ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Rate Limiter Dynamic

信号の変化率を制限

  • ライブラリ:
  • Simulink / Discontinuities

説明

Rate Limiter Dynamic ブロックは、信号の上昇率および下降率を制限します。

  • 外部信号 up は、信号の上昇率の上限値を設定します。

  • 外部信号 lo は、信号の下降率の下限値を設定します。

Rate Limiter Dynamic ブロックを使用する際には以下のガイドラインに従ってください。

  • uplo のデータ型が入力信号 u のデータ型と同じになるようにします。

    下限が符号付きタイプを使用し、入力信号が符号なしタイプを使用する場合は、入力や下限に関係なく、出力信号は増加を続けます。

  • このブロックを含むモデルのシミュレーションには、固定ステップ ソルバーを使用します。

    Rate Limiter Dynamic ブロックは連続サンプル時間をサポートしないため、可変ステップ ソルバーでシミュレーションするとエラーが生じます。

端子

入力

すべて展開する

Rate Limiter アルゴリズムへの入力信号。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | fixed point

入力信号の下降率の限界を与える動的な値。信号データ型 lo を入力信号 u と同じデータ型にします。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | fixed point

入力信号の上昇率の限界を与える動的な値。信号データ型 up を入力信号 u と同じデータ型にします。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | fixed point

出力

すべて展開する

Rate Limiter アルゴリズムからの出力信号。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | fixed point | enumerated | bus

ブロックの特性

データ型

double | fixed point | integer | single

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

いいえ

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

PLC コード生成
Simulink® PLC Coder™ を使用して構造化テキスト コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

R2006a より前に導入