Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ベクトル/行列ブロック入力変換

説明

ブロック入力でベクトルから行列への変換、または行列からベクトルへの変換が Simulink® ソフトウェアで検出されたときに行う診断アクションを選択します。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: なし

なし

Simulink ソフトウェアはいかなるアクションも実行しません。

警告

Simulink ソフトウェアが警告を表示します。

エラー

Simulink ソフトウェアはシミュレーションを終了し、エラー メッセージを表示します。

ヒント

Simulink ソフトウェアは、次の場合、ベクトルを行または列の行列に、あるいは行または列の行列をベクトルに変換します。

  • 行列を必要とする入力にベクトル信号が接続される場合、Simulink ソフトウェアは、ベクトルを 1 行または 1 列の行列に変換します。

  • 1 列あるいは 1 行の行列が、ベクトルを必要とする入力に接続される場合、Simulink ソフトウェアは行列をベクトルに変換します。

  • ブロックへの入力が、ベクトルと行列の混在で、行列入力がすべて 1 列あるいは1行の場合、Simulink ソフトウェアは、それぞれベクトルを 1 列あるいは1行の行列に変換します。

コマンド ライン情報

パラメーター: VectorMatrixConversionMsg
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'none'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策エラー

関連するトピック