Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

コード カバレッジ オプションの指定

Simulink® Coverage™ には、3 つのモードのコード カバレッジ解析があります。一般的なカバレッジ オプションについては、カバレッジ オプションの指定を参照してください。

S-Function ブロックをもつモデル

S-Function ブロックのカバレッジを、作成方法に基づいて構成します。詳細については、Simulink モデルのカスタム C/C++ コードのカバレッジを参照してください。

メモ

モデルにソフトウェアインザループ ブロックまたはプロセッサインザループ ブロックが含まれている場合は、ソフトウェアインザループ モードおよびプロセッサインザループ モードのブロックをもつモデルで説明されているオプションを設定します。

ソフトウェアインザループ モードおよびプロセッサインザループ モードのブロックをもつモデル

  1. [コンフィギュレーション パラメーター] を開きます。[モデル化] タブで、[モデル設定] をクリックします。

  2. コード カバレッジのオプションを設定する前に、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [コード生成] ペインで、[ターゲットの選択] メニューの [システム ターゲット ファイル][ert.tlc] に設定します。

  3. [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの左側のペインで、[コード生成] をクリックします。リストから [検証] を選択します。

  4. [SIL または PIL のコード カバレッジ] タブからコード カバレッジ ツールを選択します。

以下のツールを使用してコード カバレッジを測定できます。

  • Simulink Coverage コード カバレッジ ツール

  • BullseyeCoverage

  • LDRA TestBed

BullseyeCoverage と LDRA TestBed は、Embedded Coder® でサポートされているサードパーティ ツールです。サードパーティ コード カバレッジ ツールのサポートの詳細については、コード カバレッジ ツールのサポート (Embedded Coder)を参照してください。コード カバレッジ オプションを設定するには、[設定] をクリックします。コード カバレッジ ツールとして [なし (Simulink Coverage を使用)] を選択すると、[設定] をクリックしたときに [カバレッジ] ペインが開きます。

Simulink Coverage をコード カバレッジに使用すると、Simulink 環境内からカバレッジの結果を解析し、未達カバレッジを正当化し、追加のテスト ケースを生成できるようになります。

MATLAB Function ブロックをもつモデル

MATLAB® Function blocks を含むモデルのカバレッジを記録すると、コード カバレッジが MATLAB Function blocks 内のコードについて記録されます。MATLAB Function blocks を解析に含めるには、次を行います。

  1. Simulink エディターの [モデル化] タブで [モデル設定] を選択します。

  2. [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ] ペインの [解析に含める] で、[MATLAB ファイル] を選択します。

関連するトピック