Main Content

GPU コードの生成

説明

CUDA® コード生成に GPU Coder™ を使用します。

カテゴリ: コード生成

設定

既定の設定: オフ

オン

GPU Coder を使用してコード生成を有効にします。

オフ

GPU Coder を使用してコード生成を無効にします。

依存関係

  • このパラメーターには GPU Coder のライセンスが必要です。

  • このパラメーターを有効にするには、[言語] に対して [C++][システム ターゲット ファイル] に対して [grt.tlc] または [ert.tlc] を選択します。

  • [GPU コードの生成] を有効にすると、[ハードウェア実行] ペインの [long long のサポート] パラメーターおよび [long long のサポート] パラメーターが選択されます。

  • GRT ベースのシステム ターゲット ファイルの場合、[GPU コードの生成] を有効にすると [コード生成][最適化] ペイン上で以下のパラメーターが変更されます。

  • ERT ベースのシステム ターゲット ファイルの場合、[GPU コードの生成] を有効にすると [コード生成][最適化] ペイン上で以下のパラメーターが変更されます。

    • [並列 for ループの生成] (Embedded Coder) が無効になる。

    • [互換性のない最適化を無効にする] に対して [<空>] が選択される。

  • ERT ベースのシステム ターゲット ファイルの場合、[GPU コードの生成] を有効にすると [コード生成][インターフェイス] ペイン上で [終了関数の生成] (Embedded Coder) パラメーターが選択されます。

コマンド ライン情報

パラメーター: GenerateGPUCode
型: 文字ベクトル
値: 'CUDA' | 'none'
既定の設定: 'CUDA'

関連するトピック