Main Content

ソルバー

hisl_0040: [コンフィギュレーション パラメーター]、[ソルバー]、[シミュレーション時間]

ID: タイトルhisl_0040: [コンフィギュレーション パラメーター]、[ソルバー]、[シミュレーション時間]
説明

シミュレーション時のコンフィギュレーション パラメーターを次のように設定します。

A

[開始時間]0.0 に設定する。

B

[終了時間][アプリケーションのライフスパン (日)] の値より小さい正の値に設定にする。

メモ:

Simulink® ではシミュレーションにゼロ以外の開始時間を指定できます。ただし、量産コード生成では開始時間をゼロにしなければなりません。

[終了時間] は秒単位で、[アプリケーションのライフスパン (日)] は日単位です。

コンフィギュレーション パラメーター [アプリケーションのライフスパン (日)]auto (既定の設定) に設定されている場合は、[終了時間] に任意の正の値を指定できます。

根拠A量産コード生成に有効なコードを生成する。
モデル アドバイザー チェックCheck safety-related solver settings for simulation time (Simulink Check)
参考文献
  • DO-331 Section MB.6.3.1.g—Algorithms are accurate
    DO-331 Section MB.6.3.2.g—Algorithms are accurate

  • IEC 61508-3, Table A.3 (3) 'Language subset'

  • IEC 62304, 5.5.3 - Software Unit acceptance criteria

  • ISO 26262-6, Table 1 (1b) 'Use of language subsets'

  • EN 50128, Table A.4 (11) 'Language Subset'

参考
最終更新R2017b

hisl_0041: [コンフィギュレーション パラメーター]、[ソルバー]、[ソルバーオプション]

ID: タイトルhisl_0041: [コンフィギュレーション パラメーター]、[ソルバー]、[ソルバーオプション]
説明

高信頼性システムの開発に使用されるモデルの場合は、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインで、ソルバーのパラメーターを次のように設定します。

A

[タイプ][固定ステップ] に設定する。

B

[ソルバー][離散 (連続状態なし)] に設定する。

メモ:

量産用のコード生成には固定ステップの離散ソルバーが必要です。

根拠A、B量産コード生成に有効なコードを生成する。
モデル アドバイザー チェックCheck safety-related solver settings for solver options (Simulink Check)
参考文献
  • DO-331 Section MB.6.3.1.g—Algorithms are accurate
    DO-331 Section MB.6.3.2.g—Algorithms are accurate

  • IEC 61508-3, Table A.3 (3) 'Language subset’

  • IEC 62304, 5.5.3 - Software Unit acceptance criteria

  • ISO 26262-6, Table 1 (1b) 'Use of language subsets'

  • EN 50128, Table A.4 (11) 'Language Subset'

参考

Simulink ドキュメンテーションの[ソルバー] ペイン

最終更新R2017b

hisl_0042: [コンフィギュレーション パラメーター]、[ソルバー]、[タスクとサンプル時間オプション]

ID: タイトルhisl_0042: [コンフィギュレーション パラメーター]、[ソルバー]、[タスクとサンプル時間オプション]
説明

コンフィギュレーション パラメーター [データ転送に対するレート変換を自動的に取り扱う] をクリアします。

メモ:

[データ転送に対するレート変換を自動的に取り扱う] チェック ボックスをオンにすると、対応するモデル構築なしにレート変換コードが挿入される可能性があります。その結果、完全なトレーサビリティの確立が妨げられたり、意図しない関数が導入されていないことが表示される可能性があります。

[優先順位の値が高いほどタスクの優先順位が高いことを示す] チェック ボックスをオンまたはオフにすることができます。このチェック ボックスをオンにすると、[サンプル時間のプロパティ] の優先順位で、最高優先順位に小さい値を使用するか大きい値を使用するかを指定できます。

根拠完全に指定されたモデルと明確なコードをサポートする。
モデル アドバイザー チェックCheck safety-related solver settings for tasking and sample-time (Simulink Check)
参考文献
  • DO-331, Section MB.6.3.4.e 'Source code is traceable to low-level requirements’

  • IEC 61508-3, Table A.3 (3) 'Language subset’

  • IEC 62304, 5.5.3 - Software Unit acceptance criteria

  • ISO 26262-6, Table 1 (1b) 'Use of language subsets'

  • EN 50128, Table A.4 (11) 'Language Subset'

参考

Simulink ドキュメンテーションの[ソルバー] ペイン

最終更新R2018a