最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

要件のトレーサビリティ

要件とモデル要素のリンク、関係の指定、マークアップの追加、モデルとコードに対するトレーサビリティの確認、整合性のチェック

要件リンクを作成し、モデル要素、テスト ケース、テスト ハーネス、MATLAB® コード行、データ ディクショナリ、Stateflow® 要素、System Composer™ アーキテクチャ モデルおよびその他の要件へのトレーサビリティを確立します。機能要件を実装するモデル要素やテスト仕様を検証するテスト ハーネスなどのような、関係の性質を示すリンク タイプを指定します。既定のリンク機能を拡張するために、カスタム要件およびリンク タイプを作成します。

要件パースペクティブ ビューを使用して、Simulink® エディターで設計要素の要件の詳細を表示します。

クラス

slreq.LinkSet Work with link sets
slreq.Link Work with link objects

メソッド

setDestination Set requirement link destination
setSource Set requirement link source

関数

slreq.clearClear requirements and links from memory
slreq.createLinkCreate traceable links
slreq.findFind requirement, reference, and link set artifacts
slreq.loadLoad requirements/link set
slreq.cmConfigureVersionSet version of linked requirements documents
slreq.cmGetVersionGet configured version of linked requirements documents

トピック

ブロックと要件のリンク

Simulink キャンバスを使用して、要件を Simulink ブロックに関連付ける。

要件からテスト ケースへのリンク

テスト ケースを要件と関連付ける。

要件リンク

要件と Simulink ブロック、Stateflow オブジェクト、生成コードとの間、および要件同士の関連を指定する。

要件およびリンクのカスタム タイプの定義

要件およびリンクのカスタム タイプを作成および定義する。

外部の要件ドキュメントのナビゲーション バックリンクの管理

要件ドキュメントから Simulink 内のモデル要素へ移動するためのハイパーリンクを挿入する。

MATLAB コード行の要件のトレーサビリティ

MATLAB コード ファイルの行と外部ドキュメントの要件情報との間にトレーサビリティ リンクを作成し、管理して、リンク間を移動する。

要件の整合性チェック

要件セットで欠落しているリンクや未解決のリンクの有無をチェックする。

注目の例