Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

チェビシェフ ウィンドウ

チェビシェフ ウィンドウでは、特定のサイドローブの高さを与えて、メインローブの幅を最小にします。これには等リップルという特性があります。そのサイドローブはすべて同じ高さをもちます。

サイドローブが 40 dB 減衰する 50 点チェビシェフ ウィンドウを生成して表示します。

w = chebwin(50,40);
wvtool(w)

時間領域のプロットに示されているように、チェビシェフ ウィンドウは両端のサンプルに大きいスパイクをもちます。

参考

アプリ

関数