ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル パラメーター

モデル パラメーターについて

Simulink® モデルのプロパティ (パラメーター) をコマンド ラインからクエリまたは変更することができます。モデルを記述するパラメーターはモデル パラメーター、Simulink ブロックを記述するパラメーターはブロック パラメーターと呼ばれます。Simulink ブロックに共通のブロック パラメーターは、共通のブロック パラメーターと呼ばれます。ブロック固有のパラメーターもあります。マスクにもパラメーター、つまり、マスクされたブロックを記述するパラメーターがあります。

モデルおよびブロックのプロパティにはコールバックも含めることができます。これは、モデルやブロックにおいて特定のイベントが発生したときに実行されるコマンドです。これらのイベントには、モデルを開く、モデルをシミュレートする、ブロックをコピーする、ブロックを開くなどがあります。

次の表は、モデルを記述するパラメーターのアルファベット順の一覧を示しています。set_param コマンドを使用してこれらのパラメーターを設定できます。「説明」の列には、ダイアログ ボックスのどこでその値を設定できるかを示しています。

例については、モデル パラメーター設定の例を参照してください。「値」の列には、必要な値のタイプ、(垂直バーで区切った) 設定可能な値、および中かっこで囲んだ既定値を示しています。

表には、モデルのコールバック パラメーター (カスタマイズされたモデルの動作のコールバックを参照) も含めています。PreLoadFcn コールバックでモデル パラメーターを使用しないでください。代わりに PostLoadFcn コールバックで使用してください。

アルファベット順のモデル パラメーター

パラメーター

説明

AbsTol

測定された状態の値がゼロに近づくにつれた、ソルバーの最大許容誤差を指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインの [絶対許容誤差] で設定します。

{'auto'}

AccelVerboseBuild

Simulink アクセラレータ モード、モデル参照アクセラレータ モード、およびラピッド アクセラレータ モードのコード生成の詳細/簡易レベルを制御します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [詳細なアクセラレータのビルド] で設定します。

{'off'} | 'on'

AlgebraicLoopMsg

代数ループがあるときに行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断] ペインの [ソルバー] セクションにある [代数ループ] で設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

ArrayBoundsChecking

ブロックが割り当てられたメモリ外の場所にデータを書き込むときに行う診断アクションを選択します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [配列範囲の超過] で設定します。

{'none'} | 'warning' | 'error'

ArtificialAlgebraicLoopMsg

サブシステムの入力端子に直達があるために、そのサブシステムに代数ループの最小化を実行できない場合に行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断] ペインの [ソルバー] セクションにある [代数ループの最小化] で設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

AssertControl

現在のモデルのモデル検証ブロックをグローバルまたはローカルに有効にします。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [Model Verification ブロックを有効にする] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'EnableAll' | 'DisableAll'

AutoInsertRateTranBlk

Simulink ソフトウェアが、異なるサンプルレートのブロック間に非表示の Rate Transition ブロックを挿入するかどうかを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインの [データ転送に対するレート変換を自動的に取り扱う] で設定します。

'on' | {'off'}

BlockDescriptionStringDataTip

ブロックのユーザー指定の説明をデータ ヒントとして表示するかどうかを指定します。

Simulink エディターの [情報表示][ブロック][Block Tool Tip Options] メニューの [説明] で設定します。

'on' | {'off'}

BlockNameDataTip

ブロック名をデータのヒントとして表示するかどうかを指定します。Simulink エディターの [情報表示][ブロック][Block Tool Tip Options] メニューの [ブロック名] で設定します。

'on' | {'off'}

BlockParametersDataTip

ブロック パラメーターをデータのヒントとして表示するかどうかを指定します。

Simulink エディターの [情報表示][ブロック][Block Tool Tip Options] メニューの [パラメーター名と値] で設定します。

'on' | {'off'}

BlockPriorityViolationMsg

Simulink ソフトウェアでブロックの優先順位の仕様に関するエラーを検出したときに行う診断アクションを選択します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断] ペインの [ソルバー] セクションにある [ブロック優先順位違反] で設定します。

{'warning'} | 'error'

BlockReduction

ブロック削減最適化を有効にします。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ブロック削減] で設定します。

{'on'} | 'off'

BlockReductionOpt

詳細については、BlockReduction パラメーターを参照してください。

 

BooleanDataType

Boolean モードを有効にします。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [boolean データ (対 double) として論理信号を処理] で設定します。

{'on'} | 'off'

BrowserLookUnderMasks

Model Browser 内のマスク サブシステムを表示します。

Simulink エディターの [ツール表示][モデル ブラウザー] メニューの [システムにマスク パラメーターを含める] で設定します。

'on' | {'off'}

BrowserShowLibraryLinks

Model Browser 内のライブラリ リンクを表示します。

Simulink エディターの [ツール表示][モデル ブラウザー] メニューの [ライブラリ リンクを含める] で設定します。

'on' | {'off'}

BufferReusableBoundary

必要に応じて、再利用可能なサブシステム境界にバッファーを挿入します。

'on' | {'off'}

BufferReuse

ブロック I/O バッファーの再使用を有効にします。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [最適化] ペインのローカル ブロック出力の再利用 (Simulink Coder)で設定します。

{'on'} | 'off'

BusNameAdapt

Bus Selector および Bus Assignment のブロック パラメーター ダイアログ ボックスで、上流バス階層の変更のために壊れた選択を修復します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断]、[接続性] ペインのバス選択を修復で設定します。

{'WarnAndRepair'} | 'ErrorWithoutRepair'

BusObjectLabelMismatch

バス要素名が対応するバス オブジェクトによって指定された名前に一致しない場合に行う診断アクションを選択します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断]、[接続性] ペインの [要素名の不一致] で設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

CheckExecutionContextRuntimeOutputMsg

Simulink ソフトウェアで以前のリリースのものと異なる可能性のある出力を検出した場合に警告を表示するかどうかを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [実行コンテキストの実行時の出力をチェック] で設定します。

'on' | {'off'}

CheckForMatrixSingularity

詳細については、CheckMatrixSingularityMsg パラメーターを参照してください。

 

CheckMatrixSingularityMsg

Product ブロックが、行列乗算モードで入力の逆行列を計算するときに特異行列を検出した場合に行う診断アクションを選択します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データ有効性] 診断ペインの [特異値行列による除算] で設定します。

{'none'} | 'warning' | 'error'

CheckModelReferenceTargetMessage

Simulink ソフトウェアでリビルドする必要があるターゲットを検出した場合に行う診断アクションを選択します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [モデル参照] ペインのリビルドの診断をしないで設定します。

'none' | 'warning' | {'error'}

CheckSSInitialOutputMsg

未定義の初期サブシステム出力のチェックを有効にします。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [定義されていないサブシステムの初期出力のチェック] で設定します。

{'on'} | 'off'

CloseFcn

コマンドまたは変数で、コールバックのクローズ関数を設定。

[モデル プロパティ] ダイアログ ボックスの [コールバック] ペインの [モデル クローズ関数] で設定します。

詳細については、モデルのコールバックの作成を参照してください。

{''}

CompiledModelBlockNormalModeVisibility

シミュレーションされている最上位モデルまたはコンパイルされた状態の最上位モデルには、ノーマル モードの可視性が有効な Model ブロックの情報を返します。

戻り値は、ノーマル モードの可視性が有効な Model ブロックを示します。

ConditionallyExecuteInputs

条件付入力分岐実行最適化を有効にします。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [条件付き入力分岐実行] で設定します。

{'on'} | 'off'

ConsecutiveZCsStepRelTol

ゼロクロッシング イベント間の時間差に関連する相対許容誤差。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインの [時間の許容誤差] で設定します。

{'10*128*eps'}

ConsistencyChecking

S-Function に連続サンプル時間があるのに、複数回実行したときの結果が一貫しない場合に行う診断アクションを選択します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断] ペインの [ソルバー] セクションにある [ソルバー データの不整合] で設定します。

{'none'} | 'warning' | 'error'

ContinueFcn

シミュレーション続行時のコールバック。

[モデル プロパティ] ダイアログ ボックスの [コールバック] ペインの [シミュレーション続行関数] で設定します。

{''}

CovCompData

CovHtmlReportingon に、CovCumulativeReporton に設定されている場合に、このパラメーターは、モデル カバレッジ レポートに含める付加的なモデル カバレッジ データをもつ cvdata オブジェクトを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ][結果] ペインの [詳細設定パラメーター] セクションにある [レポートに含める追加のデータ] フィールドで設定します。

{''}

CovCumulativeReport

CovHtmlReportingon に設定されると、このパラメーターによって、CovCumulativeReportCovCompData パラメーターは、モデル カバレッジ レポートに表示されるカバレッジの結果の数を指定できます。

on に設定すると、Simulink Coverage™ ソフトウェアにより、連続するシミュレーションからのカバレッジの結果がレポートに表示されます。

off に設定すると、ソフトウェアにより、最後のシミュレーションのカバレッジの結果がレポートに表示されます。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ][結果] ペインの [詳細設定パラメーター] セクションにある [累積データをカバレッジ レポートに含める] オプションで設定します。

'on' | {'off'}

CovDataFileName

CovEnableon に設定されている場合は、Simulink Coverage でカバレッジ データの結果が保存されるファイルの名前を指定します。

{''}

CovCumulativeVarName

CovSaveCumulativeToWorkspaceVaron に設定すると、Simulink Coverage ソフトウェアにより、このプロパティで指定されるワークスペース変数に連続するシミュレーション結果が保存されます。

{'covCumulativeData'}

CovEnable

Simulink Coverage のカバレッジ解析を有効にします。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ] ペインの [カバレッジ解析を有効にする] で設定します。

'on' | {'off'}

CovEnableCumulative

連続シミュレーションからの Simulink Coverage のモデル カバレッジの結果を累積します。この設定と CovSaveCumulativeToWorkspaceVaron に設定して、複数のシミュレーションのモデル カバレッジの結果を 1 つの cvdata オブジェクトに収集します。

'on' | {'off'}

CovExternalEMLEnable

モデル内でコード生成のために呼び出される MATLAB® 関数により外部 MATLAB 関数のカバレッジを有効にします。この関数は、MATLAB Function ブロックまたは Stateflow® チャートで定義できます。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ][MATLAB ファイル] をオンにしてこの機能を有効にします。

{'on'} | 'off'

CovForceBlockReductionOff

CovForceBlockReductionOffon に設定すると、Simulink Coverage ソフトウェアは Simulink の [ブロック削減] パラメーターの値を無視します。ソフトウェアによってカバレッジを収集するモデル内のブロックごとにカバレッジ データが与えられます。

{'on'} | 'off'

CovHighlightResults

カバレッジ結果のモデルのカラーリングを有効にします。これは、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ][結果] ペインで [モデルのカラーリングを使用してカバレッジの結果を表示] を選択して有効にします。

メモ

カバレッジが有効な状態で、ツール バー ボタンを使用してモデルをシミュレートする場合は、この設定は使用されず、カバレッジ結果のモデルのカラーリングが、各シミュレーションの後に常に表示されます。結果エクスプローラーの [カバレッジの結果によりモデルを強調表示] をクリックして、モデル カバレッジの強調表示を有効または無効にすることもできます。結果エクスプローラーにアクセスするには、[解析][カバレッジ][結果エクスプローラーを開く] を選択します。詳細については、結果エクスプローラーからカバレッジ データへのアクセス (Simulink Coverage)を参照してください。

Simulink ツールストリップ テクノロジー プレビューを有効にした場合、モデルの強調表示の有効化と無効化は Simulink Coverage のコンテキスト タブから行います。コンテキスト タブは、[検証とテスト] の下で [カバレッジ アナライザー] アプリを開いたときに表示されます。

'on' | {'off'}

CovHTMLOptions

CovHtmlReportingon に設定されている場合は、このパラメーターを使って、結果のモデル カバレッジ レポートに対する表示オプションのセットから選択します。

モデルのカバレッジを記録した後に [結果エクスプローラー] 設定で次のオプションを選択します。

空白で区切られた付加された文字セットからなる文字ベクトル。HTML オプションは次の文字セットにおいて、それぞれ 1 または 0 の値で有効化または無効化されます (既定値を表示):

  • '-sRT=1' — レポートを表示

  • '-sVT=0' — Web ビュー モード

  • '-aTS=1' — モデルの summary に各テストを含める

  • '-bRG=1' — モデルの summary にバー グラフを生成

  • '-bTC=0' — バー グラフに 2 つの色を使用 (赤, 青)

  • '-hTR=0' — モデルの summary に hit/count 比を表示

  • '-xEM=0' — 実行メトリクスの詳細をレポートから除外

  • '-nFC=0' — 完全にカバーされているモデル オブジェクトをレポートから除外

  • '-nFD=1' — 完全にカバーされているモデル オブジェクトの詳細をレポートから除外

  • '-scm=1' — summary に循環的複雑度数を含める

  • '-bcm=1' — ブロックの details に、循環的複雑度数を含める

  • '-xEv=0' — レポートからの Stateflow イベントにフィルターをかける

  • '-xEM=0' — 実行メトリクスをレポートからフィルターにより除外

CovIncludeTopModel

最上位モデルをカバレッジ解析に含めるオプション。

{'on'} | 'off'

CovHtmlReporting

on に設定すると、Simulink Coverage ソフトウェアにより、シミュレーションの最後にカバレッジ データを含む HTML レポートが作成されます。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ][結果] ペインの [解析後にレポートを自動生成する] で設定します。

メモ

Simulink ツールストリップ テクノロジー プレビューを有効にし、カバレッジが有効な状態でツール バー ボタンを使用してモデルをシミュレートした場合、シミュレーション後に HTML レポートは表示されません。HTML レポートには、Simulink Coverage のコンテキスト タブからアクセスします。コンテキスト タブは、[検証とテスト] の下で [カバレッジ アナライザー] アプリを開いたときに表示されます。

'on' | {'off'}

CovLogicBlockShortCircuit

[Simulink 論理ブロックをカバレッジ解析のショートサーキットとして扱う] オプションを有効にします。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ] ペインで [Simulink 論理ブロックをショートサーキットして扱う] を選択して有効にします。

'on' | {'off'}

CovMcdcMode

カバレッジ解析中に使用する改良条件判定カバレッジ (MCDC) の定義を決定します。

マスキング MCDC 定義を使用してモデル カバレッジを記録するには、CovMcdcMode'Masking' に設定します。ユニークコーズ MCDC 定義を使用してモデル カバレッジを記録するには、CovMcdcMode'UniqueCause' に設定します。

{'Masking'} | 'UniqueCause'

CovMetricSettings

カバレッジ レポートのカバレッジ メトリクスを選択します。

カバレッジ メトリクスを有効にするには、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ] ペインの [カバレッジ メトリクス] セクションで各カバレッジのチェック ボックスをオンにします。

's' および 'w' のオプションを有効にするには、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ] ペインで、[Simulink 論理ブロックをショートサーキットして扱う] および [モデル内にサポートされていないブロックがある場合は警告する] をそれぞれ選択します。

オプション 'e' を無効にするには、モデルのカバレッジを記録した後に、[結果エクスプローラー] 設定の [モデルのカラーリングを使用してカバレッジの結果を表示] を選択します。

メモ

このパラメーターで設定されたメトリクスとオプションは、次のパラメーターでも設定できます。

  • CovHighlightResults

  • CovLogicBlockShortCircuit

  • CovMetricStructuralLevel

  • CovMetricLookupTable

  • CovMetricSignalRange

  • CovMetricSignalSize

  • CovMetricObjectiveConstraint

  • CovMetricSaturateOnIntegerOverflow

  • CovMetricRelationalBoundary

  • CovUnsupportedBlockWarning

{'dwe'}

各値の順序に関係なく、以下のようにカバレッジ メトリクスまたはオプションを有効にします。

  • 'd' — Decision カバレッジを有効にする

  • 'c' — 条件カバレッジと判定カバレッジを有効にする

  • 'm' — MCDC カバレッジ、条件カバレッジおよび判定カバレッジを有効にする

  • 't' — Look-up Table カバレッジを有効にする

  • 'r' — Signal Range カバレッジを有効にする

  • 'z' — 信号サイズ カバレッジを有効にする

  • 'o'Simulink Design Verifier™ ブロックのカバレッジを有効にする

  • 'i' — 整数オーバーフローでの飽和カバレッジを有効にする

  • 'b' — 関係演算子境界カバレッジを有効にする

  • 's' — Simulink Logic ブロックをショートサーキットとして扱う

  • 'w' — モデル内にサポートされていないブロックがある場合は警告する

  • 'e' — カバレッジ結果のモデルの色付けをしない

CovMetricLookupTable

ルックアップ テーブル カバレッジを有効にします。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ] ペインで [カバレッジ メトリクス] セクションの [ルックアップ テーブル] を選択して有効にします。

'on' | {'off'}

CovMetricObjectiveConstraint

Simulink Design Verifier オブジェクティブと制約カバレッジを有効にします。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ] ペインの [カバレッジ メトリクス] セクションで [オブジェクティブと制約] を選択して有効にします。

'on' | {'off'}

CovMetricRelationalBoundary

関係演算子境界カバレッジを有効にします。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ] ペインの [カバレッジ メトリクス] セクションで [関係演算子の境界] を選択して有効にします。

'on' | {'off'}

CovMetricSaturateOnIntegerOverflow

整数オーバーフローでの飽和カバレッジを有効にします。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ] ペインの [カバレッジ メトリクス] セクションで [整数オーバーフローで飽和] を選択して有効にします。

'on' | {'off'}

CovMetricSignalRange

信号範囲カバレッジを有効にします。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ] ペインの [カバレッジ メトリクス] セクションで [信号範囲] を選択して有効にします。

'on' | {'off'}

CovMetricSignalSize

信号サイズ カバレッジを有効にします。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ] ペインの [カバレッジ メトリクス] セクションで [信号サイズ] を選択して有効にします。

'on' | {'off'}

CovMetricStructuralLevel

構造カバレッジのレベルを定義します。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ] ペインの [構造カバレッジ レベル] で設定します。

'BlockExecution' | {'Decision'} | 'ConditionDecision' | 'MCDC'

CovModelRefEnable

CovModelRefEnableon または all に設定すると、Simulink Coverage ソフトウェアにより、すべての参照モデルのカバレッジ データが作成されます。CovModelRefEnablefiltered に設定すると、パラメーター CovModelRefExcluded で指定した参照モデルを除くすべての参照モデルのカバレッジ データが収集されます。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ] ペインの [参照モデルのカバレッジ] で設定します。

'on' | {'off'} | 'all' | 'filtered'

CovModelRefExcluded

CovModelRefEnablefiltered に設定すると、このパラメーターにカバレッジが無効になっている参照モデルのコンマ区切りリストが格納されます。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ] ペインの [参照モデルのカバレッジ] を選択し、[モデルを選択] をクリックして設定します。

{''}

CovNameIncrementing

CovSaveSingleToWorkspaceVaron に設定している場合に、CovNameIncrementingon に設定すると、Simulink Coverage ソフトウェアにより、結果のワークスペース変数名に数が付加されるため、以前の結果が上書きされません (たとえば、covdata1covdata2 など)。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ][結果] ペインの [ワークスペース変数の最後の実行を保存] チェック ボックスをオンにし、その下の [Increment variable name with each simulation] で設定します。

'on' | {'off'}

CovOutputDir

CovEnableon に設定されている場合は、Simulink Coverage でカバレッジ出力ファイルが保存されるディレクトリを指定します。

{''}

CovPath

Simulink Coverage ソフトウェアがカバレッジ データを収集してレポートを行うサブシステムのモデル パス。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ] ペインで [サブシステム] を選択し、[サブシステムの選択] をクリックして設定します。

{'/'}

CovReportOnPause

シミュレーションの途中で一時停止したときに、モデル カバレッジ レポートが現在の一時停止または停止時刻までのカバレッジ結果に更新された状態で表示されることを指定します。

{'on'} | 'off'

CovSaveCumulativeToWorkspaceVar

on に設定すると、Simulink Coverage ソフトウェアにより、CovCumulativeVarName で指定されるワークスペース変数に連続するシミュレーションの結果が蓄積して保存されます。

'on' | {'off'}

CovSaveName

CovSaveSingleToWorkspaceVaron に設定すると、Simulink Coverage ソフトウェアにより、最後のシミュレーションの実行結果がこのプロパティで指定されるワークスペース変数に保存されます。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ][結果] ペインの [ワークスペース変数の最後の実行を保存] チェック ボックスをオンにし、その下の [cvdata オブジェクト名] で設定します。

{'covdata'}

CovSaveSingleToWorkspaceVar

on に設定すると、Simulink Coverage ソフトウェアにより、最後のシミュレーションの実行結果が CovSaveName で指定されるワークスペース変数に保存されます。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの[カバレッジ][結果] ペインの [ワークスペース変数の最後の実行を保存] で設定します。

'on' | {'off'}

CovScope

カバレッジ記録の解析の範囲を設定します。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ] ペインの [Scope of analysis] セクションで設定します。

{'EntireSystem'} | 'ReferencedModels' | 'Subsystem'

CovSFcnEnable

モデル内の C/C++ S-Function ブロックのカバレッジを有効にします。この機能を有効にするには、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ] ペインで [C/C++ S-Function] をオンにします。詳細については、Simulink モデルのカスタム C/C++ コードのカバレッジ (Simulink Coverage)を参照してください。

'on' | {'off'}

CovShowResultsExplorer

シミュレーション後に結果エクスプローラーを表示するオプション。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ][結果] ペインで [結果エクスプローラーの表示] を選択して有効にします。

メモ

Simulink ツールストリップ テクノロジー プレビューを有効にし、カバレッジが有効な状態でツール バー ボタンを使用してモデルをシミュレートした場合、シミュレーション後に結果エクスプローラーは表示されません。結果エクスプローラーには、Simulink Coverage のコンテキスト タブからアクセスできます。コンテキスト タブは、[検証とテスト] の下で [カバレッジ アナライザー] アプリを開いたときに表示されます。

{'on'} | 'off'

CovUnsupportedBlockWarning

モデル内にサポートされていないブロックがある場合は警告します。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ] ペインで [モデル内にサポートされていないブロックがある場合は警告する] を選択して有効にします。

'on' | {'off'}

Created

モデルの作成日付と時刻。

[モデル プロパティ] ダイアログ ボックスの [履歴] ペインの [作成日] で設定します。

詳細については、モデル情報と履歴を参照してください。

文字ベクトル

Creator

モデルの作成者名。

[モデル プロパティ] ダイアログ ボックスの [履歴] ペインの [作成者] で設定します。

詳細については、モデル情報と履歴を参照してください。

文字ベクトル

CurrentBlock

内部で使用。

CurrentOutputPort

内部で使用。

CurrentOperatingPoint

シミュレーションが一時停止状態である場合にシミュレーションの操作点を保存します。Simulink.op.ModelOperatingPoint オブジェクト | {[]}

DataDictionary

このモデルがリンクされる Simulink データ ディクショナリ。

[モデル プロパティ] ダイアログ ボックスの [データ] ペインの [データ ディクショナリ][ベース ワークスペース] で設定します。

データ ディクショナリの基本的な情報は、データ ディクショナリとはを参照してください。このパラメーターをプログラムにより使用する場合は、プログラムによるディクショナリへのデータの格納を参照してください。

{''}

DataLoggingOverride

モデルの信号ログ オーバーライド設定を指定する Simulink.SimulationData.ModelLoggingInfo オブジェクト。

信号ログ設定のオーバーライドを参照してください。

Simulink.SimulationData.ModelLoggingInfo{'OverrideSignals'} | 'LogAllAsSpecifiedInModel'

DatasetSignalFormat

記録された Dataset リーフ要素の形式。

詳細については、データセットの信号形式を参照してください。

'timetable' | {'timeseries'}

DataTransfer

同時実行用に構成されたモデルのための、データ転送を構成する Simulink.GlobalDataTransfer オブジェクト。

'on' | {'off'}

DataTypeOverride

固定小数点データ型をオーバーライドするために使用されるデータ型を指定します。

固定小数点ツールの [データ型オーバーライド] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'ScaledDouble' | 'Double' | 'Single' | 'Off'

Decimation

Simulink ソフトウェアにより、N 点ごとに出力されることを指定します。N は、指定された間引き係数です。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データのインポート/エクスポート] ペインの [間引き] で設定します。

{'1'}

DefaultParameterBehavior

生成コードでブロック パラメーターのインライン化を有効にします。

[既定のパラメーター動作] で設定します。既定のパラメーター動作 (Simulink Coder)を参照してください。

'Inlined' | {'Tunable'}

DefaultAnnotationFontName

DefaultBlockFontName

DefaultLineFontName

FontName プロパティが 'auto' に設定されている新しい注釈テキスト、ブロック テキストまたは信号線ラベルに使用するフォント、および既存の注釈、ブロック名または信号線上のフォントの名前。

[ブロック線図][書式設定][モデルのフォント スタイル] ダイアログ ボックスで設定します。

文字ベクトル

DefaultAnnotationFontSize

DefaultBlockFontSize

DefaultLineFontSize

FontSize プロパティが -1 に設定されている新しい注釈テキスト、ブロック テキストまたは信号線ラベルに使用するフォント、および既存の注釈、ブロックまたは信号線上のフォントのサイズ。

[ブロック線図][書式設定][モデルのフォント スタイル] ダイアログ ボックスで設定します。

正の整数

DefaultAnnotationFontAngle

DefaultBlockFontAngle

DefaultLineFontAngle

FontAngle プロパティが 'auto' に設定されている新しい注釈テキスト、ブロック テキストまたは信号線ラベルのフォント、および既存の注釈、ブロックまたは信号線上のフォントの角度。

[ブロック線図][書式設定][モデルのフォント スタイル] ダイアログ ボックスで設定します。

{'normal'} | 'italic'

DefaultAnnotationFontWeight

DefaultBlockFontWeight

DefaultLineFontWeight

FontWeight プロパティが 'auto' に設定されている新しい注釈テキスト、ブロック テキストまたは信号線ラベルのフォント、および既存の注釈、ブロックまたは信号線上のフォントの太さ。

[ブロック線図][書式設定][モデルのフォント スタイル] ダイアログ ボックスで設定します。

{'normal'} | 'bold'

DefaultUnderspecifiedDataType

Simulink がデータ型の伝播中に信号のタイプを推測できない場合に、使用するデータ型を指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [数学とデータ型] ペインの指定不足のデータ型の既定値で設定します。

{'double'} | 'single'

DeleteChildFcn

子コールバック関数の削除。

[ブロック プロパティ] ダイアログ ボックスの [コールバック] ペインで作成します。

詳細については、ブロックのコールバックの指定を参照してください。

{''}

Description

モデルの説明。

[モデル プロパティ] ダイアログ ボックスの [説明] ペインの [モデルの説明] で設定します。

{''}

Dirty

このパラメーターが on の場合、モデルには保存されていない変更があります。

'on' | {'off'}

DiscreteInheritContinuousMsg

内部で使用。

 

DisplayBdSearchResults

内部で使用。

DisplayBlockIO

内部で使用。

DisplayCallgraphDominators

内部で使用。

DisplayCompileStats

内部で使用。

DisplayCondInputTree

内部で使用。

DisplayCondStIdTree

内部で使用。

DisplayErrorDirections

内部で使用。

DisplayInvisibleSources

内部で使用。

DisplaySortedLists

内部で使用。

DisplayVectorAndFunctionCounts

内部で使用。

DisplayVectPropagationResults

内部で使用。

EnableAccessToBaseWorkspace

モデルからのベース ワークスペースへのアクセスを有効にします。

モデルがデータ ディクショナリにリンクされていない場合は 'on' に設定しなければなりません。

{'on'} | 'off'

ExecutionContextIcon

サブシステム境界を超えて実行コンテキストを伝播しない条件付きサブシステムで実行コンテキスト バーを表示します。

Simulink エディターの [情報表示][信号と端子] メニューの [実行コンテキスト インジケーター] で設定します。

'on' | {'off'}

ExplicitPartitioning

タスクを手作業でマッピングする (明示的マッピング) か、レートベースのタスクを使用するかを指定します。

'on' | {'off'}

ExpressionFolding

式の畳み込みを有効にします。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの 余分なローカル変数の削除 (式の畳み込み) (Simulink Coder)で設定します。

{'on'} | 'off'

ExternalInput

ワークスペースから読み込む日付と時刻を指定するために使用する MATLAB ワークスペース変数の名前。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データのインポート/エクスポート] ペインの [入力] フィールドで設定します。

{'[t, u]'}

ExtMode...

名前が ExtMode で始まるパラメーターは Simulink エクスターナル モードのシミュレーションに適用されます。

詳細については、エクスターナル モード シミュレーションを使用したホストとターゲット間の通信 (Simulink Coder)を参照してください。

 

ExtrapolationOrder

ode14x 固定ステップ陰的ソルバーの外挿次数。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインの [外挿の次数] で設定します。

整数 — 1 | 2 | 3 | {4}

FastRestart

高速リスタート モードを有効または無効にします。

Simulink エディターのツール バーにある [高速リスタート] ボタンをクリックしてオンまたはオフにします。

{'on'} | 'off'

FcnCallInpInsideContextMsg

Function-Call Subsystem の呼び出しの実行中に、Simulink ソフトウェアが Function-Call Subsystem の入力を直接または間接的に計算しなければならないときに行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [接続性] 診断ペインの [コンテキスト依存の入力] で設定します。

{'Error'} | 'Warning'

FileName

内部で使用。

FinalStateName

シミュレーションの終了後にワークスペースに保存する最終状態の名前。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データのインポート/エクスポート] ペインの [最終状態] フィールドで設定します。

{'xFinal'}

FixedStep

固定ステップ サイズ。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインの [固定ステップ サイズ (基本サンプル時間)] で設定します。

{'auto'}

FixptConstOverflowMsg

シミュレーション中に固定小数点の定数のオーバーフローが起きたときに行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [型変換] 診断ペインの [オーバーフローの検出] で設定します。

{'none'} | 'warning' | 'error'

FixptConstPrecisionLossMsg

シミュレーション中に固定小数点の定数の桁落ちが起きたときに行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [型変換] 診断ペインの [桁落ちの検出] で設定します。

{'none'} | 'warning' | 'error'

FixptConstUnderflowMsg

シミュレーション中に固定小数点の定数のアンダーフローが起きたときに行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [型変換] 診断ペインの [アンダーフローの検出] で設定します。

{'none'} | 'warning' | 'error'

FixPtInfo

内部で使用。

FollowLinksWhenOpeningFromGotoBlocks

From ブロックのダイアログ ボックスを開くときに、モデルによって参照されるライブラリの Goto タグを検索するかどうかを指定します。

'on' | {'off'}

ForceArrayBoundsChecking

内部で使用。

ForceConsistencyChecking

内部で使用。

ForceModelCoverage

内部で使用。

ForwardingTable

このライブラリの転送テーブルを指定します。

詳細については、転送テーブルの作成を参照してください。

{{'old_path_1', 'new_path_1'} ... {'old_path_n', 'new_path_n'}}

ForwardingTableString

内部で使用。

GeneratePreprocessorConditionals

このパラメーターは、ERT ターゲット用のコードを生成する場合に、バリアント選択を C のプリプロセッサの条件ステートメント (#if) で囲むかどうかを決定します。

このオプションを選択すると、Simulink はブロック線図またはシミュレーションの更新中にバリアントのすべての選択を解析します。この解析によって、バリアントのすべての選択についてコード生成の準備状態の早期検証が行われます。

{'off'} | 'on'

GridSpacing

Simulink エディターには影響しません。このパラメーターは将来のリリースで削除されます。

整数 — {20}

Handle

このモデルのブロック線図のハンドル。

double

HardwareBoard

モデルを実行するハードウェアのタイプを選択します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ハードウェア実行] ペインのハードウェア ボードで設定します。

{'none'}

HideAutomaticNames

Simulink エディターによって自動的に付けられたブロック名が非表示になります。ブロック名の表示と非表示を参照してください。

{'on'} | 'off'

HiliteAncestors

内部で使用。

 

IgnoreBidirectionalLines

内部で使用。

IgnoredZcDiagnostic

無視されているゼロクロッシングに関する診断メッセージを制御します。

'none' | {'warning'} | 'error'

InheritedTsInSrcMsg

サンプル時間が継承される場合のメッセージの動作。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [サンプル時間] 診断ペインの [-1 のサンプル時間が指定されたソース ブロック] で設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

InitFcn

このモデルがシミュレーション用に最初にコンパイルされるときに呼ばれる関数。

[モデル プロパティ] ダイアログ ボックスの [コールバック] ペインの [モデル初期化関数] で設定します。

詳細については、モデルのコールバックの作成を参照してください。

{''}

InitialState

初期状態名または値。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データのインポート/エクスポート] ペインの [初期状態] フィールドで設定します。

変数またはベクトル — {'xInitial'}

InitialStep

初期ステップ サイズ。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインの [初期ステップ サイズ] で設定します。

{'auto'}

InitInArrayFormatMsg

初期状態が配列である場合のメッセージ動作。[初期状態] コンフィギュレーション パラメーターで指定されている初期状態を使用して設定します。

初期状態に配列は使用しないでください。配列内の要素の順序が、ブロックで初期化される順序と一致しない場合、シミュレーションは予期しない結果になる可能性があります。確定的なシミュレーション結果をプロモートするには、既定の設定を使用するか、診断を [エラー] に設定します。

または、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの初期状態が配列を使用してメッセージの動作を設定できます。

'none' | {'warning'} | 'error'

InsertRTBMode

Rate Transition ブロックの [確定的にデータ転送を確保 (最大遅延)] パラメーターを自動挿入の Rate Transition ブロックに設定するかどうかを制御します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインの [確定的なデータ転送] で設定します。

'Always' | {'Whenever possible'} | 'Never (minimum delay)'

InspectSignalLogs

シミュレーションの終了時またはシミュレーションを一時停止したときに、Simulink ソフトウェアが [シミュレーション データ インスペクター] ツールにログ信号を表示できるようにします。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データのインポート/エクスポート] ペインの [ワークスペース データのログをシミュレーション データ インスペクターに記録] で設定します。

'on' | {'off'}

InstrumentedSignals

モデル名と、ストリーミング用のマークが付けられている信号数のプロパティをもつ Simulink.HMI.InstrumentedSignals オブジェクトを返します。このオブジェクトから、ブロック パスと出力端子インデックスを使用して信号のストリーミングを制御できます。

オブジェクト — Simulink.HMI.InstrumentedSignals

Int32ToFloatConvMsg

32 ビット整数が単精度浮動小数点に変換されたときのメッセージの動作を指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [型変換] 診断ペインの [32 ビットの整数を単精度浮動小数点に変換] で設定します。

'none' | {'warning'}

IntegerOverflowMsg

整数のオーバーフローが起きたときのメッセージの動作を指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データ有効性] 診断ペインの [信号] セクションにあるオーバーフロー時にラップで設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

IntegerSaturationMsg

整数の飽和が起きたときのメッセージの動作を指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データ有効性] 診断ペインの [信号] セクションにあるオーバーフローで飽和で設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

InvalidFcnCallConnMsg

無効な関数呼び出し接続が存在するときのメッセージの動作を指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [接続性] 診断ペインの [無効な関数呼び出し接続] で設定します。

'warning' | {'error'}

Jacobian

内部で使用。

LastModifiedBy

このモデルを最後に変更したユーザーの名前。

文字ベクトル

LastModifiedDate

モデルが最後に保存された日付。

文字ベクトル

LibraryLinkDisplay

モデル内でリンクされているブロック (または無効のリンクをもつブロック、または変更されたリンクをもつブロック) を表示します。

Simulink エディターの [情報表示] メニューの [ライブラリ リンク] で設定します。

'none'| {'disabled'} |'user' | 'all'

none に設定すると、ブロックにリンク バッジは表示されません。

disabled に設定すると、ブロックで無効にされたリンク バッジが表示されます。

user に設定すると、ユーザーライブラリへのリンクのみ表示されます。

all に設定すると、すべてのリンクが表示されます。

LibraryType

内部で使用。

 

LifeSpan

経過時間または絶対時間に基づき、ブロックを含むアプリケーションがタイマーのオーバーフローになるまで実行できる期間 (日数) を指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [数学とデータ型] ペインの [アプリケーションのライフスパン (日)] で設定します。

{'auto'} | ゼロ以外の任意の正のスカラー値

LimitDataPoints

MATLAB ワークスペースにエクスポートするデータ点をいくつまでに制限するかを指定します。

[データ点の制限] コンフィギュレーション パラメーターで設定します。

{'on'} | 'off'

LinearizationMsg

内部で使用。

Lines

内部で使用。

LoadExternalInput

ワークスペースから入力を読み込みます。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データのインポート/エクスポート] ペインの [入力] チェック ボックスで設定します。

'on' | {'off'}

LoadInitialState

ワークスペースから初期状態を読み込みます。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データのインポート/エクスポート] ペインの [初期状態] チェック ボックスで設定します。

'on' | {'off'}

Location

内部で使用。

Lock

ブロック ライブラリをロックまたはロックを解除します。このパラメーターを on に設定すると、ユーザーが不注意でライブラリを変更することを防ぎます。

'on' | {'off'}

LockLinksToLibrary

ライブラリへのリンクのロックまたはロック解除を行います。このパラメーターを on に設定すると、Simulink エディターでリンク付きブロックが誤って変更されないようにできます。

'on' | {'off'}

LoggingFileName

永続的なストレージにログ記録するための LoggingToFile パラメーターを有効にするときに使用します。データのログ記録先である MAT ファイルを指定します。

{'out.mat'}

LoggingToFile

Dataset 形式を使用するログ データを永続ストレージ (MAT ファイル) に格納します。Simulink.SimulationData.DatasetRef オブジェクトを使用して信号ログ データおよび状態ログ データにアクセスすることで、データがモデル ワークスペースにインクリメンタルに読み込まれます。他の種類のログのデータにアクセスすると、すべてのデータが一度に読み込まれます。

この機能は、メモリの問題を引き起こす可能性がある大量のデータのログを作成する際に使用します。大きなデータセットのログの詳細については、永続ストレージへのデータの記録を参照してください。

'on' | {'off'}

MAModelExclusionFile

モデル アドバイザーの対象外指定ファイルの場所を指定します。

[モデル アドバイザーの対象外指定エディター] ダイアログ ボックスの [ファイル名] フィールドで設定します。

{' '}

MaskedZcDiagnostic

マスクされているゼロクロッシングに関する診断メッセージを制御します。

'none' | {'warning'} | 'error'

MaxConsecutiveMinStep

シミュレーション中の最小ステップ サイズ違反の許可数。このオプションは、ソルバー タイプが Variable-step で、ソルバーが ode 1 の場合に表示されます。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインの [連続的な最小ステップ数] で設定します。

{'1'}

MaxConsecutiveZCs

シミュレーション中の連続的なゼロクロッシングの許可数。このオプションは、ソルバー タイプが Variable-step で、ソルバーが ode 1 の場合に表示されます。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインの [連続的なゼロクロッシングの数] で設定します。

{'1000'}

MaxConsecutiveZCsMsg

Simulink ソフトウェアが連続的なゼロクロッシングの許可数を検出したときに行う診断アクションを指定します。このオプションは、ソルバー タイプが Variable-step で、ソルバーが ode 1 の場合に表示されます。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断] ペインの [ソルバー] セクションにある [連続的なゼロクロッシング違反] で設定します。

'none' | 'warning' | {'error'}

MaxDataPoints

保存する出力データ点の最大数。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データのインポート/エクスポート] ペインの [データ点の制限] フィールドで設定します。

{'1000'}

MaxMDLFileLineLength

モデル ファイルの行の長さを制御します。これは、ソース管理ツールに重要になる行の折り返しを防ぐために使用します。

バイト単位で最大長を指定します。これは日本語の文字数とは異なる場合があります。さらにタブが存在する場合は、列数とも異なります。

整数 — -1 (unlimited) or >= 80.

既定の設定は 120 です。

MaxNumMinSteps

ソルバーが最小ステップ サイズを使用する回数の最大値。

{'-1'}

MaxOrder

ode15s の最大次数。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインの [最大次数] で設定します。

'1' | '2' | '3' | '4' | {'5'}

MaxStep

最大ステップ サイズ。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインの [最大ステップ サイズ] で設定します。

{'auto'}

MdlSubVersion

内部で使用。

 

MergeDetectMultiDrivingBlocksExec

ソフトウェアにより、同じタイム ステップで実行する Merge ブロックへの 1 つを超える駆動ブロックが検出されたときに行う診断アクションを選択します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [同じタイム ステップで実行する複数の駆動ブロックを検出] で設定します。

{'none'} | 'warning' | 'error'

Metadata

モデルに関連付けられた任意のデータの名前と属性。モデルを読み込まなくてもこのメタデータ構造体を抽出するには、メソッドSimulink.MDLInfo.getMetadataを使用します。

構造体。フィールドは、文字ベクトル、"double" 型の数値行列、または別の構造体にすることができます。

MinMaxOverflowArchiveData

内部で使用。

 

MinMaxOverflowArchiveMode

固定小数点ログのログ タイプ。

固定小数点ツールの [モデル シミュレーション結果の上書きとマージ] で設定します。

{'Overwrite'} | 'Merge'

MinMaxOverflowLogging

固定小数点ログの設定。

固定小数点ツールの [固定小数点の計測機能モード] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'MinMaxAndOverflow' | 'OverflowOnly' | 'ForceOff'

MinStep

ソルバーの最小ステップ サイズ。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインの [最小ステップ サイズ] で設定します。

{'auto'}

MinStepSizeMsg

最小ステップ サイズに違反があったときに表示されるメッセージ。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断] ペインの [ソルバー] セクションにある [最小ステップ サイズ違反] で設定します。

{'warning'} | 'error'

ModelBlockNormalModeVisibility

set_param と共に使用する場合、指定されたモデル ブロックに対してノーマル モードの可視性を設定します。

このパラメーターは [Model ブロックのノーマル モードの可視性] ダイアログ ボックスで設定します。詳細については、ノーマル モードの可視性をもつインスタンスの指定を参照してください。

set_param を使用する場合、Simulink.BlockPath オブジェクトの配列、またはブロックまたはモデルへのパスである、文字ベクトルの cell 配列の cell 配列を使用します。

set_param を使用する場合、空の配列によりインスタンスの Simulink の既定の選択でノーマル モードの可視性を有効にすることを指定します。

ModelBlockNormaModeVisiblityBlockPath

ノーマル モードの可視性が有効な Model ブロックの情報を返します。編集中のモデルと共に使用します。

戻り値は、ノーマル モードの可視性が有効な Model ブロックを示します。ノーマル モードでの複数の参照モデル インスタンスのシミュレーションを参照してください。

ModelBrowserVisibility

モデル ブラウザーを表示します。

Simulink エディターの [ツール表示] メニューの [モデル ブラウザー] で設定します。

'on' | {'off'}

ModelBrowserWidth

モデルウィンドウ内の [モデル ブラウザー] ペインの幅。[モデル ブラウザー] ペインを表示するには、ModelBrowserVisibility パラメーターを参照してください。

整数 — {200}

ModelDataFile

内部で使用。

{''}

ModelDependencies

モデルの依存関係のリスト。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [モデル参照] ペインの [モデルの依存関係] で設定します。

{''}

ModelReferenceCSMismatchMessage

このパラメーターは互換性のみを目的として維持されています。このパラメーターは使用しないでください。

モデル アドバイザーを使用すると、Simulink が特定のコンフィギュレーション パラメーターを無視するアクセラレータ モードで参照されるモデルを特定できます。

  1. Simulink エディターで、[解析][モデル アドバイザー] を選択します。

  2. [タスク別] を選択します。

  3. [高速化されたモデル参照シミュレーション中に無視された診断設定をチェック] チェックを実行します。

詳細については、アクセラレータ モードで無視される診断コンフィギュレーション パラメーターを参照してください。

{'none'} | 'warning' | 'error'

警告またはエラーに設定されている場合、Simulink はこのパラメーターを無視します。

ModelReferenceDataLoggingMessage

サポートされないデータ ログが存在する場合に表示されるメッセージ。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [モデル参照] 診断ペインの [サポートされないデータ ログ] で設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

ModelReferenceExtraNoncontSigs

離散信号が、連続状態をもつブロックの入力に Model ブロックが通り抜けるように見えるときに行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断] ペインの [ソルバー] セクションにある [不要な離散微分信号] で設定します。

'none' | 'warning' | {'error'}

ModelReferenceIOMismatchMessage

端子とパラメーターの不一致があるときに表示されるメッセージ。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [モデル参照] 診断ペインの [端子とパラメーターの不一致] で設定します。

{'none'} | 'warning' | 'error'

ModelReferenceIOMsg

無効なルートの Inport / Outport ブロックの接続があるときに表示されるメッセージ。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [モデル参照] 診断ペインの [無効なルートの Inport/Outport ブロックの接続] で設定します。

{'none'} | 'warning' | 'error'

ModelReferenceMinAlgLoopOccurrences

代数ループの出現の最小化をオン/オフします。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [モデル参照] ペインの [代数ループの発生の最小化] で設定します。

'on' | {'off'}

ModelReferenceNumInstancesAllowed

最上位モデルごとに許可されるモデル参照インスタンスの総数。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [モデル参照] ペインの [最上位モデルごとに可能なインスタンスの総数] で設定します。

'Zero' | 'Single' | {'Multi'}

ModelReferencePassRootInputsByReference

スカラー ルート入力の値渡しをオン/オフします。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [モデル参照] ペインのコード生成で固定サイズのスカラーのルート入力を値渡しで行うで設定します。

{'on'} | 'off'

ModelReferenceSimTargetVerbose

このパラメーターは廃止されており、影響はありません。代わりに AccelVerboseBuild を使用してください。

 

ModelReferenceSymbolNameMessage

参照モデルにおいて、[識別子の最大の長さ] がモデル全体で一意のグローバル識別子を作成するのに十分な空間を提供しない場合に実行する診断アクションを指定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

ModelReferenceTargetType

内部で使用。

ModelReferenceVersionMismatchMessage

モデル ブロック バージョンの不一致があるときに表示されるメッセージ。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [モデル参照] 診断ペインの [Model ブロック バージョンの不一致] で設定します。

{'none'} | 'warning' | 'error'

ModelVersion

モデルのバージョン番号。

{'1.1'}

ModelVersionFormat

モデルのバージョン番号の書式。

[モデル プロパティ] ダイアログ ボックスの [履歴] ペインの [モデル バージョン] で設定します。

詳細については、モデル情報と履歴を参照してください。

{'1.%<AutoIncrement: 0>'}

ModelWorkspace

このモデルのモデル ワークスペース オブジェクトを参照。

Simulink.ModelWorkspace クラスのインスタンス

ModifiedByFormat

最終変更者の表示書式。

[モデル プロパティ] ダイアログ ボックスの [履歴] ペインの [最終編集者] で設定します。

詳細については、モデル情報と履歴を参照してください。

モデル エクスプローラーの [履歴] ペインの [モデル履歴] にある [最終編集者] でも設定できます。

{'%<Auto>'}

ModifiedComment

ユーザー コメント用のフィールド。

{''}

ModifiedDateFormat

LastModifiedDate パラメーターの値の生成に使用する書式。

[モデル プロパティ] ダイアログ ボックスの [履歴] ペインの [最終更新日] で設定します。

詳細については、モデル情報と履歴を参照してください。

{'%<Auto>'}

ModifiedHistory

モデルの履歴についてのメモを保存するための領域。

[モデル プロパティ] ダイアログ ボックスの [履歴] ペインの [モデル履歴] で設定します。

詳細については、モデル情報と履歴を参照してください。

モデル エクスプローラーの [履歴] ペインの [モデル履歴] フィールドでも設定できます。

{''}

MultiTaskCondExecSysMsg

Simulink ソフトウェアで、データの破損や非確定的な動作を起こす可能性のあるサブシステムが検出されたときに行う診断アクションを選択します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [サンプル時間] 診断ペインの [マルチタスクの条件付き実行サブシステム] で設定します。

'none' | 'warning' | {'error'}

MultiTaskDSMMsg

あるタスクが Data Store Memory ブロックから、別のタスクが書き込んだデータを読み込むときに行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データ有効性] 診断ペインの [マルチタスク データ ストア] で設定します。

'none' | 'warning' | {'error'}

MultiTaskRateTransMsg

マルチタスク モードで動作している 2 つのブロック間で正しくないレート変換が起きたときに行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [サンプル時間] 診断ペインの [マルチタスク レート変換] で設定します。

'warning' | {'error'}

Name

モデル名。

文字ベクトル

NonBusSignalsTreatedAsBus

Simulink が暗黙的に非バス信号をバス信号に変換して、バス信号を待っているブロックへの信号接続をサポートする時を検出します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断]、[接続性] ペインのバス信号として扱われる非バス信号

{'none'} | 'warning' | 'error'

NumberNewtonIterations

ode14x 固定ステップ陰的ソルバーにより実行されるニュートン法の反復回数。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインの [ニュートンの反復回数] で設定します。

整数 — {1}

NumStatesForStiffnessChecking

スティッフ性を計算するための、モデル内の連続状態数のしきい値。モデル内の連続状態の数が NumStatesForStiffnessChecking の値を超えると、自動ソルバーは ode15s を使用します。

詳細については、自動ソルバーによるソルバーの選択を参照してください。

{''}

ObjectParameters

モデル パラメーターの名前と属性。

構造体

Open

内部で使用。

 

OptimizeBlockIOStorage

信号ストレージ再利用の最適化が可能になります。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの信号ストレージの再利用 (Simulink Coder)で設定します。

{'on'} | 'off'

OutputOption

可変ステップ ソルバーのタイム ステップ出力オプション。

[コンフィギュレーション パラメーター][データのインポート/エクスポート][追加パラメーター][出力オプション] で設定します。

'AdditionalOutputTimes' |
{'RefineOutputTimes'} |
'SpecifiedOutputTimes'

OutputSaveName

モデル出力を保存するためのワークスペース変数。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データのインポート/エクスポート] ペインの [出力] フィールドで設定します。

{'yout'}

OutputTimes

[コンフィギュレーション パラメーター][データのインポート/エクスポート][追加パラメーター][出力オプション] パラメーターが [追加出力の生成] に設定されている場合に、出力時間が設定されます。

[出力時間] パラメーターを使用して設定します。

{'[]'}

メモ

[出力オプション] の値が [追加出力の生成] または [指定出力のみ生成] である場合、既定値の '[]' 以外の値に設定します。

PaperOrientation

印刷用紙の方向。

'portrait' | {'landscape'}

PaperPosition

PaperPositionModemanual に設定されている場合、このパラメーターにより、印刷時のブロック線図の位置とサイズ、およびグラフィックス ファイルとしてエクスポートされるブロック線図のサイズが、PaperUnits に指定された単位で決められます。

ベクトル — [left, bottom, width, height]

PaperPositionMode

用紙の位置のモード。

  • auto

    印刷時に、Simulink ソフトウェアによってブロック線図のサイズが印刷ページに合わせて変更されます。ブロック線図をグラフィックス イメージとしてエクスポートする場合、Simulink ソフトウェアによって、エクスポートされるイメージのサイズが、ブロック線図の元の画面上でのサイズと同じサイズに変更されます。

  • manual

    印刷時に、Simulink ソフトウェアによって、ブロック線図が PaperPosition により示されたページの位置とサイズに配置されます。ブロック線図をグラフィックス イメージとしてエクスポートする場合、Simulink ソフトウェアによって、エクスポートされるイメージのサイズが PaperPosition により示された高さと幅に変更されます。

  • tiled

    整列した印刷を有効にします。

    詳細については、タイル配置印刷を参照してください。

{'auto'} | 'manual' | 'tiled'

PaperSize

PaperUnits での PaperType のサイズ。

ベクトル — [width height] (読み取り専用)

PaperType

印刷用紙のタイプ。

'usletter' | 'uslegal' | 'a0' | 'a1' | 'a2' | 'a3' | 'a4' | 'a5' | 'b0' | 'b1' | 'b2' | 'b3' | 'b4' | 'b5' | 'arch-A' | 'arch-B' | 'arch-C' | 'arch-D' | 'arch-E' | 'A' | 'B' | 'C' | 'D' | 'E' | 'tabloid'

PaperUnits

印刷用紙のサイズの単位。

'normalized' | {'inches'} | 'centimeters' | 'points'

ParallelModelReferenceErrorOnInvalidPool

Simulink ソフトウェアが並列ビルドの開始前に並列プールの整合性チェックを実行するかどうかを指定します。

パラメーターを on に設定する場合、クライアントおよびリモート ワーカーは並列ビルドを開始するための次の条件を満たさなければなりません。

  • 並列プールが開いている。

  • プールが spmd 互換である。

  • ワーカーとクライアントの間でプラットフォームが一致している。

  • ワーカーに Simulink Real-Time™ ライセンスがある。

  • ワーカーとクライアント全体で共通のコンパイラがある。

パラメーターを off に設定する場合、ソフトウェアは失敗となる最初の条件に対して警告を表示し、連続ビルドを実行します。

{'on'} | 'off'

ParameterArgumentNames

このモデルが参照で呼ばれる場合に引数として使用されるパラメーターのリスト。

参照モデルのモデル ワークスペースで変数の [Arguments] 列をチェックして設定します。再利用可能な参照モデルのインスタンスのパラメーター化を参照してください。

{''}

ParameterDowncastMsg

シミュレーション中にパラメーター ダウンキャストが起きたときに行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データ有効性の診断] ペインの [ダウンキャストの検出] で設定します。

'none' | 'warning' | {'error'}

ParameterOverflowMsg

シミュレーション中にパラメーター オーバーフローが起きたときに行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データ有効性] 診断ペインの [オーバーフローの検出] で設定します。

'none' | 'warning' | {'error'}

ParameterPrecisionLossMsg

シミュレーション中にパラメーターの桁落ちが発生したときに行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データ有効性] 診断ペインの [桁落ちの検出] で設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

ParameterTunabilityLossMsg

サポートされていない関数または演算子が使用されているために、パラメーターを調整できないときに行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データ有効性] 診断ペインの [調整可能性の消失を検出] で設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

ParameterUnderflowMsg

シミュレーション中にパラメーター アンダーフローが起きたときに行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データ有効性] 診断ペインの [アンダーフローの検出] で設定します。

{'none'} | 'warning' | 'error'

ParamWorkspaceSource

内部で使用。

Parent

このオブジェクトを所有するモデルまたはサブシステムの名前。モデルに対するこのパラメーターの値は空の文字ベクトルです。

{''}

Pause

シミュレーション一時停止のコールバック。

[モデル プロパティ] ダイアログ ボックスの [コールバック] ペインの [シミュレーション一時停止関数] で設定します。

{''}

PortDataTypeDisplayFormat

[情報表示][信号と端子][端子のデータ型] を選択してモデル内の端子のデータ型を表示する場合は、データ型エイリアス、基本データ型またはその両方のどれを表示するか選択します。

Simulink エディターで、[情報表示][信号と端子][端子のデータ型の表示形式] により設定します。

{'AliasTypeOnly'} | 'BaseTypeOnly' | 'BaseAndAliasTypes'

PositivePriorityOrder

このモデルでターゲットとなるリアルタイム システムに対して並べ替えるための適切な優先順位を選択します。Simulink Coder™ ソフトウェアは、この情報を使用して非同期のデータ転送を実行します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインの [優先順位の値が高いほどタスクの優先順位が高いことを示す] で設定します。

'on' | {'off'}

PostLoadFcn

このモデルが読み込まれた直後に起動される関数。

[モデル プロパティ] ダイアログ ボックスの [コールバック] ペインの [モデル ポストロード関数] で設定します。

詳細については、モデルのコールバックの作成を参照してください。

{''}

PostSaveFcn

このモデルがディスクに保存された直後に起動される関数。ライブラリ リンク内部のブロックに対しては実行されません。

[モデル プロパティ] ダイアログ ボックスの [コールバック] ペインの [モデル ポストセーブ関数] で設定します。

詳細については、モデルのコールバックの作成を参照してください。

{''}

PreLoadFcn

プリロードする際のコールバック。

[モデル プロパティ] ダイアログ ボックスの [コールバック] ペインの [モデル プリロード関数] で設定します。

詳細については、モデルのコールバックの作成を参照してください。

{''}

PreSaveFcn

このモデルがディスクに保存された直前に起動される関数。save_system( A, B, 'BreakUserLinks', 'on') を使用する場合など、リンクを解除している場合を除き、ライブラリ リンク内部のブロックに対しては実行されません。

[モデル プロパティ] ダイアログ ボックスの [コールバック] ペインの [モデル プリセーブ関数] で設定します。

詳細については、モデルのコールバックの作成を参照してください。

{''}

ProdBitPerChar

このモデルによって使用されるハードウェア ボードがサポートする C の char データ型のビット長を指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ハードウェア実行] ペインの [Number of bits: char] で設定します。

整数 — {8}

ProdBitPerInt

このモデルによって使用されるハードウェア ボードがサポートする C の int データ型のビット長を指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ハードウェア実行] ペインの [Number of bits: int] で設定します。

整数 — {32}

ProdBitPerLong

このモデルによって使用されるハードウェア ボードがサポートする C の long データ型のビット長を指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ハードウェア実行] ペインの [Number of bits: long] で設定します。

整数 — {32}

ProdBitPerLongLong

このモデルによって使用されるハードウェア ボードがサポートする C の long データ型のビット長を指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ハードウェア実行] ペインの [Number of bits: long long] で設定します。

このパラメーターの値は、ProdBitPerLong の値以上の値でなければなりません。

整数 — {64}

ProdBitPerShort

このモデルによって使用されるハードウェア ボードがサポートする C の short データ型のビット長を指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ハードウェア実行] ペインの [Number of bits: short] で設定します。

整数 — {16}

ProdEndianess

このモデルにより使用されるハードウェア ボードにおけるデータ ワードの最初のバイトの格納位置を指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ハードウェア実行] ペインの [バイト順] で設定します。

{'Unspecified'} | 'LittleEndian' | 'BigEndian'

ProdEqTarget

このモデルから生成されるコードのテストに使用されるハードウェアが、製品ハードウェアと同じか、あるいは同じ特性をもつことを指定します。

{'on'} | 'off'

ProdHWDeviceType

ユーザーのマイクロ プロセッサに対する C 言語の制約を指定する特定のハードウェア デバイス。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ハードウェア実行] ペインの [デバイス ベンダー][デバイス タイプ] で設定します。

{'Generic->Unspecified (assume 32-bit Generic)'}

ProdIntDivRoundTo

このモデルの量産コードを作成する C コンパイラが、ある符号付き整数を他の符号付き整数で割って符号付き整数の商を生成する際の、結果の丸めの方法を指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ハードウェア実行] ペインの [符号付き整数の除算の丸め] で設定します。

'Floor' | 'Zero' | {'Undefined'}

ProdLargestAtomicFloat

ハードウェア ボードにアトミックに読み込みと保存ができる最大の浮動小数点データ型を指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ハードウェア実行] ペインの [最大 Atomic サイズ] の [浮動小数点] で設定します。

'Float' | 'Double' | {'None'}

ProdLargestAtomicInteger

ハードウェア ボードにアトミックに読み込みと保存ができる最大の整数データ型を指定します。

このパラメーターを 'LongLong' に設定するのは、製品ハードウェアが C の long long データ型をサポートし、ProdLongLongMode'on' に設定している場合だけです。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ハードウェア実行] ペインの [最大 Atomic サイズ] の [整数] で設定します。

{'Char'} | 'Short' | 'Int' | 'Long' | 'LongLong'

ProdLongLongMode

C コンパイラが C の long long データ型をサポートすることを指定します。ほとんどの C99 コンパイラは long long をサポートします。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ハードウェア実行] ペインの [long long のサポート] で設定します。

'on' | {'off'}

ProdShiftRightIntArith

このモデルの量産コードを作成する C コンパイラが、右シフト演算として符号付き整数の右シフトを実行するように指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ハードウェア実行] ペインの [算術シフトとして符号付き整数を右にシフト] で設定します。

{'on'} | 'off'

ProdWordSize

このモデルによって使用されるハードウェア ボードの語長をビット単位で指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ハードウェア実行] ペインの [Number of bits: native] で設定します。

整数 — {32}

Profile

このモデルのシミュレーション プロファイラを有効にします。

Simulink エディターの [解析] メニューの [プロファイラー レポートを表示] で設定します。

'on' | {'off'}

PropagateSignalLabelsOutOfModel

伝播信号の名前を Model ブロックの出力信号に渡します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [モデル参照] ペインの [参照モデルの外のすべての信号のラベルを伝播] で設定します。

詳細については、参照モデルの外のすべての信号のラベルを伝播を参照してください。

{'on'} | 'off'

PropagateVarSize

可変サイズの信号の参照モデルへの伝播方法を選択します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [モデル参照] ペインの [可変サイズの信号のサイズを伝播] で設定します。

詳細については、モデル コンフィギュレーション パラメーター: モデル参照を参照してください。

| 'Infer from blocks in model' | 'Only when enabling' | 'During execution'

ReadBeforeWriteMsg

現在のタイム ステップでデータを保存する前に、モデルがデータ ストアからデータを読み込もうとする際に行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データ有効性] 診断ペインの [書き込み前の読み取りを検出] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'DisableAll' | 'EnableAllAsWarning' | 'EnableAllAsError'

RecordCoverage

RecordCoverageon に設定されている場合、Simulink はシミュレーション中にモデル カバレッジ データを収集してレポートします。このレポートの形式は以下のパラメーターの値で制御されます。

CovCompData

CovCumulativeReport

CovCumulativeVarName

CovHTMLOptions

CovHtmlReporting

CovMetricSettings

CovModelRefEnable

CovModelRefExcluded

CovNameIncrementing

CovPath

CovReportOnPause

CovSaveCumulativeToWorkSpaceVar

CovSaveName

CovSaveSingleToWorkspaceVar

off に設定されていると、モデル カバレッジ データは収集もレポートもされません。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ] ペインの [システム全体] で設定します。

'on' | {'off'}

Refine

リファイン ファクター。

[コンフィギュレーション パラメーター][データのインポート/エクスポート][追加パラメーター][リファイン ファクター] で設定します。

{'1'}

RelTol

相対許容誤差。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインの [相対許容誤差] で設定します。

{'1e-3'}

RemoveDisableFunc

ERT ターゲットのモデル参照コンテキストの場合は、生成されたコードのどこからも到達できない生成された関数 disable を削除します。

Remove disable function (Embedded Coder)コンフィギュレーション パラメーターで設定します。

'on' | {'off'}

RemoveResetFunc

ERT ターゲットのモデル参照コンテキストの場合は、生成されたコードのどこからも到達できない生成された関数 reset を削除します。

Remove reset function (Embedded Coder)コンフィギュレーション パラメーターで設定します。

{'on'} | 'off'

ReportName

Report Generator に関連付けられたファイルの名前。

{'simulink-default.rpt'}

ReqHilite

Simulink のブロック線図内で、要件が関連付けられているすべてのブロックを強調表示します。

Simulink エディターの [解析][Requirements] メニューの [モデルの強調表示] で設定します。

'on' | {'off'}

RequirementInfo

内部で使用。

RootOutportRequireBusObject

バス オブジェクトがまだ指定されていないルート モデルの Outport ブロックをバスが入力する際に、行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [接続性] 診断ペインの [ルートの Outport ブロックの未指定のバス オブジェクト] で設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

RTPrefix

Simulink ソフトウェアで rt で始まるオブジェクト名を検出したときに行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データ有効性] 診断ペインの [識別子の "rt" 接頭辞] で設定します。

'none' | 'warning' | {'error'}

RTW...

RTW で始まるモデル パラメーターの詳細については、Simulink Coder ドキュメンテーションにある Simulink モデルのコンフィギュレーション パラメーターおよびパラメーター参照の解説を参照してください。

SampleTimeAnnotations

Simulink エディターの [情報表示][サンプル時間] メニューの [注釈] で設定します。

'on' | {'off'}

SampleTimeColors

Simulink エディターの [情報表示][サンプル時間の表示] メニューの [色] で設定します。

'on' | {'off'}

SampleTimeConstraint

このオプションは、ソルバー タイプが Fixed-step の場合に表示されます。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインの [周期的なサンプル時間の制約] で設定します。

{'Unconstrained'} | 'STIndependent' | 'Specified'

SampleTimeProperty

このモデルが使用するサンプル時間の優先順位を指定して割り当てます。このオプションは、[周期的なサンプル時間の制約][サンプル時間を制約する] に設定されている場合に表示されます。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインの [サンプル時間のプロパティ] で設定します。

フィールド SampleTimeOffset、および Priority を含む構造体。

SavedCharacterEncoding

モデルをエンコードするために使用する文字セットを指定します。詳細は、slCharacterEncoding コマンドを参照してください。

文字ベクトル

SaveDefaultBlockParams

内部で使用。

SavedSinceLoaded

モデルが読み込まれてから保存されたかどうかを示します。'on' はモデルが保存されたことを示します。

'on' | 'off'

SaveFinalState

最終状態をワークスペースに保存します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データのインポート/エクスポート] ペインの [最終状態] チェック ボックスで設定します。

'on' | {'off'}

SaveFormat

MATLAB ワークスペースにデータを保存する際に使用される書式。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データのインポート/エクスポート] ペインの [形式] で設定します。

{'Dataset'} | 'Structure' | 'StructureWithTime'| 'Array'

SaveOutput

シミュレーション出力をワークスペースに保存します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データのインポート/エクスポート] ペインの [出力] チェック ボックスで設定します。

オブジェクト関数 Simulink.SimulationOutput の名前またはプロパティ名と同じ変数名を使用しないでください。

{'on'} | 'off'

SaveState

ワークスペースに状態を保存します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データのインポート/エクスポート] ペインの [状態] チェック ボックスで設定します。

'on' | {'off'}

SaveTime

ワークスペースにシミュレーション時間を保存します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データのインポート/エクスポート] ペインの [時間] チェック ボックスで設定します。

オブジェクト関数 Simulink.SimulationOutput の名前またはプロパティ名と同じ変数名を使用しないでください。

{'on'} | 'off'

SaveWithDisabledLinksMsg

無効のライブラリ リンクを含むブロック線図を保存するときに行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [保存] 診断ペインの [ブロック線図は無効化されたライブラリ リンクを含んでいます] で設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

SaveWithParameterizedLinksMsg

パラメーター付きのライブラリ リンクを含むブロック線図を保存するときに行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [保存] 診断ペインの [ブロック線図はパラメーター付きのライブラリ リンクを含んでいます] で設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

ScreenColor

モデル ウィンドウの背景色。

Simulink エディターの [ブロック線図][書式設定] メニューの [キャンバスの色] で設定します。

'black' | {'white'} | 'red' | 'green' | 'blue' | 'cyan' | 'magenta' | 'yellow' | 'gray' | 'lightBlue' | 'orange' | 'darkGreen' | [r,g,b,a]。ここで、r, g, b は、赤、緑、青であり、a は、0.0 から 1.0 までの正規化された色成分のアルファ値です。アルファ値は無視されます。

ScrollbarOffset

内部で使用。

SFcnCompatibilityMsg

S-Function のアップグレードが必要なときに行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [互換性] 診断ペインの [アップグレードの必要な S-Function] で設定します。

{'none'} | 'warning' | 'error'

SFExecutionAtInitializationDiag

初期化時に実行されていないトリガーまたは有効なチャートを Stateflow が検出したときに実行する診断アクションを選択します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [Compatibility Diagnostics] ペインの入力イベントがある場合に無効になる初期化時実行によって設定します。

 

SFInvalidInputDataAccessInChartInitDiag

チャートが次の場合に行う診断アクションを選択します。

  • ExecuteAtInitialization プロパティが true に設定されている場合

  • チャートの初期化を行う既定の遷移またはステート entry アクションで入力データにアクセスする場合

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断][Stateflow] ペインの [チャート初期化の無効な入力データ アクセス] で設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

SFMachineParentedDataDiag

Stateflow が検出したマシンを親とするデータが、Data Store Memory のスコープのチャートを親とするデータで置き換えが可能な場合に、実行する診断アクションを選択します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断][Stateflow] ペインのデータ ストア メモリの代わりにマシンを親とするデータを使用で設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

SFNoUnconditionalDefaultTransitionDiag

チャートにステートへの無条件のデフォルト遷移がない場合に行う診断アクションを選択します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断][Stateflow] ペインの [無条件のデフォルト遷移がない] で設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

SFSelfTransitionDiag

リーフ ステートでの自己遷移を削除できるときに実行する診断アクションを選択します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断][Stateflow] ペインのリーフ ステートでの自己遷移で設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

SFSimEcho

MATLAB Function ブロック、Stateflow チャート、または Truth Table ブロックを含むモデルのシミュレーション中に、MATLAB コマンド ウィンドウに出力を表示できるようにします。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [シミュレーション ターゲット] ペインの [セミコロンなしの式をエコー] で設定します。

{'on'} | 'off'

SFTemporalDelaySmallerThanSampleTimeDiag

状態または遷移の絶対時間演算子が Stateflow ブロックのサンプル時間よりも短い時間値を使用している場合に実行する診断アクションを選択します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [シミュレーション ターゲット] ペインのサンプリング周期よりも短い絶対時間の時相値で設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

SFTransitionActionBeforeConditionDiag

複数のセグメントで構成された遷移を含む遷移パスで、条件アクションより前に遷移アクションが指定されている場合に実行する診断アクションを選択します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断][Stateflow] ペインの条件アクションの前に指定された遷移アクションで設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

SFTransitionOutsideNaturalParentDiag

チャートに親ステートまたはジャンクションの外部でループする遷移が含まれる場合に行う診断アクションを選択します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断][Stateflow] ペインの [自然な親を外れた遷移] で設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

SFUndirectedBroadcastEventsDiag

チャートに無向ローカル イベント ブロードキャストが含まれる場合に実行する診断アクションを選択します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断][Stateflow] ペインの [無向イベント ブロードキャスト] で設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

SFUnexpectedBacktrackingDiag

チャート ジャンクションが次の場合に行う診断アクションを選択します。

  • ステートまたは終端ジャンクションへの無条件の遷移パスがない

  • 複数の遷移パスが通じている

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断][Stateflow] ペインの [予期せぬバックトラッキング] で設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

SFUnreachableExecutionPathDiag

チャート構造が無効な実行パス上にある場合に実行する診断アクションを選択します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断][Stateflow] ペインの到達不能の実行パスで設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

SFUnusedDataAndEventsDiag

チャート内で未使用のデータおよびイベントを検出したときに行う診断アクションを選択します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断][Stateflow] ペインの [未使用のデータとイベント] で設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

ShapePreserveControl

各タイム ステップで微係数情報を使用して、積分の精度を改善します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインの [形状の保存] で設定します。

'EnableAll' | {'DisableAll'}

ShowGrid

Simulink エディターには影響しません。このパラメーターは将来のリリースで削除されます。

'on' | {'off'}

ShowLinearizationAnnotations

モデルの線形化アイコンをオン/オフします。

{'on'} | 'off'

ShowLineDimensions

このモデルのブロック線図上に信号の次元を表示します。

Simulink エディターの [情報表示][信号と端子] メニューの [信号の次元] で設定します。

'on' | {'off'}

ShowLineDimensionsOnError

内部で使用。

ShowLineWidths

廃止。代わりに ShowLineDimensions を使用してください。

 

ShowLoopsOnError

正しくないループをグラフィカルに強調表示します。

{'on'} | 'off'

ShowModelReferenceBlockIO

ブロック上の I/O 不一致の表示をオン/オフします。

Simulink エディターの [情報表示][ブロック] メニューの [参照モデルのブロック I/O 不一致] で設定します。

'on' | {'off'}

ShowModelReferenceBlockVersion

ブロックのバージョンの表示をオン/オフします。

Simulink エディターの [情報表示][ブロック] メニューの [参照モデルのブロック バージョン] で設定します。

'on' | {'off'}

Shown

内部で使用。

ShowPageBoundaries

Simulink エディターの背景上にページ境界を表示するかどうかをオン/オフします。

Simulink エディターの [ファイル][印刷] メニューの [ページの境界を表示] で設定します。

'on' | {'off'}

ShowPortDataTypes

モデルのブロック線図上に端子のデータ型を表示します。

Simulink エディターの [情報表示][信号と端子] メニューの [端子のデータ型] で設定します。

'on' | {'off'}

ShowPortDataTypesOnError

内部で使用。

ShowPortUnits

このモデルのブロック線図上に端子、サブシステム、および Model ブロックのアイコンの単位を表示します。

Simulink エディターの [情報表示][信号と端子] メニューで [端子の単位] を設定します。

'on' | {'off'}

ShowStorageClass

このモデルのブロック線図上に信号のストレージ クラスを表示します。

Simulink エディターの [形式][信号と端子] メニューの [ストレージ クラス] で設定します。

'on' | {'off'}

ShowTestPointIcons

このモデルのブロック線図にテスト ポイント アイコンを表示します。

Simulink エディターの [情報表示][信号と端子] メニューの [テスト ポイント/ログ インジケーター] で設定します。

{'on'} | 'off'

ShowViewerIcons

このモデルのブロック線図にビューアー アイコンを表示します。

Simulink エディターの [情報表示][信号と端子] メニューの [ビューアー インジケーター] で設定します。

{'on'} | 'off'

SignalInfNanChecking

ブロック出力の値が現在のタイム ステップで Inf または NaN のときに、行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データ有効性] 診断ペインの [Inf または NaN のブロックの出力] で設定します。

{'none'} | 'warning' | 'error'

SignalLabelMismatchMsg

信号ラベルの不一致が起こったときに行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [接続性] 診断ペインの [信号ラベルの不一致] で設定します。

{'none'} | 'warning' | 'error'

SignalLogging

このモデルに対し、信号ログをグローバルに有効にします。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データのインポート/エクスポート] ペインの [信号のログ] チェック ボックスで設定します。

{'on'} | 'off'

SignalLoggingName

ワークスペースに信号ログ データを保存するための名前。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データのインポート/エクスポート] ペインの [信号のログ] フィールドで設定します。

オブジェクト関数 Simulink.SimulationOutput の名前またはプロパティ名と同じ変数名を使用しないでください。

{'logsout'}

SignalLoggingSaveFormat

信号のログ データの保存形式。

{'Dataset'}

'ModelDataLogs' は、下位互換性のためにサポートされています。ただし、モデルを R2016a 以降で開いた場合、このパラメーターの設定に関係なく、信号ログでは Dataset 形式が使用されます。

SignalNameFromLabel

入力信号の名前をプログラム内で変更するたびに、Bus Creator ブロック入力信号の信号名を伝播します。

端子またはライン ハンドルのいずれか、および伝播する信号名を指定する文字ベクトルを使用して、set_param コマンドで設定します。

{''}

SignalRangeChecking

信号が指定した最小値または最大値を超えるときに行う診断アクションを選択します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データ有効性] 診断ペインの [シミュレーション範囲のチェック] で設定します。

{'none'} | 'warning' | 'error'

SignalResolutionControl

どの指定状態および信号が Simulink 信号オブジェクトに解決されるかを制御します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データ有効性] 診断ペインの [信号の関連付け] で設定します。

'None' |
{'UseLocalSettings'} |
'TryResolveAll' |
'TryResolveAllWithWarning'

SigSpecEnsureSampleTimeMsg

Signal Specification ブロックで指定される信号のソース端子のサンプル時間が信号の伝達先の端子と異なるときに行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [サンプル時間] 診断ペインの [Signal Specification ブロックで指定されたサンプル時間にする] で設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

SimBuildMode

MATLAB Function ブロック、Stateflow チャート、または Truth Table ブロックを含むモデルのシミュレーション ターゲットのビルド方法を指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [シミュレーション ターゲット] ペインの [シミュレーション ターゲットのビルド モード] で設定します。

{'sf_incremental_build'} | 'sf_nonincremental_build' | 'sf_make' | 'sf_make_clean' | 'sf_make_clean_objects'

SimCompilerOptimization

高速化されたコード生成中のコンパイラ最適化レベルを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [コンパイラ最適化レベル] で設定します。

'on' | {'off'}

SimCtrlC

MATLAB Function ブロック用に生成したコードの反応性チェックを有効にします。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [シミュレーション ターゲット] ペインの応答を確保で設定します。

{'on'} | 'off'

SimCustomHeaderCode

MATLAB Function ブロック、Stateflow チャート、または Truth Table ブロックを含むモデル用に生成したヘッダー ファイルの上部に表示されるコード行を入力します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [シミュレーション ターゲット][カスタム コード] ペインの [ヘッダー ファイル] で設定します。

{''}

SimCustomInitializer

MATLAB Function ブロック、Stateflow チャート、または Truth Table ブロックを含むモデルのシミュレーション開始時に一度実行するコード ステートメントを入力します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [シミュレーション ターゲット][カスタム コード] ペインの [初期化関数] で設定します。

{''}

SimCustomSourceCode

MATLAB Function ブロック、Stateflow チャート、または Truth Table ブロックを含むモデル用に生成したソース コード ファイルの上部に表示されるコード行を入力します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [シミュレーション ターゲット][カスタム コード] ペインの [ソース ファイル] で設定します。

{''}

SimCustomTerminator

MATLAB Function ブロック、Stateflow チャート、または Truth Table ブロックを含むモデルのシミュレーション終了時に実行するコード ステートメントを入力します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [シミュレーション ターゲット][カスタム コード] ペインの [終了関数] で設定します。

{''}

SimIntegrity

MATLAB Function ブロックの構築中にメモリの整合性の違反を検出し、診断を表示してシミュレーションを停止します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [シミュレーション ターゲット] ペインのメモリの整合性を確保で設定します。

{'on'} | 'off'

SimParseCustomCode

カスタム コードを解析し、モデル内の未解決のシンボルをレポートするかどうかを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [シミュレーション ターゲット][カスタム コード] ペインの [カスタム コードのシンボルを解析] で設定します。

{'on'} | 'off'

SimReservedNameArray

カスタム コードに指定した変数または関数の名前と一致する生成コード内の変数または関数の名前を入力します。このアクションにより、生成コードの識別子とMATLAB Function ブロック、Stateflow チャート、または Truth Table ブロックを含むモデルのカスタム コードの識別子の間の名前の競合を回避できます。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [シミュレーション ターゲット][記号] ペインの [予約名] で設定します。

文字ベクトル配列 — {{}}

SimulationCommand

シミュレーション コマンドを実行します。

メモ

MATLAB セッションに表示がない場合、つまり matlab -nodisplay を使用してセッションを開始した場合には、set_param を使用してシミュレーションを実行することができません。

'start' | 'stop' | 'pause' | 'continue' | 'step' | 'update' | 'WriteDataLogs' | 'SimParamDialog' | 'connect' | 'disconnect' | 'WriteExtModeParamVect' | 'AccelBuild'

SimulationMode

Simulink ソフトウェアをノーマル、アクセラレータ、ラピッド アクセラレータ、SIL、PIL、外部のどのモードで実行するかを指定します。

Simulink エディターの [シミュレーション][モード] メニューで設定します。

{'normal'} | 'accelerator' | 'rapid-accelerator' | 'external' | 'Software-in-the-loop (SIL)' | 'Processor-in-the-loop (PIL)'

SimulationStatus

シミュレーション ステータスを示します。

{'stopped'} | 'updating' | 'initializing' | 'running' | 'compiled' | 'paused' | 'terminating' | 'external'

SimulationTime

シミュレーションの現在の時間値。

double — {0}

OperatingPointInterfaceChecksumMismatchMsg

操作点を読み込む前にインターフェイスのチェックサムがモデルのチェックサムと一致していることを確認する場合にチェックします。

'none'|'warning'|error'

NonCurrentReleaseOperatingPointMsg

操作点が異なるバージョンの Simulink で生成されたことをレポートする場合にチェックします。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断] ペインで、Simulink がメッセージをエラーまたは警告としてレポートできるように診断を構成します。

'error'|'warning'

SimUserDefines

MATLAB Function ブロック、Stateflow チャートまたは Truth Table ブロックを含むモデルの生成コードに追加するプリプロセッサ マクロ定義のリストを、スペースで区切って入力します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [シミュレーション ターゲット][カスタム コード] ペインの [定義] で設定します。

{''}

SimUserIncludeDirs

MATLAB Function ブロック、Stateflow チャート、または Truth Table ブロックを含むモデルのコンパイルされたターゲットに含めるファイルのディレクトリ パスのスペース区切りのリストを入力します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [シミュレーション ターゲット][カスタム コード] ペインの [インクルード ディレクトリ] で設定します。

{''}

メモ

スペースを含む Windows® パス名をリストに含めた場合、引数内で次のように各インスタンスを二重引用符で囲まなければなりません。

'C:\Project "C:\Custom Files"'

SimUserLibraries

MATLAB Function ブロック、Stateflow チャート、または Truth Table ブロックを含むモデルのターゲットにリンクするためのカスタム オブジェクト コードを含むスタティック ライブラリのスペース区切りのリストを入力します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [シミュレーション ターゲット][カスタム コード] ペインの [ライブラリ] で設定します。

{''}

SimUserSources

コンパイルして、MATLAB Function ブロック、Stateflow チャート、または Truth Table ブロックを含むモデルのターゲットにリンクするためのソース ファイルのスペース区切りのリストを入力します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [シミュレーション ターゲット][カスタム コード] ペインの [ソース ファイル] で設定します。

{''}

SingleTaskRateTransMsg

シングル タスク モードで動作している 2 つのブロック間でレート遷移が起きたときに行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [サンプル時間] 診断ペインの [シングル タスク レート変換] で設定します。

{'none'} | 'warning' | 'error'

Solver

シミュレーションに使われるソルバー。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインの [ソルバー] ドロップダウン リストで設定します。

'VariableStepDiscrete' | {'ode45'} | 'ode23' | 'ode113' | 'ode15s' | 'ode23s' | 'ode23t' | 'ode23tb' | 'FixedStepDiscrete' |'ode8'| 'ode5' | 'ode4' | 'ode3' | 'ode2' | 'ode1' | 'ode14x'

EnableMultiTasking

このモデルのソルバー モード。このオプションは、ソルバー タイプが Fixed-step の場合に表示されます。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインの各離散レートを個別のタスクとして扱うで設定します。

'On' | {'Off'}

SolverName

シミュレーションに使われるソルバー。詳細については、Solver パラメーターを参照してください。

 

SolverPrmCheckMsg

Simulink ソフトウェアが自動的にソルバー パラメーターを選択する場合を制御する診断を有効化します。このオプションは、以下の場合にユーザーに通知します。

  • ユーザーが変更したパラメーターをモデルの他の設定と整合するように Simulink ソフトウェアが変更する場合

  • モデルに対するソルバー パラメーター (FixedStepSize など) を Simulink ソフトウェアが自動的に選択する場合

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断] ペインの [ソルバー] セクションにある [自動ソルバー パラメーターの選択] で設定します。

{'none'} | 'warning' | 'error'

SolverResetMethod

このオプションは、ソルバー タイプが Variable-step で、ソルバーが ode15s (stiff/NDF)ode23t (Mod. stiff/Trapezoidal)、または ode23tb (stiff/TR-BDF2) の場合に表示されます。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインの [ソルバーのリセット メソッド] で設定します。

{'Fast'} | 'Robust'

SolverType

シミュレーションに使われるソルバー。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインの [タイプ] で設定します。

{'Variable-step'} | 'Fixed-step'

SortedOrder

ブロック線図のモデル上のこのモデルのブロックの並べ替えられた順序を表示します。

Simulink エディターの [情報表示][ブロック] メニューの [ソートされた実行順序] で設定します。

'on' | {'off'}

StartFcn

シミュレーション開始時のコールバック。

[モデル プロパティ] ダイアログ ボックスの [コールバック] ペインの [シミュレーション スタート関数] で設定します。

詳細については、モデルのコールバックの作成を参照してください。

{''}

StartTime

シミュレーションの開始時間。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインの [開始時間] で設定します。

{'0.0'}

StateNameClashWarn

名前がモデル内の 1 つを超える状態で使われている場合に行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断] ペインの [ソルバー] セクションにある [状態名の衝突] で設定します。

'none' | {'warning'}

StateSaveName

ワークスペースに保存する状態出力名。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データのインポート/エクスポート] ペインの [状態] フィールドで設定します。

{'xout'}

StatusBar

Simulink エディターには影響しません。このパラメーターは将来のリリースで削除されます。

Simulink エディターの [ツール表示] メニューの [ステータス バー] で設定します。

{'on'} | 'off'

StiffnessThreshold

モデルがスティッフかどうかを判断するしきい値。

スティッフ性が StiffnessThreshold 値を超える場合、そのモデルはスティッフです。このパラメーターの既定値は 1000 です。詳細については、自動ソルバーによるソルバーの選択を参照してください。

{''}

StopFcn

シミュレーション終了時のコールバック。

[モデル プロパティ] ダイアログ ボックスの [コールバック] ペインの [シミュレーション ストップ関数] で設定します。

詳細については、モデルのコールバックの作成を参照してください。

{''}

StopTime

シミュレーション終了時間。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインの [終了時間] で設定します。

{'10.0'}

StrictBusMsg

Simulink ソフトウェアで、一部のブロックにより Mux またはベクトルとして扱われ、他のブロックからはバスとして扱われる信号が検出されたときに行う診断アクションを指定します。

有効にするには、MathWorks® 製品の複数のオプションでこのパラメーターを 'ErrorLevel1' または 'ErrorOnBusTreatedAsVector' に設定しなければなりません。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断]、[接続性] ペインにある [ベクトルとして扱われるバス信号] で設定します。

{'ErrorLevel1'} 'WarnOnBusTreatedAsVector'|
'ErrorOnBusTreatedAsVector'

SupportModelReferenceSimTargetCustomCode

アクセラレータ モードで参照モデルのシミュレーション (SIM) ターゲットのビルド中に Stateflow ブロックまたは MATLAB Function ブロックでカスタム C コードを使用します。

注意

アクセラレータ モードで参照モデルにカスタム C コードを使用すると、カスタム コードを使用しないでモデルをシミュレーションした場合とは異なる結果になる可能性があります。カスタム コードにバスまたは列挙型の構造体の宣言が含まれる場合、SIM ターゲットの生成は、ビルドの結果でこれらの構造体の宣言が重複する場合に失敗します。また、カスタム コードでバスまたは列挙型を表す構造体を使用すると、予期しないシミュレーション結果になる場合があります。

'on' | {'off'}

Tag

モデルの Tag パラメーターに割り当てられ、モデルと共に保存されたユーザーが指定したテキスト。

{''}

TargetBitPerChar

生成コードのテストに使用するハードウェアによってサポートされる C char データ型のビット単位の長さを指定します。

整数 — {8}

TargetBitPerInt

生成コードのテストに使用するハードウェアによってサポートされる C int データ型のビット単位の長さを指定します。

整数 — {32}

TargetBitPerLong

生成コードのテストに使用するハードウェアによってサポートされる C long データ型のビット単位の長さを指定します。

整数 — {32}

TargetBitPerLongLong

生成コードのテストに使用するハードウェアによってサポートされる C long long データ型のビット単位の長さを指定します。

このパラメーターの値は、TargetBitPerLong の値以上の値でなければなりません。

整数 — {64}

TargetBitPerShort

生成コードのテストに使用するハードウェアによってサポートされる C short データ型のビット単位の長さを指定します。

整数 — {16}

TargetEndianess

生成コードのテストに使用するハードウェアのデータ ワードの最初のバイトの重要性を指定します。

{'Unspecified'} | 'LittleEndian' | 'BigEndian'

TargetHWDeviceType

生成コードのテストに使用するハードウェアの特性を指定します。

{'Generic->Unspecified (assume 32-bit Generic)'}

TargetIntDivRoundTo

このモデルのテスト コードを作成する C コンパイラが、ある符号付き整数を他の符号付き整数で割って符号付き整数の商を生成する際の、結果の丸めの方法を指定します。

'Floor' | 'Zero' | {'Undefined'}

TargetLargestAtomicFloat

アトミックに読み込み、コードのテストに使用するハードウェアに保存できる最大の浮動小数点のデータ型を指定します。

'Float' | 'Double' | {'None'}

TargetLargestAtomicInteger

アトミックに読み込み、コードのテストに使用するハードウェアに保存できる最大の整数データ型を指定します。

このパラメーターを 'LongLong' に設定するのは、テスト ハードウェアが C の long long データ型をサポートし、TargetLongLongMode'on' に設定している場合だけです。

{'Char'} | 'Short' | 'Int' | 'Long' | 'LongLong'

TargetLongLongMode

C コンパイラが C long long データ型をサポートしていることを指定します。ほとんどの C99 コンパイラは long long をサポートします。

'on' | {'off'}

TargetShiftRightIntArith

このモデルのテスト コードを作成する C コンパイラが、右シフト演算として符号付き整数の右シフトを実行することを指定します。

{'on'} | 'off'

TargetTypeEmulation WarnSuppressLevel

ラピッド プロトタイピング環境で整数サイズをエミュレートするときに、Simulink Coder ソフトウェアに警告メッセージを表示するか非表示にするかを指定します。

整数 — {0}

TargetWordSize

生成コードのテストに使用するハードウェアのビット単位のワード長を指定します。

整数 — {32}

TasksWithSamePriorityMsg

タスクが同じ優先度をもつときに行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [サンプル時間] 診断ペインの [同じ優先順位をもつタスク] で設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

TiledPageScale

モデルと比較してタイル ページのサイズをスケールします。

{'1'}

TiledPaperMargins

各ページに関する余白のサイズを制御します。ベクトルの各要素は、個々の端での余白を表します。

ベクトル — [left, top, right, bottom]

TimeAdjustmentMsg

モデルの実行中に Simulink ソフトウェアでサンプル ヒット時間に微調整を加える場合に行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [サンプル ヒットの時間調整] で設定します。

{'none'} | 'warning'

TimeSaveName

シミュレーション時間名。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データのインポート/エクスポート] ペインの [時間] フィールドで設定します。

変数 — {'tout'}

TLC...

名前が TLC で始まるパラメーターはコード生成に使用されます。詳細については、Simulink Coder ドキュメンテーションを参照してください。

ToolBar

Simulink エディターには影響しません。このパラメーターは将来のリリースで削除されます。

Simulink エディターで、[ツール表示] メニューの [ツール バー] を使用してすべてのツール バーの表示/非表示を切り替えるか、[ファイル][Simulink 設定][エディターの既定値] ツール バー オプションを使用して特定のツール バーの表示/非表示を切り替えます。

{'on'} | 'off'

TryForcingSFcnDF

このフラグは、R12 より前にかかれたユーザー S-Function との下位互換性のために使用されます。

'on' | {'off'}

TunableVars

グローバル (調整できる) パラメーターのリスト。

[モデル パラメーター設定] ダイアログ ボックスで設定します。

{''}

TunableVarsStorageClass

調整可能なパラメーターの、対応するストレージ クラスのリスト。

[モデル パラメーター設定] ダイアログ ボックスで設定します。

{''}

TunableVarsTypeQualifier

調整可能なパラメーターの、対応するストレージ タイプ修飾子のリスト。

[モデル パラメーター設定] ダイアログ ボックスで設定します。

{''}

Type

Simulink オブジェクト タイプ (読み取り専用)。

{'block_diagram'}

UnconnectedInputMsg

未接続の入力端子の診断。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [接続性] 診断ペインの [接続されていないブロックの入力端子] で設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

UnconnectedLineMsg

未接続のラインの診断。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [接続性] 診断ペインの [接続されていないライン] で設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

UnconnectedOutputMsg

未接続の出力端子の診断。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [接続性] 診断ペインの [接続されていないブロックの出力端子] で設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

UnderSpecifiedDataTypeMsg

信号データ型を割り当てるためのヒューリスティクスの使用を検出します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データ有効性] 診断ペインの [指定不足のデータ型] で設定します。

{'none'} | 'warning' | 'error'

UnderspecifiedInitializationDetection

Simulink ソフトウェアで、条件付き実行サブシステム、Merge ブロック、サブシステムの経過時間、および Discrete-Time Integrator ブロックの初期条件の初期化をどのように処理するかを選択します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [指定不足の初期化の検出] で設定します。

{'classic'} | 'simplified'

UniqueDataStoreMsg

同じデータ ストア名を指定するData Store Memory ブロックがモデルに複数含まれるときに、行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データ有効性] 診断ペインの [データ ストア名の重複] で設定します。

{'none'} | 'warning' | 'error'

UnknownTsInhSupMsg

自分が含まれるモデルがサンプル時間を継承することを許可するかどうかを設定していないブロックを検出します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断][サンプル時間] ペインの [指定のないサンプル時間の継承] で設定します。

'none' | {'warning'} | 'error'

UnnecessaryDatatypeConvMsg

不必要なデータ型の変換ブロックを検出します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [型変換] 診断ペインの [不必要な型変換] で設定します。

{'none'} | 'warning'

UpdateHistory

モデルの履歴の更新についてユーザーにいつ通知するかを指定します。

[モデル プロパティ] ダイアログ ボックスの [履歴] ペインの [モデル履歴の更新でダイアログを表示]、またはモデル エクスプローラーの [履歴] ペインの [モデル履歴の更新でダイアログを表示] で設定します。

詳細については、モデル情報と履歴を参照してください。

{'UpdateHistoryNever'} | 'UpdateHistoryWhenSave'

UpdateModelReferenceTargets

このモデルのコードを更新、シミュレート、生成する前に参照モデルに対するシミュレーションと Simulink Coder ターゲットをリビルドするかどうかを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [モデル参照] ペインの [リビルド] で設定します。

'IfOutOfDate' | 'Force' | 'AssumeUpToDate' | {'IfOutOfDateOrStructuralChange'}

UseAnalysisPorts

内部で使用。

 

UseDivisionForNetSlopeComputation

単純性と正確性の条件が満たされている場合に、除算を使って正味勾配計算を処理します。

{'off'} | 'on' | 'UseDivisionForReciprocalsOfIntegersOnly'

VectorMatrixConversionMsg

ベクトルから行列、または行列からベクトルへの変換を検出します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [型変換] 診断ペインの [ベクトル/行列ブロック入力変換] で設定します。

{'none'} | 'warning' | 'error'

Version

現在実行中の Simulink のバージョン ('7.6' など)。Service Pack を適用した場合、関数 ver の戻り値には桁表示が追加されます (7.4.1 (R2009bSP1) など)。ブロック線図をメモリに読み込まずにバージョン情報を取得する方法は、Simulink.MDLInfoを参照してください。

double (読み取り専用)

VersionLoaded

モデルを最後に保存した Simulink のバージョン ('7.6' など)。Service Pack を適用した場合、関数 ver の戻り値には桁表示が追加されます (7.4.1 (R2009bSP1) など)。SavedSinceLoaded も参照してください。

ブロック線図をメモリに読み込まずにバージョン情報を取得する方法は、Simulink.MDLInfoを参照してください。

double (読み取り専用)

WideLines

ベクトルまたは行列信号を伝達するラインをスカラー信号を伝達するラインよりも太く描画します。

Simulink エディターの [情報表示][信号と端子] メニューの [非スカラー ラインを太く表示] で設定します。

'on' | {'off'}

WideVectorLines

廃止。代わりに WideLines を使用してください。

 

WriteAfterReadMsg

モデルがデータ ストアから前にデータを読み込み後、現在のタイム ステップでデータ ストアにデータを保存しようとするときに、行う診断を指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データ有効性] 診断ペインの [読み取り後の書き込みを検出] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'DisableAll' | 'EnableAllAsWarning' | 'EnableAllAsError'

WriteAfterWriteMsg

モデルが現在のタイム ステップで 2 回続けてデータ ストアにデータを保存しようと試みたときに、行う診断アクションを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データ有効性] 診断ペインの [書き込み後の書き込みを検出] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'DisableAll' | 'EnableAllAsWarning' | 'EnableAllAsError'

ZCThreshold

ゼロクロッシングの検出中に使用する不感帯領域を指定します。この領域内に入る信号は、零点を横切ったものと定義されます。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインの [信号のしきい値] で設定します。

{'auto'} | 0 以上の任意の実数

ZeroCross

内部で使用。

ZeroCrossAlgorithm

可変ステップ ソルバーを選択したときにゼロクロッシングを検出するアルゴリズムを指定します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインのアルゴリズムで設定します。

{'Nonadaptive'} | 'Adaptive'

ZeroCrossControl

ゼロクロッシング検出を有効にします。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインの [ゼロクロッシング コントロール] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'EnableAll' | 'DisableAll'

ZoomFactor

標準 (100%) に対するパーセント、あるいはキーワード FitSystem または FitSelection で表された Simulink エディター ウィンドウのズーム ファクター。

Simulink エディターの [ツール表示] メニューのズーム コマンドで設定します。

{'100'} | 'FitSystem' | 'FitSelection'

モデル パラメーター設定の例

以下の例では、mymodel システムに対するモデル パラメーターの設定方法を示します。

次のコマンドは、シミュレーションの開始時間と終了時間を設定します。

set_param('mymodel','StartTime','5','StopTime','100')

次のコマンドは、ソルバーを ode15s に設定し、最大次数を変更します。

set_param('mymodel','Solver','ode15s','MaxOrder','3')

次のコマンドは、PostSaveFcn コールバックに関連付けます。

set_param('mymodel','PostSaveFcn','my_save_cb')