Main Content

最大ステップ サイズ

説明

ソルバーが受け入れることのできる最大のタイム ステップを指定します。

カテゴリ: ソルバー

設定

既定の設定: auto

  • 離散ソルバーの場合、既定値 (auto) はモデルの最短サンプル時間になります。

  • 連続ソルバーの場合、既定値 (auto) は開始時間と終了時間に基づいて決定されます。終了時間が開始時間と等しいか inf の場合は、最大ステップ サイズとして 0.2 秒が Simulink® によって選択されます。それ以外の場合は、最大ステップ サイズが次のように設定されます。

    hmax=tstoptstart50

  • Sine ソース ブロックおよび Signal Generator ソース ブロックについては、Simulink は最大ステップ サイズを次のヒューリスティックな手法で計算します。

    hmax=min(tstoptstart50,(13)(1Freqmax))

    ここで、Freqmax は、モデル内のこれらのブロックの最大周波数 (Hz) です。

ヒント

  • 通常は、既定の設定の最大ステップ サイズで十分です。ソルバーによる重要な動作の取りこぼしが懸念される場合は、ソルバーのステップが大きくなりすぎないようにパラメーターの値を変更してください。

  • 最大ステップ サイズは可変ステップ ソルバーのステップ サイズを決定します。

  • シミュレーションの期間が非常に長い場合、既定の設定のステップ サイズでは大きすぎて、ソルバーが解を見つけられない可能性があります。

  • モデルに周期的な動作またはほぼ周期的な動作が含まれており、期間がわかっている場合は、その期間の何分の 1 か (1/4 など) に最大ステップ サイズを設定します。

  • 一般的に、出力点を増やすには、最大ステップ サイズではなくリファイン ファクターを変更します。

依存関係

このパラメーターは、ソルバーの [タイプ][可変ステップ] に設定されている場合にのみ有効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: MaxStep
型: 文字ベクトル
値: 任意の有効な値
既定の設定: 'auto'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

関連するトピック