Main Content

simulink.schedule.createSchedule

特定のスケジュールと順序を使用して新しいスケジュールを作成

説明

outputSchedule = createSchedule(inputSchedule, partitionOrder) は、ベクトル partitionOrder で指定された順序に従って、simulink.schedule.OrderedSchedule オブジェクト inputSchedule に存在するすべての分割を使用して新しい simulink.schedule.OrderedSchedule オブジェクト sch を作成します。

outputSchedule = createSchedule(inputSchedule, partitionOrder, 'IgnoreExtra',true) は、パラメーター partitionOrder で指定された順序に従って simulink.schedule.OrderedSchedule オブジェクト Schedule に存在するすべての分割を使用して新しい simulink.schedule.OrderedSchedule オブジェクト sch を作成します。sch にまだ存在していない分割はすべて無視されます。PartitionOrder には inputSchedule のすべての分割が含まれていなければなりません。

入力引数

すべて折りたたむ

新しいスケジュールを作成するためにコピーされた既存の simulink.schedule.Orderedschedule オブジェクト。

目的の順序に並んだ分割名。string のベクトルとして指定します。

名前と値の引数

引数のオプションのペアを Name1=Value1,...,NameN=ValueN として指定します。Name は引数名、Value は対応する値です。名前と値の引数は他の引数の後に表示されなければなりませんが、ペアの順序は重要ではありません。

R2021a より前は、名前と値をそれぞれコンマを使って区切り、Name を引用符で囲みます。

例: 'IgnoreExtra', true

true と指定した場合、関数 createSchedule はオブジェクト inputSchedule に存在していない partitionOrder の追加の分割を無視します。

出力引数

すべて折りたたむ

新規または変更された simulink.schedule.Orderedschedule オブジェクト。

バージョン履歴

R2020a で導入