最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コンパイラ最適化レベル

説明

高速化、Stateflow® チャート、MATLAB Function ブロック、および MATLAB System ブロックのためにコード生成時にコンパイラによって使用される最適化の度合いを設定します。

カテゴリ: Simulation Target

設定

既定の設定: 最適化オフ (高速にビルド)

最適化オフ (高速にビルド)

コードを最適化しないことをコンパイラに指定します。その結果、ビルド時間は短縮されています。

最適化オン (高速に実行)

最適化されたコードを生成することをコンパイラに指定します。生成されたコードは実行が高速化されますが、最適化がオフになっている場合と比べてモデルのビルド時間が長くなります。

ヒント

  • 既定の設定の [最適化オフ] はほとんどのモデルに適しています。これにより、高速で使用できるコードがすばやく生成されるようになります。

  • コードを最適化するには、[最適化オン] を設定してください。アクセラレータを使用してモデルを繰り返し実行する場合は、高速実行のコードを最適化によって生成しておくと有益です。

コマンド ライン情報

パラメーター: SimCompilerOptimization
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

関連するトピック