Main Content

setInputParameters

入力パラメーターの指定

説明

success = setInputParameters(ma, checkID, InputParameters) メソッドを使用して、モデル アドバイザーのチェックの入力パラメーターを指定します。

このメソッドにより、Simulink® Check™ を使用して作成するカスタム チェックにアクセスできます。詳細については、カスタム モデル アドバイザー チェックの定義 (Simulink Check)を参照してください。

入力引数

すべて折りたたむ

特定のモデル アドバイザー チェックについての入力パラメーターを指定する Simulink.ModelAdvisor オブジェクト。

入力パラメーターが適用されるモデル アドバイザーのチェック ID。このメソッドを現在アクティブなチェック関数内で使用する場合は、この引数を省略できます。

例: 'mathworks.design.UnconnectedLinesPorts'

モデル アドバイザー チェックの ModelAdvisor.InputParameter (Simulink Check) オブジェクトが含まれる cell 配列。

出力引数

すべて折りたたむ

モデル アドバイザーが入力パラメーターを指定したかどうかを示す Boolean 値。値 1 は、モデル アドバイザーが正常にチェックの入力パラメーターを指定したことを示します。値 0 は、モデル アドバイザーが入力パラメーターを指定しなかったことを示します。

バージョン履歴

R2006a で導入