Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

preview

プレビューを目的としたデータストアの最初の信号観測値の読み取り

説明

data = preview(sds) は、ファイル データの場合は、信号データストアの最初のファイルを常に読み取り、インメモリ データの場合は、最初のメンバーを常に読み取ります。preview への呼び出しは、信号データストア オブジェクトの状態に影響しません。

すべて折りたたむ

MATLAB® に含まれる 4 つの信号へのパスを指定します。指定したフォルダーを示す信号データストアを作成し、関数 extractAfter を使用して、プレビューしたファイルの名前を表示します。

folder = fullfile(matlabroot,'toolbox','matlab','audiovideo');
sds = signalDatastore(folder);
c = extractAfter(sds.Files{1},'audiovideo\')
c = 
'chirp.mat'

sds. の最初のファイルのプレビュー済みデータをプロットします。

data = preview(sds);
plot(data)
xlabel('Samples')
ylabel('Signal')

入力引数

すべて折りたたむ

信号データストア。signalDatastore オブジェクトとして指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

sds の最初の観測値。信号データとして返されます。

R2020a で導入