. 要件ブラウザーで Enable Switch Detection を検索します。

    2. 要件をクリックしてブロックにドラッグすることで、enbl Inport ブロックにリンクします。注釈のテンプレートが表示されます。

    3. キャンバス上をクリックすることで要件の注釈を配置します。キャンバスの外側をクリックすることで、注釈のないリンクを作成します。

  5. ブロックにリンク バッジが表示されます。要件に関する情報を表示するには、バッジをクリックして [表示] を選択します。

    [表示] をクリックすると、要件 ID、要件の概要、およびリンク タイプが表示されます。リンク タイプの詳細については、要件リンクを参照してください。

    • 要件の説明を確認するには、注釈をダブルクリックします。

    • 要件を編集するには、注釈を右クリックして [要件ブラウザーで選択] を選択します。プロパティ インスペクターで要件のプロパティを編集します。

  6. 要件パースペクティブを終了します。パースペクティブ コントロールをクリックして要件のアイコンをクリックします。

Simulink の注釈の処理

Simulink の注釈を要件に変換

要件パースペクティブ ビューのコンテキスト メニューを使用したり、API を使用することにより、Simulink® モデル内の注釈を要件に変換できます。API を使用して注釈を要件に変換する方法の詳細については、slreq.convertAnnotation を参照してください。

要件パースペクティブ ビューのコンテキスト メニューを使用して注釈を要件に変換するには、次を行います。

  1. Simulink モデルを開いて要件パースペクティブ ビューを開始します。

  2. 要件ブラウザーから要件セットを選択します。これは、新しい要件の宛先の要件セットです。

  3. 要件に変換する注釈を右クリックして、[要件への変換] をクリックします。

  4. 注釈が要件に変換され、注釈が存在していたシステムまたはサブシステムにリンクされます。

Simulink の注釈への要件のリンク

要件パースペクティブ ビューを使用して、Simulink エディター上のテキストおよび領域の注釈に要件をリンクします。リンクを作成するには、要件を選択し、注釈までドラッグします。領域の注釈に要件をリンクする場合は、リンクが作成されたことを示すバッジが注釈上に表示されます。バッジは要件パースペクティブ ビューのみに表示されます。要件の詳細を確認するには、バッジをクリックして [表示] を選択します。