Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

na_0020: バリアント システムへの入力数

サブ ID 推奨事項

  • NA-MAAB — b

  • JMAAB — a、b

MATLAB バージョン

すべて

ルール

サブ ID a

Variant Subsystem ブロックおよびその子サブシステムまたはモデル参照の入力/出力の数を同一にします。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

例 — 誤

子サブシステムへの入力数が異なります。

サブ ID b

Variant Model ブロックの入力/出力の数は、その参照モデルと同一します。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

例 — 誤

参照モデルへの入力数が、Variant Model ブロックへの入力数と異なります。

根拠

サブ ID a、b:

  • 入力/出力の数が異なる場合、未接続の信号が意図せず見落とされる可能性があります。

検証

モデル アドバイザー チェック: Check for missing ports in Variant Subsystems (Simulink Check)

最終更新

R2020a

R2020a で導入