Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Extender

入力が true となる期間の延長

ライブラリ

Simulink Design Verifier

  • Extender block

時相演算子に関する用語

  • 信号の "true 期間" — 信号が true となる連続したタイム ステップ

説明

Extender ブロックは、入力信号が true となる期間を、固定ステップ数だけ (有限拡張モード)、あるいは無限に延長します。

Extender ブロックの入力と出力は boolean 型です。

パラメーター

延長期間

[有限] (既定の設定) を選択して、延長する固定タイム ステップ数を指定します。[無限] を選択して、無限に延長することを指定します。

延長のタイムステップ

延長が有限の場合、true 期間を延長するタイム ステップ数を指定します (最小値は 1)。

外部リセット

外部 Boolean リセット信号がブロック延長をリセットできるかどうかを指定します。リセット信号は、無限延長もリセットします。外部リセットを使った無限延長では、外部リセット信号が true になるまで無限に延長されます。

以下の例では、以下の操作を実行します。

  • モデルのサンプル時間を 1 秒に設定します。

  • Extender ブロックの場合:

    • [延長期間] パラメーターを [有限] に設定します。

    • [延長のタイム ステップ] パラメーターを [2] に設定します。

延長期間中に入力信号が true になると、出力は true のままとなり、最後の入力 true 期間が完了した後も延長されます。この動作は次の Scope で確認できます。

R2011a で導入