Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

C Caller ブロックをもつモデルでのテスト生成

この例では、C Caller ブロックおよびカスタム C コードをもつモデルに対するテスト生成の使用方法について説明します。

C Caller ブロックおよびカスタム コードが含まれるモデルを開く

open_system('sldvexCCallerBlockExample');

モデルのカバレッジを確認するテストの生成

関数 sldvrun を使用して Simulink ® Design Verifier ™ 解析を実行します。

opts = sldvoptions;
opts.Mode = 'TestGeneration';
opts.ModelCoverageObjectives = 'ConditionDecision';
opts.SaveHarnessModel = 'off';
opts.SaveReport = 'off';

[status, fileNames] = sldvrun('sldvexCCallerBlockExample', opts);
Checking compatibility for test generation: model 'sldvexCCallerBlockExample'
Compiling model...done
Building model representation...done

'sldvexCCallerBlockExample' is compatible for test generation with Simulink Design Verifier.

Generating tests using model representation from 21-Mar-2022 20:32:13...
..........

Completed normally.

Generating output files:

Results generation completed.

    Data file:
    /tmp/Bdoc22a_1911186_142248/tp62e27543/ex07804984/sldv_output/sldvexCCallerBlockExample/sldvexCCallerBlockExample_sldvdata.mat

カバレッジの検証

関数 sldvruntest を使用して、テスト スイートがすべてのモデル カバレッジを達成することを検証します。

[~, finalCov] = sldvruntest('sldvexCCallerBlockExample', fileNames.DataFile, [], true);
cvhtml('Final Coverage', finalCov);

クリーン アップ

すべてのモデルを閉じて例を完了します。

close_system('sldvexCCallerBlockExample', 0);