Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Combinatorial Logic ブロックと Memory ブロックによる有限ステート マシンの実装

ex_sldemo_clutch の例では、Memory ブロックを Combinatorial Logic ブロックと一緒に使用して有限ステート マシンを実装する方法を示します。この構成は Friction Mode Logic/Lockup FSM サブシステム内にあります。

Memory ブロックは [サンプル時間を継承] が選択されていないため、モデルをシミュレートするためのブロックのサンプル時間はソルバーのタイプによって決定します。この例では、可変ステップ (ode23) ソルバーがモデルで使用されます。したがって、Memory ブロックのサンプル時間は連続ですが、マイナー タイム ステップ [0, 1] で固定されます。

関連するトピック