Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

参照ディクショナリを使用したディクショナリ データの分割

この例では、データ ディクショナリを、チームで共有できる複数の参照ディクショナリに分割する方法を示します。Simulink® データ ディクショナリは、MATLAB® 変数、データ オブジェクト、データ型などのモデル データを永続的に保存します。

分割するディクショナリを開く

  1. モデル エクスプローラーを開きます。Simulink エディターの [モデル化] タブで、[モデル エクスプローラー] をクリックします。

  2. [ファイル][開く] を選択します。

    ディクショナリを参照して指定します。

参照ディクショナリの作成

参照ディクショナリを使用して、メイン ディクショナリのエントリのサブセットを格納します。

  1. [ファイル][新規作成][データ ディクショナリ] を選択します。

    参照ディクショナリに名前を付けて保存します。

    両方のディクショナリが [モデルの階層構造] ペインにノードとして表示されます。

  2. [モデルの階層構造] ペインで、親として機能するディクショナリを選択します。

  3. ダイアログ ボックス ペインで、[参照ディクショナリ] セクションの [追加] をクリックします。参照ディクショナリの場所を選択し、参照用に追加します。

[参照ディクショナリ] セクションでは、直接参照されたデータ ディクショナリはそれぞれ最上位ノードとして表示され、間接的に参照されるデータ ディクショナリは各最上位ノードの下に、フラット リストとして表示されます。参照されるディクショナリの完全な依存関係ツリーを依存関係アナライザーで表示するには、[階層構造を表示] をクリックします。

参照ディクショナリへのエントリの移動

  1. [モデルの階層構造] ペインで、親ディクショナリの [Design Data] ノードを選択します。

  2. [コンテンツ] ペインで、参照ディクショナリに移動するエントリを選択します。

  3. 選択したエントリの 1 つで、ドロップダウン メニューを使用して、[DataSource] を参照ディクショナリに設定します。ディクショナリ間でエントリをドラッグ アンド ドロップすることもできます。

    [DataSource] 列を表示するには、[コンテンツ] ペインで [詳細を表示] をクリックします。テキスト ボックスに「DataSource」と入力し、表示された列のリストに DataSource を追加します。

エントリの表示の整理

  1. [DataSource] 列の名前をクリックし、エントリを定義するディクショナリでエントリを並べ替えます。

  2. [DataSource] 列の名前を右クリックし、[この列でグループ化] を選択してエントリをグループ化します。[コンテンツ] ペインでエントリを定義する各ディクショナリのグループが作成されます。

関連するトピック