最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

プロジェクトの使用

この例では、プロジェクトを使用して設計内のファイルを管理する方法を示します。ソース管理を既に使用している既存のプロジェクトから始めて、プロジェクト内のファイルを特定して管理する方法を示します。この例で説明する一般的なワークフローでは、設計に対する変更要求を実現します。

例のファイルを設定しプロジェクトを開く

次のコマンドを実行して、プロジェクト ファイルの作業用コピーを作成して開きます。

Simulink.ModelManagement.Project.projectDemo('airframe', 'git');
rebuild_s_functions('no_progress_dialog');
Building with 'gcc'.
MEX completed successfully.

プロジェクトの例では、ファイルが新しいフォルダーにコピーされるので、Git バージョン管理下でファイルを編集して使用することができます。

このプロジェクトは、MATLAB 検索パス上のフォルダーと一部の作業フォルダーを管理するように設定されます。

プロジェクト パスの管理

プロジェクトはプロジェクト パスを定義します。プロジェクト パスで指定されるフォルダーは、プロジェクトの起動時に MATLAB 検索パスに追加され、プロジェクトを閉じるときに MATLAB 検索パスから削除されます。

この例のプロジェクト パスを編集または表示するには、[プロジェクト] ツールストリップ タブの [プロジェクトのパス] ボタンをクリックします。

作業フォルダーの管理

プロジェクトを使用して、シミュレーション キャッシュ フォルダー、コード生成フォルダー、プロジェクトを開いたときの現在のディレクトリという各作業フォルダーを定義できます。

これらの作業フォルダーのいずれかを変更するには、[プロジェクト] ツールストリップ タブの [詳細] ボタンをクリックします。

起動とシャットダウン

MATLAB スクリプトなどのプロジェクト ファイルをプロジェクトを開くまたは閉じるときに実行するように設定できます。

起動およびシャットダウン中に実行するプロジェクト ファイルを指定するには、[プロジェクト] ツールストリップ タブの [起動とシャットダウン] ボタンをクリックします。

[プロジェクトの起動とシャットダウンの管理] ダイアログ ボックスで、プロジェクトを開いたときに Simulink を起動するように指定できます。また、プロジェクトの起動とシャットダウンの際にカスタマイズを更新 (sl_customization ファイルを実行) するように選択することもできます。

プロジェクトのショートカット

プロジェクトのショートカットは [プロジェクトのショートカット] ツールストリップ タブに表示されます。

このサンプル プロジェクトには、最上位モード、S-Function をリビルドするユーティリティ関数、設計の記述に関するドキュメントへのショートカットが用意されています。

[プロジェクトのショートカット] ツールストリップ タブで、ショートカット [F14 Model] をクリックし、このプロジェクトのルート モデルを開きます。

[プロジェクトのショートカット] ツールストリップ タブで、ショートカット [Rebuild Project's S-Functions] をクリックし、S-Function を生成します。

プロジェクト ファイルの新しいショートカットを作成するには、[プロジェクトのショートカット] ツールストリップ タブの [新規ショートカット] ボタンをクリックします。

ショートカットを編集するには、[プロジェクトのショートカット] ツールストリップ タブのショートカットを右クリックして [ショートカットの編集] を選択します。

依存性解析の使用

プロジェクト内のファイルに関するファイルの依存性解析を実行し、プロジェクトで要求されるファイルがすべてプロジェクト内に保存されていることを確認します。

[表示] ペインの [依存関係の解析] ノードをクリックします。

[依存関係の解析] タブで [解析] ボタンをクリックします。

依存関係ノードに報告されたファイルをレビューします。問題が検出されると、その他のすべての結果がフィルター処理されます。ファイルの依存性解析の全結果を表示するには、ツール バーの警告アイコンをクリックして [問題のあるファイルのみを表示] フィルターをオフにします。

ファイルの依存性解析の結果から、プロジェクトでは S-Function バイナリ、timesthree が要求されていますが、現在は含まれていないことがわかります。

依存関係テーブルの timesthree をクリックし、プロジェクト内のどこで使用されているかを確認します。この例では、f14_airframe.slx で使用されています。

バイナリ ファイルをプロジェクトに追加したり、このプロジェクトのように、ユーティリティ スクリプトを提供してプロジェクトに含まれているソース コードから再生成することもできます。

[tmesthree] を右クリックして、[外部ファイルの追加] をクリックします。依存性解析を次回実行した場合、このファイルは問題ファイルとしてマークされません。

ファイルの変更

プロジェクトからファイルをダブルクリックするか、右クリックして [開く] を選択すると、ファイルを開いて編集できます。

ユーティリティ MATLAB ファイルのいずれか、または Simulink モデルのいずれかを開いて変更してみてください。

変更されたファイル ビューの使用

作業コピーで変更したファイルを表示するには、[ファイル] ビューの [変更済み] のフィルターをクリックします。

プロジェクトから比較ツールを使用すると、ピア レビュー プロセスの一環として、変更を確認できます。

[修正ファイル] ビュー内のファイルを右クリックし、[上位と比較] を選択します。

MATLAB 比較ツールが起動して比較を実行し、作業コピー内のファイルの修正バージョンとバージョン管理ツールに保存されている上位バージョンが比較されます。Simulink モデルを選択すると、Simulink® モデルの比較が実行されます。

[プロジェクト] ツールストリップ タブの [コミット] ボタンをクリックして、ソース管理に変更をコミットします。

リソース/プロジェクト フォルダーに格納されたファイルは、変更によって生成された内部のプロジェクト定義ファイルです。プロジェクト定義ファイルを使用すると、たとえばショートカットの作成、ラベルの追加、プロジェクトの説明の追加などによって、メタデータをファイルに追加できます。また、プロジェクト定義ファイルでは、プロジェクトに追加するファイルも定義できます。他のプロジェクト ファイルと同じように、プロジェクト定義ファイルのリビジョンで変更を確認できます。

プロジェクト情報の表示

プロジェクト ルート フォルダーの説明や保存場所を含む、現在開いているプロジェクトの情報を表示するには、[プロジェクト] ツールストリップ タブの [詳細] ボタンをクリックします。

ソース管理情報の表示

[プロジェクト] タブの [ソース管理] セクションに、コミットなどのソース管理操作を実行するボタンがあります。使用するツールの詳細を表示するには、このセクションの [詳細] ボタンをクリックします。

個々のファイルのソース管理情報 (変更や追加など) は、ファイル管理ビューの [Git] 列を参照してください。

プロジェクト ファイル ビューの使用

[ファイル] ビューの [プロジェクト ファイル ビュー] を使用してプロジェクト内のファイルを管理します。プロジェクトに存在するファイルのみが表示されます。

[ファイル] ビューで作業コピー内のすべてのファイルを表示するには、[プロジェクト ファイル ビュー] ボタンをクリックし、[すべてのファイル ビュー] を選択します。このとき、プロジェクトに存在するファイルだけでなく、プロジェクト ルートにあるすべてのファイルが表示されます。このビューは、作業コピー内に存在するがプロジェクトの一部にはなっていないファイルをプロジェクトに追加するときに役立ちます。

任意のファイルビューで、右上の [リスト] ボタンをクリックしてファイルをリストに表示します。

右上の "歯車" のアイコン ボタンをクリックして、ビューをカスタマイズしたりファイルを並べ替えたりします。

ファイル ビューの見出し行を右クリックしてファイルをグループ化します。

詳細情報

プロジェクト ドキュメンテーション