Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

slwebview

Web ビューへの Simulink モデルのエクスポート

説明

slwebview はレポート エクスプローラーの [Web ビュー] ダイアログ ボックスを開きます。

filename = slwebview(system_name) は、サブシステム system_name およびその子システムをファイル filename にエクスポートします。

filename = slwebview(folder) はフォルダー内のすべてのモデルをエクスポートします。サブフォルダー内のモデルを含めるには、RecurseFolderを参照してください。

filename = slwebview(system_name,Name,Value) は、1 つ以上の名前と値のペアで指定される追加のオプションを提供します。

すべて折りたたむ

slrgex_fuelsys モデルを開きます。

open_system("slrgex_fuelsys")

Engine Gas Dynamics サブシステムと、それを含むシステムを Web ビューにエクスポートします。このサブシステムに含まれるサブシステムはエクスポートしません。

fuelsys_web_view1 = slwebview(...
"slrgex_fuelsys/Engine Gas Dynamics","SearchScope","CurrentAndAbove")

Engine_Gas_Dynamics フォルダーに移動して、Web ブラウザーで webview.html を開きます。Web ビューの表示とナビゲーションを参照してください。Web ビューは以下のようになります。

slrgex_fuelsys モデルを開きます。

open_system("slrgex_fuelsys")

モデルを Web ビューにエクスポートし、それが参照するモデルへのアクセスを許可します。

fuelsys_web_view2 = slwebview(...
"slrgex_fuelsys","FollowModelReference","on")

slrgex_fuelsys フォルダーに移動して、Web ブラウザーで webview.html を開きます。Web ビューの表示とナビゲーションを参照してください。Web ビューは以下のようになります。

fuel_rate_control ブロックをクリックしてプロパティを確認します。fuel_rate_control ブロックをダブルクリックして参照モデルを表示します。

入力引数

すべて折りたたむ

指定されたシステムまたはサブシステムとその子システムを、Web ビュー ファイルにエクスポートします。既定では、system_name システムの子システムもエクスポートされます。他のシステムをエクスポートするには、system_name を基準とする名前と値のペア SearchScope を使用します。

Web ビュー ファイルにエクスポートする 1 つ以上のモデルを格納するファイル フォルダーへのパス。string として指定します。フォルダー内のモデルはすべてエクスポートされます。

名前と値の引数

例: htmlFileName = slwebview(gcs,'LookUnderMasks','all',... 'FollowLinks','on') ライブラリ リンクやマスクを操作する機能も含め、現在のシステムが属するモデルの階層構造のすべてのレイヤーを Web ビューにエクスポートします。

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペア引数を任意の順番で指定できます。

'CurrentAndBelow' は、system_name で指定された Simulink® システムまたは Stateflow® チャート、およびそれに含まれるすべてのシステムまたはチャートをエクスポートします。

'Current' は、system_name で指定された Simulink システムまたは Stateflow チャートのみをエクスポートします。

'CurrentAndAbove' は、system_name で指定された Simulink システムまたは Stateflow チャート、およびそれを含むすべてのシステムまたはチャートをエクスポートします。

'All' は、system_name で指定されたシステムまたはチャートを含んでいるモデル内にある、すべての Simulink システムまたは Stateflow チャートをエクスポートします。

データ型: char

'none' は、マスクされたブロックを Web ビューにエクスポートしません。マスクされたブロックはエクスポートしたシステムに含まれていますが、マスクされたブロックのコンテンツにアクセスすることはできません。

'all' は、マスクされたブロックをすべてエクスポートします。

データ型: char

'off' を指定すると、Web ビューで参照モデルにアクセスすることはできません。

'on' を指定すると、Web ビューで参照モデルにアクセスすることができます。

データ型: char

サブフォルダー内のモデルを Web ビュー ファイルにエクスポートするかどうか。logical として指定します。false の場合、Web ビューには最上位フォルダー内のモデルのみが含まれ、サブフォルダー内のモデルは含まれません。true の場合、サブフォルダー内のモデルも含まれます。このプロパティは、folder を入力引数として指定した場合にのみ適用されます。

Web ビューの出力パッケージの名前。文字ベクトルとして指定します。Web ビューの出力は、.zip ファイル、解凍された Web ビュー ファイルのフォルダー、またはそれら両方の出力タイプです。

データ型: char

パッケージ化された Web ビューを配置するパス。文字ベクトルとして指定します。パッケージ化された Web ビューをモデルと同じフォルダーに保存するには、$modelPackageFolder として使用します。

データ型: char

Web ビューの出力パッケージのタイプ。zip ファイル、解凍されたファイルのフォルダー、または zip ファイルと解凍されたファイルのフォルダーの両方として指定します。

データ型: char

含めるオプションのビュー。以下の値のいずれかまたは両方を含む cell 配列として指定します。

  • 'requirements'

  • 'coverage'

モデル要件とカバレッジ データを Web ビューに含めるを参照してください。

true を指定すると、Web ビューのエクスポート時に Web ブラウザーで Web ビューが表示されます。

false を指定すると、Web ビューのエクスポート時に Web ブラウザーで Web ビューは表示されません。

データ型: logical

true を指定すると、Web ビューのエクスポート時にステータス バーが表示されます。

false を指定すると、Web ビューのエクスポート時にステータス バーは表示されません。

データ型: logical

出力引数

すべて折りたたむ

Web ビューを表示するための HTML ファイルの名前をレポートします。Web ビューをエクスポートすると、フォルダーにサポート ファイルが作成されます。

ヒント

Web ビューとはモデルの対話型表現の 1 つで Web ブラウザーで表示できます。Web ビューを階層に従ってナビゲートし、特定のサブシステムを調べてブロックや信号のプロパティを確認することができます。

Web ビューを使用して、Simulink をインストールしていないユーザーとモデルを共有することが可能です。

Web ビューには、Scalable Vector Graphics (SVG) をサポートする Web ブラウザーが必要です。

バージョン履歴

R2006a で導入