Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Detector

入力が true となる期間の検出と、出力タイプに基づく出力が true となる期間の作成

ライブラリ

Simulink Design Verifier

  • Detector block

時相演算子に関する用語

  • 信号の "true 期間" — 信号が true となる連続したタイム ステップ

  • 信号が true となる期間の "長さ" — true となる期間を構成するタイム ステップの数

  • "入力検出" 段階 — 入力が true となる期間で予想される長さの最終タイム ステップで完了する段階

  • "出力生成" 段階 — ブロックの出力タイプに基づく出力で、ブロックが true となる期間を構成する段階

  • "遅延期間" — 入力検出後の遅延のタイム ステップ数。この期間が経過すると、出力信号が true になります。

説明

Detector ブロックの入力と出力は boolean 型です。

入力検出時、Detector ブロックは指定された 2 種類の出力タイプのいずれかに基づいて出力信号を生成します。

  • 一定の期間で遅延 — 入力検出が完了し、オプション遅延が経過した後、出力信号は固定されたタイム ステップ数に対して true になります。出力が true となる期間は、入力に依存しません。

  • 同期済み — 入力検出の最終タイム ステップで true となった出力は、入力信号が true である限り、true のままとなります。出力が true となる期間は可変で、入力が true である期間と同期しています。

パラメーター

外部リセット

外部 Boolean リセット信号によって、ブロックを入力検出の開始にリセットできるかどうかを指定します。

出力タイプ

[一定の期間で遅延] (既定の設定) を選択して、オプションの遅延経過後に出力が true となる固定期間長を指定します。[同期済み] を選択して、出力が true となる期間を入力が true となる期間に同期させます。

入力検出のタイム ステップ

入力検出が true となる期間長 (最小値は[1])。

遅延のタイムステップ(オプション)

[一定の期間で遅延] の場合、遅延期間長をオプションで指定します。この期間が経過すると、出力は true になります。

出力持続時間のタイムステップ

[一定の期間で遅延] の場合、出力が true となる期間長 (最小値は [1]) を指定します。

以下の例では、[1] 秒というサンプル時間を使用します。

遅延固定期間

この例では、[出力タイプ][一定の期間で遅延] に設定して、出力信号生成中は入力検出段階を継続しません。Detector ブロックの次のブロック パラメーターを次のように設定します。

  • 入力検出のタイム ステップ = 2

  • 遅延のタイム ステップ (オプション) = 1

  • 出力持続期間のタイム ステップ = 2

Scope 1 は、出力生成中に true のタイム ステップが発生したために 2 番目の true 期間が検出されなかったシナリオを示しています。

ただし、Scope 2 の 2 番目の true 期間は検出されます。これは、出力生成後の残りの true 期間が、入力検出に必要なステップ数を満たしているためです。

同期済み

この例では、[出力タイプ][同期済み] に設定し、[入力検出のタイム ステップ][2] に設定したため、出力は入力検出の最終ステップで true になります。入力信号が true である限り、出力は true となります。

Scope 1 は、2 番目のタイム ステップ (入力検出段階の最終タイム ステップ) で出力が true となることを示しています。入力検出のタイム ステップの数を [1] に設定すると、下の Scope 2 で示されているように、出力は入力と同じになります。

R2011a で導入