Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

cgsl_0102: ルックアップ テーブルでの等間隔のブレークポイント

ID: タイトルcgsl_0102: ルックアップ テーブルでの等間隔のブレークポイント
説明Lookup Table ブロックと Prelookup ブロックを使用する場合、以下に従ってください。
A"固定小数点以外のデータ型" では、入力軸に等間隔のブレークポイントを使用する。
B"固定小数点データ型" では、入力軸に 2 のべき乗間隔のブレークポイントを使用する。
メモ:等間隔のブレークポイントは生成コードに除算演算が含まれるのを防ぐため、実行速度が向上します。
根拠A ROM 使用量と実行速度を向上させる。
B

実行速度を向上させる。

等間隔でないデータに比べて、2 のべき乗データは以下の可能性がある。

  • 細かいステップ サイズが必要な場合にデータの RAM 使用量が増える。

  • 粗いステップ サイズを使用する場合に精度が低くなる。

等間隔のデータセットに比べて、メモリまたは精度のコストが最も小さい。

モデル アドバイザー チェック

[製品別][Embedded Coder][問題のある固定小数点演算を特定します]

チェックの詳細については、問題のある固定小数点演算の特定 (Embedded Coder)を参照してください。

参考

等間隔ブレークポイントの定式化

最終更新R2010b