ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Coulomb and Viscous Friction ブロックでのスカラー拡張

この例では、スカラー拡張を使用してベクトルを出力する Coulomb & Viscous Friction ブロックへのスカラー入力をもつモデルを説明します。

摩擦ブロックをダブルクリックしてパラメーターを表示します。[粘性摩擦係数 (Gain)] はスカラー値 2 ですが、[クーロン摩擦値 (Offset)] はベクトル値 [1 3 2 0] です。したがって、ブロックは要素単位のスカラー拡張を使用して、出力を計算します。

各出力は次の式を使用して計算されます。

たとえば、最初のオフセット 1 は次のように計算されます。

入力および Offset の次元が同じ場合、例外は不要です。