Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

あいまいなカスタム ストレージ クラスの最終値を検出

説明

複数のエンドポイントをもつ Reusable カスタム ストレージ クラスがモデルに含まれている場合に取るべき診断アクションを選択します。エンドポイントは、他に下流のない、Reusable カスタム ストレージ クラスの 1 つの用法です。

エンドポイントが一意ではない Reusable カスタム ストレージ クラスがモデルに含まれている場合は、値があいまいであるため、ランタイム環境で変数の値を使用しないでください。たとえば、このモデルでは、エンドポイントが 2 つあるため、RCSC_1 の最終値があいまいです。Sum ブロックが残る信号線、または一番上の Bias ブロックが残る信号線から指定を削除する場合、Reusable カスタム ストレージ クラスのエンドポイントは 1 つです。

設定

既定の設定: 警告

なし

Simulink® ソフトウェアはいかなるアクションも実行しません。

警告

Simulink ソフトウェアが警告を表示します。

エラー

Simulink ソフトウェアはシミュレーションを終了し、エラー メッセージを表示します。

ヒント

ランタイム環境の Reusable カスタム ストレージ クラスの指定で信号の最終値を使用しなければならない場合、エラーにこのパラメーターを設定します。Reusable カスタム ストレージ クラスのエンドポイントが一意になるように、Reusable カスタム ストレージ クラスのうちの 1 つを削除します。

コマンド ライン情報

パラメーター: RCSCObservableMsg
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'none'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策エラー

関連するトピック