Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

パラメーター制約の MATLAB コード ファイルへの格納

パラメーター テーブルを使用して、解析におけるモデル パラメーターの制約を管理することができます。モデル内のパラメーターに対して制約を課すと、解析時にそのパラメーターは指定された制約値しか取りません。ここでは同一モデル内の複数のパラメーターに対して課す制約の集合も "パラメーター コンフィギュレーション" と呼びます。複数個のパラメーター制約の集合を、パラメーター コンフィギュレーション ファイルと呼ばれる MATLAB® コード ファイルに格納できます。Simulink® Design Verifier™ のコンフィギュレーション パラメーターの詳細については、パラメーターの制約値の定義を参照してください。

パラメーター コンフィギュレーションを有効にするには、[Design Verifier] タブの [準備] セクションのモード設定のドロップダウン メニューから、[設定] をクリックします。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [Design Verifier][パラメーター] ペインで、[パラメーター コンフィギュレーションの有効化] を選択します。

パラメーター制約のファイルへのエクスポート

パラメーター テーブルを使用して、パラメーターの制約値を MATLAB コード ファイルにエクスポートできます。同じパラメーター コンフィギュレーションを後で別の解析で使用する場合、過去に指定したパラメーターの制約値を MATLAB コード ファイルからインポートできます。

パラメーターの制約値をファイルにエクスポートするには、次の手順に従います。

  1. [Design Verifier] タブの [準備] セクションのモード設定のドロップダウン メニューから、[設定] をクリックします。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスで、[Design Verifier][パラメーター] を選択します。

    パラメーター テーブルには、モデル内のパラメーターに対して指定されている制約値が表示されます。たとえば次のスクリーン ショットのようになります。

  2. [ファイルにエクスポート] をクリックします。

    パラメーター コンフィギュレーション ファイルは、現在のパラメーター コンフィギュレーションを指定したファイル名の .m ファイルに保存します。[使用] チェック ボックスが選択されていないパラメーターは、パラメーター コンフィギュレーション ファイルではコメント付きの行として表示されます。

    前の手順で示した例では、パラメーター コンフィギュレーション ファイルには次のコードが含まれています。

    function params = ex_many_params_config
    params.param_01 = {0, 1};
    % params.param_02 = {0, 01};
    params.param_03 = {0, 1};
    % params.param_04 = {0, 1};

パラメーター制約のファイルからのインポート

R2014a より前のリリースで解析用にパラメーター コンフィギュレーションを定義した場合、それに対応する MATLAB ファイルをインポートし、パラメーター テーブルでそれらのパラメーターを管理することができます。

MATLAB コード ファイルからパラメーター制約をインポートするには、次の手順に従います。

  1. [Design Verifier] タブの [準備] セクションのモード設定のドロップダウン メニューから、[設定] をクリックします。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスで、[Design Verifier][パラメーター] を選択します。

  2. [ファイルから追加] をクリックします。パラメーター コンフィギュレーション ファイルを選択します。

    このファイルからパラメーター テーブルにコード内の指定のパラメーター制約が読み込まれます。ただし、コードのコメントは除外されます。パラメーターに対して制約を指定し、その後、同じパラメーターに対する制約指定があるパラメーター コンフィギュレーション ファイルを読み込んだ場合、ファイル内で指定されている制約によって、テーブルにある既存の制約が上書きされます。

Simulink Design Verifier では、モデル例 sldvdemo_param_identification に対するパラメーター コンフィギュレーション ファイルの例が提供されています。

matlabroot/toolbox/sldv/sldvdemos/sldvdemo_param_ident_config.m

関連するトピック