Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

フレームベースの処理で Delay ブロックを使用するバス信号

この例では、フレームベースの処理において、バス信号を Delay ブロックがサポートする方法を示します。

各 Constant ブロックは、Bus Creator ブロックへの入力信号を供給し、このブロックは 2 次元バス信号を出力します。バス信号は Delay ブロックにより 3 サンプリング周期遅延された後、Bus Selector ブロックにより元の 2 つの信号に分離されます。

モデルは、バス信号について次のルールに従います。

  • 初期条件として、ダイアログ ボックスで値を設定します。

  • フレームベースの処理の場合、データ入力端子 u の信号の次元は 2 よりも大きくはできません。

モデルは、次の方法でルールを実装します。

  • [初期条件] をスカラー値 0 に設定する。

  • Delay ブロックへのバス入力を 2 つの次元として設定する。