Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

フォルダーからの新規プロジェクトの作成

ソース管理を使用するかどうかにかかわらず、プロジェクトに含めるファイルが数多くある場合は、次の手順を使用して新しいプロジェクトを作成します。

メモ

プロジェクトをソース管理リポジトリから取得する場合は、代わりにGit リポジトリのクローンまたはSVN リポジトリのチェックアウトを参照してください。

ファイルのフォルダーをプロジェクトに容易に変換するには、Simulink® スタート ページで [フォルダーからプロジェクト] テンプレートを使用します。テンプレートによってプロジェクトにファイルが自動的に追加され、パスおよび起動ファイルを設定するように求められます。この簡単で迅速な処理によりプロジェクトが設定され、ファイルの管理やプロジェクトの機能の紹介が行われます。プロジェクトを開くと、必要なフォルダーが自動的にパス上に配置され、環境を設定するためのセットアップ操作が実行されます。プロジェクトを開くと、起動ファイルは自動的に (.m および .p ファイルを) 実行し、(.mat ファイルを) 読み込み、(Simulink モデルを) 開きます。

ファイルを管理するための新しいプロジェクトを作成するには、以下のようにします。

  • MATLAB®[ホーム] タブで、[新規][プロジェクト][フォルダーから] を選択します。

  • あるいは、Simulink スタート ページで、[フォルダーからプロジェクト] テンプレートをクリックします。また、[シミュレーション] タブで、モデル エディターから [新規][プロジェクト][新規プロジェクト] を選択することもできます。

  1. [新規プロジェクト] ダイアログ ボックスで、プロジェクト名を入力し、ファイルを含むフォルダーを参照して選択して、[OK] をクリックします。

  2. [プロジェクトへようこそ] ダイアログ ボックスで、[プロジェクトの設定] をクリックして続行します。

  3. [プロジェクトの設定] (ステップ 1/2) ダイアログ ボックスで、オプションでフォルダーを選択して、プロジェクト パスに追加します。プロジェクトを開くと、これらのフォルダーが MATLAB 検索パスに追加され、プロジェクトを閉じると削除されます。プロジェクトのフォルダーを追加すると、依存関係の解析によってプロジェクトのファイルが確実に検出されます。すべてのプロジェクト フォルダーを追加するには、[サブフォルダーも追加] をクリックして、すべてのサブフォルダーを含むプロジェクト フォルダーを選択します。あるいは、後でプロジェクト パスを設定できます。[次へ] をクリックします。

  4. [プロジェクトの設定] (ステップ 2/2) ダイアログ ボックスで、オプションで起動ファイルとシャットダウン ファイルを指定します。

    • 起動ファイルを使用して、プロジェクトを開くときの設定を行います。プロジェクトを開くと、起動ファイルが自動的に実行され (.m ファイルと .p ファイル)、読み込まれるか (.mat ファイル)、開かれます (Simulink モデル)。

    • シャットダウン ファイルを使用して、プロジェクトのシャットダウン時に実行する MATLAB コードを指定します。開いているプロジェクト モデルが変更未保存 (ダーティ) でない限り、プロジェクト モデルは自動的に閉じるため、プロジェクトを閉じる際にモデルを閉じるようにシャットダウン ファイルを使用する必要はありません。プロジェクトによって、変更の保存または破棄を求めるメッセージが表示されます。

    [追加] をクリックして起動ファイルまたはシャットダウン ファイルを指定します。あるいは、後でこれらのファイルを設定できます。

  5. [終了] をクリックすると新規プロジェクトが開きます。[フォルダーからプロジェクト] テンプレートにより、すべてのファイルがプロジェクトに自動的に追加されます。テンプレートは派生されたファイルプロジェクトに追加しません。

    次のステップについては、プロジェクトの構造を可視化するために依存関係の解析を試すか、ソース管理を追加してバージョン管理を行いやすくすることを検討してください。詳細については、依存関係の解析の実行またはプロジェクトをソース管理に追加するを参照してください。

[フォルダーからプロジェクト] テンプレートの代わりに、以下を実行できます。

  • プロジェクトに含める依存ファイルに対してモデルを解析することで、モデルからプロジェクトを作成します。モデルからのプロジェクトの作成を参照してください。

  • プロジェクトを手動で作成しますが、プロジェクトにファイルを追加して、パス、起動ファイルおよびシャットダウン ファイルを設定する必要があります。代替テンプレートを確認するか、独自のテンプレートを使用する場合は、次を行います。

    1. Simulink スタート ページで、リスト内のテンプレートをクリックし、説明を確認します。新規プロジェクト オプションを選択してスタート ページを開いた場合、リストにはプロジェクト テンプレートのみが表示されます。または、検索ボックスの横にあるリストを使用して、プロジェクト テンプレートのリストをフィルター処理できます。

      • 既存のファイルでフォルダー内にプロジェクトを作成して、プロジェクトを手動で設定する場合は、[空のプロジェクト] テンプレートを選択します。[空のプロジェクト] テンプレートは選択したフォルダー内にプロジェクトを作成し、その他のファイルは使用しません。たとえばファイルのプロジェクトへの追加、起動ファイルの設定、プロジェクト パスの設定など、プロジェクトを手動で設定しなければなりません。

      • 新しいフォルダー内にプロジェクトを作成していて、空のモデルが必要な場合は、[単純なプロジェクト] テンプレートを試してください。[単純なプロジェクト] テンプレートは、空のモデルといくつかのユーティリティが含まれる単純なプロジェクトを作成します。モデルはショートカットなので、ツールストリップから開くことができます。プロジェクトを開いたり閉じたりする際に、プロジェクトが一時ファイルのパスと場所 (slprj フォルダー) を管理します。これらのファイル、フォルダーおよび設定は後で変更できます。

      • ユーザー独自のテンプレートを作成できます。テンプレートを使用した標準プロジェクト設定の作成を参照してください。

    2. スタート ページでテンプレートを選択し、[プロジェクトを作成] をクリックします。

    3. [プロジェクトを作成] ダイアログ ボックスでプロジェクト フォルダーを指定し、プロジェクト名を編集したら、[プロジェクトを作成] をクリックします。プロジェクト基本設定を使用して、新しいプロジェクトの既定のフォルダーを制御できます。

      プロジェクトには、指定したプロジェクト ルートに対応する [プロジェクト ファイル] ビューが表示されます。ファイルをプロジェクトに追加する必要があります。ファイルのプロジェクトへの追加を参照してください。

新規プロジェクトを使用する次のステップについては、ファイルの構造を可視化するために依存関係の解析を試してください。

関連する例

詳細