Main Content

Atomic Subsystem からの入力をもつ Merge ブロック

この例では、2 つの Atomic Subsystem の入力をもつ Merge ブロックを示します。

各 Atomic Subsystem ブロックは Enabled Subsystem を含みます。これによって、Merge ブロックへの入力は条件付きで実行されたサブシステムからの入力という要件が満たされます。