Main Content

コード カバレッジ オプションの指定

Simulink® Coverage™ には、3 つのモードのコード カバレッジ解析があります。

一般的なカバレッジ オプションについては、カバレッジ オプションの指定を参照してください。

カスタム C/C++ コード ブロックをもつモデル

モデル内のカスタム コード ブロック (S-Functions ブロックや C Caller ブロックなど) のコード カバレッジを収集できます。Simulink Coverage では、モデルをノーマルシミュレーションモードで実行した場合でも、コード カバレッジ レポートでカスタム C/C++ コード ブロックがレポートされます。

S-Function ブロックのカバレッジを構成する必要があります。詳細については、Simulink モデルのカスタム C/C++ コードのカバレッジを参照してください。

ソフトウェアインザループ モードおよびプロセッサインザループ モードのブロックをもつモデル

[シミュレーション モード] パラメーターを [ソフトウェアインザループ (SIL)] に設定した場合は、モデルまたはモデル参照のコード カバレッジを収集できます。モデルから生成されたコードのカバレッジ解析を実行できるようにするには、コンフィギュレーション パラメーターをいくつか設定する必要があります。

  1. [モデル化] タブで、[モデル設定] をクリックして [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. [コード生成] ペインで、[ターゲットの選択] セクションの [システム ターゲット ファイル][ert.tlc] に設定します。

  3. 左側のペインで、[コード生成] ノードを展開します。[検証] を選択します。

  4. [SIL または PIL のコード カバレッジ] セクションで、[サードパーティ ツール] を以下に設定します。

    • なし (Simulink Coverage を使用)

    • BullseyeCoverage

    • LDRAcover or LDRA tool suite

BullseyeCoverage と LDRA ツール スイートは、Embedded Coder® でサポートされているサードパーティ ツールです。サードパーティ コード カバレッジ ツールのサポートの詳細については、コード カバレッジ ツールのサポート (Embedded Coder)を参照してください。コード カバレッジ オプションを設定するには、[設定] をクリックします。[サードパーティ ツール][なし (Simulink Coverage を使用)] に設定した場合は、[設定] をクリックすると [カバレッジ] ペインが開きます。

Simulink Coverage をコード カバレッジに使用すると、Simulink 環境内からカバレッジの結果を解析し、未達カバレッジを正当化し、テスト ケースを生成できるようになります。

MATLAB Function ブロックをもつモデル

MATLAB® Function ブロックを含むモデルのカバレッジを記録すると、モデル カバレッジ レポートに MATLAB Function ブロック内の MATLAB コードが含まれますが、個別のコード カバレッジ レポートで、MATLAB Function ブロックによって呼び出された外部 MATLAB ファイルがレポートされます。

MATLAB Function blocks を解析に含めるには、次を行います。

  1. Simulink エディターの [モデル化] タブで [モデル設定] を選択します。

  2. [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスで、[カバレッジ] をクリックします。[解析に含める] で、[MATLAB ファイル] を選択します。

関連するトピック