最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

入力データ型が固定小数点の関数 sincos

この例では、Trigonometric Function ブロックを使用して、固定小数点入力信号に対する sincos の CORDIC 近似を計算します。

Trigonometric Function ブロック パラメーターは次のとおりです。

  • 関数: sincos

  • 近似法: CORDIC

  • 反復回数: 11

CORDIC 近似法を使用する場合、Trigonometric Function ブロックは範囲 [-2pi,2pi) 内でなければなりません。入力が固定小数点信号で [近似法]CORDIC に設定されているため、Trigonometric Function ブロックの出力タイプは fixdt(1,13,11) です。出力の小数部の長さは、入力の語長から 2 を差し引いた値と等しくなります。