Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

バッチ線形化の結果の検証

モデルをバッチ線形化する場合、ソフトウェアは線形化されたモデルを含むモデル配列を返します。線形化されたモデルを検証するには 2 つの方法がありますが、いずれの方法にもいくらかの計算オーバーヘッドがあります。このオーバーヘッドにより、バッチ線形化の結果で各モデルを検証できなくなる場合があります。そのため、単一のモデルまたはバッチ線形化の結果のサブセットを検証すると、コスト効果が高くなることがあります。検証の候補は、線形解析プロットとコマンドを使用して決定できます。このような解析に使用可能なツールに関する詳細については、線形解析を参照してください。

次のアプローチを使用して線形化を検証できます。

  • 非線形モデルの周波数応答の推定を取得して、その応答と線形化されたモデルの応答とを比較します。例については、周波数領域における線形化の検証を参照してください。

  • 非線形モデルをシミュレートし、その時間領域応答と線形化されたモデルの応答とを比較します。例については、時間領域における線形化の検証を参照してください。

参考

|

関連するトピック