Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデルやブロックの中にリンクされている要件の表示

Simulink での要件のトレーサビリティ

Simulink® モデルに外部ドキュメント内の要件へのリンクがある場合、そのリンク先を表示できます。どのモデル オブジェクトがどの設計要件を満たしているかどうかを確認するには、Simulink が提供する次のような要件機能を使用します。

  • モデル内で外部の要件へのリンクをもつオブジェクトを強調表示する

  • 要件リンクの情報を表示する

  • モデル オブジェクトからリンク先の要件に移動する

  • キーワードに基づいて要件をフィルター処理し、強調表示する

Simulink Requirements™ ライセンスがあれば、要件管理インターフェイス (RMI) を使用して次の追加タスクも実行できます。

  • 新しい要件の追加

  • 既存の要件の変更

  • 既存の要件の削除

  • 要件にユーザータグを適用

  • モデル内の要件リンクに関するレポートの作成

  • モデル オブジェクトと要件ドキュメントの間のリンクの検証

モデル内の要件の強調表示

モデル内のどのオブジェクトが外部ドキュメント内の要件へのリンクをもっているかを示すためにモデルを強調表示できます。これは Simulink エディターとモデル エクスプローラーの両方でサポートされています。

メモ

モデル内の Model ブロックが参照しているモデルに要件が付いている場合は、強調表示の対象となりません。Simulink Requirements がある場合、この情報は要件レポートでしか見ることができません。参照モデルの要件情報を生成して、それに基づいてその要件のスナップショットを強調表示するには、モデル ブロックの要件のレポート (Simulink Requirements)の手順を参照してください。

Simulink エディターを使ったモデルの強調表示

Simulink エディターで作業しているときに、slvnvdemo_fuelsys_officereq モデル内のどのモデル オブジェクトが要件をもっているかを見るには、次の手順に従います。

  1. 以下のモデル例を開きます。

  2. [カバレッジ] アプリから [カバレッジの強調表示] を選択します。

    要件をもつモデル オブジェクトの強調表示には 2 種類あります。

    • 黄色で強調表示されているオブジェクトはそれ自身に対する要件をもっています。

    • 黄色の輪郭線で囲まれたオブジェクト (サブシステムなど) は、その子オブジェクトが要件リンクをもっています。

    要件がないオブジェクトはグレー表示されます。

  3. [カバレッジ] アプリから、モデルの強調表示を解除します。または、モデル内を右クリックして [強調表示の削除] を選択することもできます。

モデルが強調表示されたままでも、モデルとそのコンテンツを管理できます。

モデル エクスプローラーを使ったモデルの強調表示

モデル エクスプローラーで作業しているときに、モデル内のどのモデル オブジェクトが要件をもっているかを見るには、次の手順に従います。

  1. 以下のモデル例を開きます。

  2. [モデル化] タブで、[モデル エクスプローラー] をクリックします。

  3. 要件をもつすべてのモデル オブジェクトを強調表示するには、[モデル上の要件をもつ項目を強調] アイコン () をクリックします。

    Simulink エディター ウィンドウが開き、そのモデル内で要件をもつオブジェクトがすべて強調表示されます。

メモ

64 ビット版の MATLAB® を実行している場合は、PDF ファイル内の要件に移動すると、指定した場所ではなく、ドキュメントの先頭でファイルが開きます。

要件リンク情報の表示

Simulink を使うと、その要件を含むドキュメントの場所や種類など、要件リンクに関する詳細情報を表示できます。

メモ

要件の情報を変更するには、Simulink Requirements ライセンスが必要です。

たとえば、slvnvdemo_fuelsys_officereq 例のモデル内の MAP Sensor ブロックから要件に関する情報を表示するには、次の手順に従います。

  1. サンプル モデルを開きます。

  2. MAP sensor ブロックを右クリックして、[要件リンク][リンクの編集/追加] を選択します。

    [Requirements] ダイアログ ボックスが開き、要件リンクに関する次の情報が表示されます。

    • リンクの記述 (実際の要件テキスト)

    • slvnvdemo_FuelSys_TestScenarios.xlsx という名前の Microsoft® Excel® ワークブック。リンクされている要件が入っている。

    • 要件テキスト。ワークブック内の Simulink_requirement_item_2 という名前付きセルに入っているもの。

    • ユーザー タグ test。この要件に関連付けられているもの。

モデルから要件へのアクセス

モデル オブジェクトからのアクセス

モデル オブジェクトからそのオブジェクトに関連付けられている要件に直接アクセスできます。これらの手順を行うと、外部要件ドキュメントがアプリケーションで開き、該当する要件が強調表示されます。

  1. 以下のモデル例を開きます。

  2. fuel rate controller サブシステムを開きます。

  3. リンクされている要件を開くには、Airflow calculation サブシステムを右クリックして、[要件][1. "Mass airflow estimation"] を選択します。

    Microsoft Word ドキュメント、slvnvdemo_FuelSys_DesignDescription.docx が、[2.1 Mass airflow estimation] セクションが選択された状態で開きます。

メモ

64 ビット版の MATLAB を実行している場合は、PDF ファイル内の要件に移動すると、ブックマークの場所ではなく、ページ上部でファイルが開きます。

System Requirements ブロックからのアクセス

モデル階層内の特定のレベルにあるすべての要件を見たい場合があります。そのような場合、System Requirements ブロックを挿入して、そのモデルまたはサブシステムのすべての要件リンクを集めることができます。そのような場合、System Requirements ブロックを挿入すると、モデルまたはサブシステムのすべての要件リンクを表示できます。System Requirements ブロックには、挿入先のモデルまたはサブシステムに関する要件リンクの一覧が表示されます。そのモデルやサブシステム内に存在するモデル オブジェクトは、モデル階層構造の異なるレベルであるため、これらの要件リンクは表示されません。

次の例では、slvnvdemo_fuelsys_officereq モデルの最上位レベルに System Requirements ブロックを挿入し、そのブロック内のリンクを使って要件に移動しています。

  1. 以下のモデル例を開きます。

  2. [カバレッジ] アプリでモデルの強調表示を有効にします。

  3. fuel rate controller サブシステムを開きます。

    Airflow calculation サブシステムに要件リンクがあります。

  4. Airflow calculation サブシステムを開きます。

  5. Simulink ツールストリップで、[ライブラリ ブラウザー] をクリックします。

  6. [ライブラリ] ツリー ビューで、[Simulink Requirements] を選択します。

    このライブラリには System Requirements ブロックしか入っていません。

  7. System Requirements ブロックをドラッグして Airflow calculation サブシステムに入れます。

    RMI ソフトウェアはそのサブシステムの要件リンクをすべて収集し、System Requirements ブロックに表示します。

  8. System Requirements ブロックで、[1."Mass airflow subsystem"] をダブルクリックします。

    Microsoft Word ドキュメント、slvnvdemo_FuelSys_DesignDescription.docx が、[2.1 Mass airflow estimation] セクションが選択された状態で開きます。

フィルターによる要件のモデル内での選択

ユーザー タグに基づくフィルター処理による要件の強調表示

要件リンクにはユーザー タグが関連付けられている場合があります。ユーザー タグは要件を分類するために作成されたキーワードのことです。例として designtest などが考えられます。

たとえば、slvnvdemo_fuelsys_officereq モデルでは MAP sensor ブロックからの要件リンクにユーザー タグとして test が付いています。

test というユーザー タグが付いている要件をもつブロックのみをすべて強調表示するには

  1. サンプル モデルを開きます。

  2. Simulink エディターの [アプリ] タブで [要件ビューアー] をクリックします。次に、[要件ビューアー] タブで [リンクの設定] をクリックします。

    [Requirements Settings] ダイアログ ボックスが開きます。Simulink Requirements のライセンスがなければ、オプションは [フィルター] タブしか使用できません。

    既定の設定では、モデルの要件フィルターは有効になっていません。

  3. [要件を強調表示およびレポートする際にキーワードでリンクをフィルター処理] を選択します。

  4. [次のタグからのリンクを含める] テキスト ボックスで design を削除して test を入力します。

  5. そして、Enter キーを押します。

  6. slvnvdemo_fuelsys_officereq モデルを要件に基づいて強調表示します。[要件ビューアー] タブで [リンクの強調表示] をクリックします。

    最上位のモデルでは、MAP sensor ブロックと Test inputs ブロックのみが強調表示されます。

  7. ユーザー タグによるフィルター処理を無効にするには、[要件ビューアー] タブで [リンクの設定] をクリックし、[要件を強調表示およびレポートする際にキーワードでリンクをフィルター処理] をオフにします。

    モデルの強調表示がただちに更新されます。

要件の強調表示フィルター オプション

[Filters] タブで、要件をもつどのオブジェクトが強調表示されるかを指定するオプションを選択します。次の表はそれらの設定を説明します。これはその MATLAB セッションの期間中、モデル内のすべての要件に適用されます。

オプション説明
Filter links by user tags when highlighting and reporting requirements強調表示とレポートでユーザー タグに基づいたフィルター処理を有効にします。
次のタグからのリンクを含める指定されたユーザー タグのどれかが一致する要件をもつオブジェクトが強調表示されます。タグ名は正確に一致していなければなりません。複数のユーザー タグはコンマまたはスペースで区切ります。
次のタグからリンクを除外指定されたユーザー タグのどれかが一致する要件をもつオブジェクトが強調表示から除外されます。タグ名は正確に一致していなければなりません。複数のユーザー タグはコンマまたはスペースで区切ります。
Apply same filters in context menus要件が指定されたユーザー タグのどれにも一致しないオブジェクトのコンテキスト メニュー内に表示されるナビゲーション リンクを無効にします。
[Link type filters][Disable DOORS surrogate item links in context menus]

モデル オブジェクトをクリックしたとき、コンテキスト メニューの IBM® Rational® DOORS® 代理項目を無効にします。このオプションは現在のユーザー タグ フィルターに依存しません。