Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

na_0037: 単一変数のバリアント条件式の使用

サブ ID 推奨事項

  • NA-MAAB — a

  • JMAAB — a

MATLAB バージョン

すべて

ルール

サブ ID a

複数の変数から構成される複合条件を禁止するために、バリアント条件が使用されます。

例外

既定のバリアントを使用している場合は、複数の変数から構成される条件式を使用できます。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

バリアント条件は、複数の変数から構成される単一の条件で設定されています。

条件の方程式では、列挙型変数の使用が推奨されます。この例では、数値を使用して可読性を向上させています。

例 — 誤

バリアント条件は、複数の変数から構成される複合条件で設定されています。

根拠

サブ ID a:

  • 条件が複雑になり、アクティブになるサブシステムが分かりにくくなります。これにより、条件が抜け漏れする可能性があります。

  • 条件が抜け漏れした場合、アクティブなサブシステムが存在しなくなるリスクがあります。

検証

モデル アドバイザー チェック: Check use of single variable variant conditionals (Simulink Check)

最終更新

R2020a

R2020a で導入