Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Model Verification ブロックを有効にする

説明

現在のモデルのモデル検証ブロックをグローバルまたはローカルに有効にします。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: ローカル設定を利用

ローカル設定を利用

各ブロックの [アサーションを有効にする] パラメーターの値に基づいて、ブロックを有効か無効にします。ブロックの [アサーションを有効にする] パラメーターがオンになっている場合、そのブロックは有効になります。そうでない場合、ブロックは無効になります。

すべて有効

モデル内のすべてのモデル検証ブロックを [アサーションを有効にする] パラメーターの設定にかかわらず有効にします。

すべて無効

モデル内のすべてのモデル検証ブロックを [アサーションを有効にする] パラメーターの設定にかかわらず無効にします。

依存関係

モデル検証ブロックが S-Function の内部にある場合、シミュレーションとコード生成では [Model Verification ブロックを有効にする] パラメーターが無視されます。

コマンド ライン情報

パラメーター: AssertControl
値: 'UseLocalSettings' | 'EnableAll' | 'DisableAll'
既定の設定: 'UseLocalSettings'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策

[EnableAll] (シミュレーション時または開発時)

[DisableAll] (量産コード生成時)

関連するトピック