Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

整数オーバーフローで飽和カバレッジ

このモデルをシミュレートして、整数オーバーフローで飽和カバレッジを収集し、レポートします。

整数オーバーフローでの飽和の有効化

カバレッジ メトリクス [整数オーバーフローで飽和] を有効にするには、次のようにします。

ツールストリップで [モデル化] タブをクリックします。[モデル設定] をクリックします。

左側のペインで、[カバレッジ] をクリックします。[カバレッジ解析を有効にする] がチェックされていることを確認します。

[その他のメトリクス] ドロップ ダウン リストを展開します。[整数オーバーフローで飽和] の横にあるボックスをオンにします。

[整数オーバーフローで飽和] の実行内容

カバレッジ ツールは [整数オーバーフローで飽和] パラメーターが有効になっているすべてのブロックを識別します。モデルのシミュレーション後、整数オーバーフローで各ブロックが飽和する回数がレポートされます。

この例では、テスト ハーネスにより Controller サブシステムのいずれか 1 つの Sum ブロックでフル カバレッジに到達する入力を使用した Test Unit が提供されます。

Controller サブシステムのその他 2 つの Sum ブロックは飽和しきい値に到達しないため、真のケースを生成しません。

[整数オーバーフローで飽和] を使用する場合

整数オーバーフローで飽和カバレッジは、ブロックで不足しているテストおよび [整数オーバーフローで飽和] パラメーターを有効にする必要のないブロックを識別し、設計効率を最適化するのに役立ちます。

詳細については、整数オーバーフローで飽和カバレッジを参照してください。