Main Content

離散イベントおよびモード チャート

システム動作における離散的変化のモデル化

物理モデリングでは、一般的に連続する変数と方程式を扱います。ただし、場合によっては、システムの動作における特定の変化を離散的に扱うことにより、システムの数学モデルを簡略化して、シミュレーションのパフォーマンスを向上させることができます。始めるには、Discrete Event Modelingを参照してください。

モード チャートは、異なる動作モードの離散集合により特徴付けられるコンポーネントをモデル化する直観的な方法を提供します。複数の動作モードと遷移をもつコンポーネントをモデル化するときには常に、このコンポーネントはモード チャートを実装するための最適な候補となります。始めるには、Mode Chart Modelingを参照してください。

言語構文

すべて展開する

eventsModel discrete events
edgeTrigger event
initialeventInitialize event variables
modechartsDeclare mode charts that include operating modes and transitions
modesDeclare operating modes in mode chart
transitionsDefine transitions between modes in mode chart
initialSpecify initial mode in mode chart
entrySpecify actions to be performed upon entering a mode

トピック

離散変数および離散イベント

  • Discrete Event Modeling
    Simplify mathematical model of the system by assuming that certain variables can change values instantaneously and discontinuously at specific points in time.
  • Triggered Delay Component
    This example shows how to implement a triggered delay component.
  • Enabled Component
    This example shows how to implement a component similar to a Simulink® enabled subsystem.

モード チャート