最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

複素指数出力に対する Trigonometric Function ブロックの動作

この例では、Trigonometric Function ブロックの 2 つの異なる構成で複素指数出力を比較します。

[近似法] を [CORDIC] とした場合、入力のデータ型は固定小数点となり、この例の場合は fixdt(1,16,2) となります。出力の小数部の長さは入力の語長から 2 を差し引いた値と等しくなるので、出力のデータ型は fixdt(1,16,14) となります。

[近似法] を [None] とした場合、入力のデータ型は浮動小数点でなければなりません。出力のデータ型は、入力のデータ型と同じです。