最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コンテキスト依存の入力

説明

Function-Call Subsystem の呼び出しの実行中に、Simulink® が Function-Call Subsystem の入力を直接または間接的に計算しなければならないときに行う診断アクションを選択します。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: エラー

エラー

コンテキスト依存の入力のエラーを発行します。

警告

コンテキスト依存の入力の警告を発行します。

ヒント

  • このシミュレーションは、Function-Call Subsystem を実行すると、その入力が変更される可能性があるときに発生します。

  • Function-Call Subsystem の例は、Simulink "Subsystem Semantics" ライブラリの "Function-call systems" の例を参照してください。

  • この診断で発生したエラーまたは警告を修正するには、次の方法の "いずれか" を行ってください。

    • Function-Call Subsystem 内の Inport ブロックに対して、[Function-Call Subsystem 出力のフィードバック信号の入力をラッチする] パラメーターを有効にします。

    • Function-Call Feedback Latch ブロックをフィードバック信号上に配置します。

    これらの方法の使用例については、"sl_subsys_fcncallerr12" モデルを開き、[more info] ボタンを押してください。

コマンド ライン情報

パラメーター: FcnCallInpInsideContextMsg
値: 'Error' | 'Warning'
既定の設定: 'Error'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策エラー

関連するトピック